ウイルス対策設定を構成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ウイルス対策を有効にできるのは、互換性のあるウイルス検出プログラムをインストールした後です。サーバー ファームでは、サーバー ファームにあるすべての Web フロントエンド サーバーにウイルス対策ソフトウェアをインストールする必要があります。

  1. [サーバー構成の管理] ページの [セキュリティの構成] セクションで [ウイルス対策] をクリックします。

  2. [ウイルス対策] ページの [ウイルス対策の設定] セクションで、必要に応じて以下の項目を選択します。

    • [アップロード時にドキュメントをスキャンする]

    • [ダウンロード時にドキュメントをスキャンする]

    • [感染したドキュメントのダウンロードを許可する]

    • [感染したドキュメントを正常な状態に戻す]

  3. [ウイルス検索処理のタイムアウト] セクションの [タイムアウトまでの時間 (秒)] ボックスに、ウイルス対策プログラムがタイムアウトするまで待機する長さを入力します。

  4. [ウイルス検索処理のスレッド数] セクションの [スレッド数] ボックスに、ウイルス対策プログラムで使用するスレッドの数を入力します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×