エクスポート テーブルの詳細

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データのエクスポート先となるデータベース テーブルの名前、およびキー フィールドのデータの種類を示します。

[データベース]

前のページで選択した Open Database Connectivity (ODBC) データ ソースを表示します。

テーブル名

データベースにテーブルが格納されている場合、それらのテーブル名が下のテキスト ボックスに表示されます。図形データを既存のテーブルにエクスポートするには、下のテキスト ボックスでテーブル名を選択します。選択したテーブル名が上のテキスト ボックスに表示されます。新しいテーブルを作成し、そのテーブルに図形データをエクスポートするには、上のテキスト ボックスに新しいテーブルの名前を入力します。

キーのフィールド

ウィザードを使用すると、データベース テーブルに、[ShapeKey] というキー フィールドが作成されます。キー フィールドは、各図形を一意に識別するフィールドです。キー フィールドには新しい名前を入力できます。

キーの種類

キー フィールドの値を指定します。

  • [ShapeID] は、ページ上での作成順序に従って、各図形に自動的に割り当てられる番号です。

    同じ図面ページ内の 2 つの図形に、同じ ShapeID が割り当てられることはありません。

  • [GUID] は、図形のデータをエクスポートするときに各図形に割り当てられる、128 ビットの一意な NULL 終端文字列です。同じ図面内の複数の図形に、同じ GUID が割り当てられることはありません。

キーのフィールドをテーブルの主キーにします。

キー フィールドを主キー フィールドとして設定すると、データベース プログラムからフィールドへのアクセスが高速になります。ただし、ODBC データ ソースによっては、フィールドを主キー フィールドとして設定できない場合もあります。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×