エクセルの基本画面、大図解 !

Excel の各種機能を学習する前に、まず画面の基本的な構成を覚えましょう。


このページは以下の内容から構成されています。

  1. 画面の構成を覚えよう

  2. 画面の背景を変更してみよう


画面の構成を覚えよう

Excel を起動すると、まず、テンプレート (レイアウト、書式、数式などがあらかじめ整えられたファイル) が並んだ "オフィス スタート画面" が表示されます。

スタート画面

テンプレートの利用の仕方については、「オフィス スタートでテンプレートを探そう」を参照してください。

Excel のテンプレートやファイルを開くと、編集画面が表示されます。この画面が、どのような要素で構成されているかを覚えましょう (以下の例は、"空白のブック" を開いたときの画面です)。

Excel ウィンドウの要素


1

タイトル バー : 編集中のワークシートのファイル名と、使用中のソフト名が表示されます。

2

[ファイル] メニュー :[新規]、[開く]、[名前を付けて保存]、[印刷]、および [閉じる] などの、基本的な機能を使用する場合に使用します。

3

クイック アクセス ツール バー : [保存]、[元に戻す] など、頻繁に使うコマンドが表示されます。また、お気に入りのコマンドを追加することもできます。

4

リボン : 作業に必要なコマンドが表示されます。他のソフトウェアの "メニュー" や "ツール バー" と同じです。

5

編集ウィンドウ : 編集中のワークシートが表示されます。ワークシートは、行と列で構成されています。ワークシート内の四角は "セル" と呼ばれます。

6

表示ボタン : 編集中のワークシートの表示モードを必要に応じて変更できます。

7

スクロール バー : 編集中のワークシート内の表示位置を変更できます。

8

ズーム スライダー : 編集中のワークシートのズーム設定を変更できます。

9

ステータス バー : 編集中のワークシートに関する情報が表示されます。


ヒント "リボン" とは

"リボン" とは、Office ソフトウェアの画面上部にある、横に広がったリボンのような領域のことです。作業に必要なコマンドが、[ホーム] や [挿入] のようなタブにまとめて配置されています。タブをクリックすると、表示されるコマンドを切り替えることができます。

ページの先頭へ

画面の背景を変更してみよう

Office 2013 では、画面右上の画像や、画面全体の色調を変更することができます。

たとえば、背景の画像を [回路] から [水中] へ、背景のテーマを [白] から [濃い灰色] へ変更すると、以下のように画面が変わります。

背景の画像とテーマを変更

変更は、以下の手順で行います。

  1. 画面左上の [ファイル] メニューをクリックします。

    [ファイル] メニューをクリック
  2. 表示される画面で、[アカウント] をクリックします。

    [アカウント] をクリック

    [アカウント] 画面が表示されます。

  3. [Office の背景] で、背景の画像を選択します。

    [Office の背景] で、背景の画像を選択する

    選択結果は、すぐに画面右上の表示に反映されます。

  4. [Officeテーマ] で、画面全体の色調を選択します。

    [Officeテーマ] で、画面全体の色調を選択する

    画面左端のメニューの背景色や、画面右上の画像の濃度が変更されます。

  5. 編集画面に戻るときは、画面左上の 戻る をクリックします。

    アカウント画面

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×