エクスポート ウィザード

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

エクスポート ウィザードまたはインポート​​ ウィザードを使ってエクスポート/インポート マップを作成し、他のプログラムで認識される形式で Microsoft Office Project 2007 の情報、または他のプログラムで作成された重要な情報を Project 2007 に保存します。定義済みまたはカスタム エクスポート/インポート マップを使って、これらのウィザードで適切な転送先フィールドにエクスポートまたはインポートされたデータを配置するためのわかりやすい手順が示されます。

注: ウィザードの上部に表示される名前は、プロジェクト情報をエクスポートするかインポートするかによって、[エクスポート ウィザード] または [インポート​​ ウィザード] になります。

エクスポート ウィザードとインポート ウィザードを使って、プロジェクト情報を次の形式にエクスポートまたはインポートすることができます。

  • Microsoft Office Excel ブック (.xls)

  • Excel ピボット テーブル (.xls)

  • タブ区切りテキスト (.txt)

  • カンマ区切り (.csv)

  • 拡張マークアップ言語 (.xml)

ダイアログ ボックスの表示方法

[エクスポート ウィザード]    情報をエクスポートするプロジェクトを開き、アクティブにします。[ファイル] メニューの [名前を付けて保存] をクリックします。[ファイルの種類] ボックスで、必要なファイル形式をクリックします。[保存] をクリックすると、エクスポート​​ ウィザードの導入ページが表示されます。

[インポート ウィザード]    サポートされているファイル形式のいずれかを使用するファイルを開きます。インポート ウィザードは自動的に開きます。

注: 選択したファイル形式に応じて ウィザード ページが表示され、ウィザードを使用してさまざまな選択ができます。

詳細

[データ] ページ

注: [データ] ページはエクスポート ウィザードでのみ表示されます。

[Project Excel テンプレート] または [選択したデータ]    Excel ブックにエクスポートする場合は、[Project Excel テンプレート] または [選択したデータ] (既定値) をクリックします。[Project Excel テンプレート] を選択する場合は、マッピングを追加する必要はありません。Project 2007 から Excel に情報をエクスポートするために設計されている組み込みテンプレートを使用して、情報は自動的にマップされます。

[マップ] ページ

[新しいマップ]    このファイル形式の新しいエクスポート マップを最初から作成する場合は、[新しいマップ] をオンにします。既定では、この設定が適用されます。

[既存のマップを使用する]    これまでに作成して保存したマップを使用する場合、または Project 2007 で提供されているマップを使用する場合は、[既存のマップを使用する] を選びます。

[インポート モード] ページ

注: このページはインポート ウィザードでのみ表示されます。

[新しいプロジェクトとして]     新しいプロジェクトの .mpp ファイルにデータをインポートするように指定します。

[作業中のプロジェクトにデータを追加する]     作業中のプロジェクトの末尾にデータを追加するように指定します。

[作業中のプロジェクトにデータを結合する]     主キーを使って作業中のプロジェクトにフィールド内のデータを結合するように指定します。[タスク マップ]、[リソース マップ]、または [割り当てマップ] のいずれかのページにある [主キー設定] ボタンを使って、結合に使用する主キーを指定します。

[マップの選択] ページ

前ページの [マップ] で [既存のページを使用する] を選んだ場合、このページが表示されます。

  1. 使用するマップを選択します。このリストには、Project 2007 によって提供されるエクスポート/インポート マップと、これまでに作成して保存したすべてのマップが含まれます。

  2. [次へ] をクリックしてマップを変更します。[完了] をクリックすると、現在のマップに従ってすぐにプロジェクト データがエクスポートされます。

[マップ オプション] ページ

[エクスポート/インポートするデータの種類の選択] セクション

[タスク]    選択したタスクにプロジェクトのすべてのファイル形式情報をエクスポートまたはインポートするように指定します (これには、タイムスケール領域のタスク情報は含まれません)。

[リソース]    選択したファイル形式にプロジェクトのすべてのリソース情報をエクスポートまたはインポートするように指定します (これには、タイムスケール領域のリソース情報は含まれません)。

[割り当て]    選択したファイル形式にプロジェクトのすべての割り当て情報をエクスポートまたはインポートするように指定します (これには、タイムスケール領域の割り当て情報は含まれません)。

[Microsoft Office Excel オプション] セクション

このセクションは、Excel ブックからエクスポートまたはインポートする場合に表示されます。

[ヘッダーを含めてエクスポートする]    プロジェクト情報を含む新しい Excel ファイルに、シート列ヘッダーのヘッダー行 ([タスク名]、[期間]、[開始日] など) を含めるように指定します。既定では、このチェック ボックスはオンになっています。

[出力に割り当て行を含む]    [割り当て] チェック ボックスがオフの場合でも、割り当て行がタスクやリソースと共に含まれるように指定します。

[テキスト ファイルのオプション] セクション

このセクションは、テキスト ファイル (タブ区切りまたはカンマ区切り) にエクスポートするときに表示されます。

[ヘッダーを含めてエクスポートする]    プロジェクト情報を含む新しいテキスト ファイルに、シート列ヘッダーのヘッダー行 ([タスク名]、[期間]、[開始日] など) を含めるように指定します。既定では、このチェック ボックスはオンになっています。

[出力に割り当て行を含む]    [割り当て] チェック ボックスがオフの場合でも、割り当て行がタスクやリソースと共に含まれるように指定します。

[区切り文字]    異なる列の情報を、タブ、空白、コンマのどの文字で区切るかを指定します。

[ファイルの文字セット]    テキスト ファイルの文字セットを指定します。たとえば、Windows (ANSI) は、ANSI 標準による Windows テキスト ファイルを表します。

[タスク/リソース/割り当てマップ] ページ

[タスク/リソース/割り当てデータのマップ] セクション

[エクスポート先名]    エクスポートが完了したときの結果ファイルの名前を指定します。このボックスはエクスポート ウィザードでのみ表示されます。

[エクスポートするフィルター名]    エクスポートする情報に適用されるフィルターを指定します。既定では、[すべてのタスク] または [すべてのリソース] が選択されています。適用したいその他のフィルターをクリックすると、エクスポートまたはインポートする情報の対象範囲がより狭まります。割り当てのみをエクスポートまたはインポートする場合、フィルターは使用できません。このリストはエクスポート ウィザードでのみ表示されます。

[ソース テーブル名]     データのインポート先のテーブルの名前を指定します。このボックスはインポート ウィザードでのみ表示されます。

[データのマップ方法の確認と編集] セクション (データ マップ テーブル)

[マップ元:]    エクスポートまたはインポートするフィールド名が表示されます。空白セルをクリックして、フィールド名を入力するか、リストからフィールド名を選びます。エクスポートまたはインポート対象としてタスクを選んだ場合は、タスク フィールドがリストされます。エクスポートまたはインポート対象としてリソースを選んだ場合は、リソース フィールドがリストされます。エクスポートまたはインポート対象として割り当てを選んだ場合は、割り当てフィールドがリストされます。

[宛先:]    この情報の列見出しとなるフィールド名を指定します。既定の名前は、フィールドを入力するとすぐに入力されますが、必要に応じてその名前を変更することができます。このフィールドは、[マップ オプション] ウィザード ページで [ヘッダー行をエクスポートする] または [ヘッダーを含めてエクスポートする] チェック ボックスをオンにした場合にのみ使用できます。

[データの種類]    エクスポートまたはインポートされた形式でデータをどのように解釈するかを指定します。テキスト、日付、数、通貨などを指定できます。

コマンド ボタン

[1 つ上のレベルへ移動]    選択したフィールドの位置を上に移動し、エクスポートまたはインポートされたテーブルで先に表示されるようにします。

[1 つ下のレベルへ移動]    選択したフィールドの位置を下に移動し、エクスポートまたはインポートされたテーブルで後で表示されるようにします。

[すべて追加]    選択した種類 (タスク、リソース、割り当て) の使用可能なプロジェクト フィールドをすべてエクスポート/インポート マップに挿入します。

[すべてクリア]    エクスポート/インポート マップ テーブルに入力されたフィールドをすべて削除し、最初から作業を開始できるようにします。

[行の挿入]    選択した行の上に新しい行を追加します。このボタンは、すべてのフィールドではなく、選択したフィールドを追加する場合にのみ使用できます。

[行の削除]    エクスポート/インポート マップ テーブルから選択した行を削除します。

[基本テーブル]    [フィールド マップ用基本テーブルの選択] ダイアログ ボックスを開きます。特定の Project 2007 テーブルにあるフィールドをエクスポートする場合は、このダイアログ ボックスを使用します。

[主キー設定]    [宛先:] 列でフィールドを選んだ後で、[主キー設定] ボタンをクリックしてデータを結合するフィールドを示します。このボタンは、インポート ウィザードの [インポート モード] ページで [作業中のプロジェクトにデータを結合する] オプションを選んだ場合にのみ表示されます。

[プレビュー] セクション

[MS Project]    エクスポートまたはインポート対象の Project 2007 フィールドの名前が表示されます。

[宛先]    エクスポートまたはインポートの結果ファイルの対応するフィールド名が表示されます。これは、[マップ オプション] ウィザード ページで [ヘッダー行をエクスポートまたはインポートする] または [ヘッダーを含めてエクスポートまたはインポートする] チェック ボックスをオンにした場合にのみ表示されます。

[プレビュー]    エクスポートまたはインポートされたファイルに表示される実際のデータのサンプルが表示されます。

[マップの定義の最後] ページ

[マップの保存]    [マップの保存] ダイアログ ボックスを開きます。このダイアログ ボックスを使用して、現在のプロジェクトまたは他のプロジェクトで後で使用するためにマップを保存することができます。[構成内容​​変更] を使用すれば、このマップをグローバル プロジェクト テンプレートまたは別のプロジェクト ファイルにコピーすることができます。

[完了]    エクスポートまたはインポート プロセスを完了します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×