ウイルスを含むマクロをチェックする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

マクロ ウイルスはコンピュータ ウイルスの一種で、Visio ドキュメント (図面、ステンシル、テンプレートなど)、ActiveX コントロール、COM アドイン、Visio がロードする Visio アドオン内のマクロに含まれている可能性があります。

  • 必要なマクロが、ActiveX コントロール、COM アドイン、あるいは Visio アドオンのドキュメントに含まれている場合は、マクロを有効にしてファイルを開きます (マクロ ウイルスの警告メッセージで [マクロを有効にする] をクリックします)。ソースの送信元が不明または確認できない場合、あるいは特定のドキュメントにマクロが含まれていなくても問題がない場合は、マクロ ウイルスの感染を防ぐため、マクロを無効にしてファイルを開きます (マクロ ウイルスの警告メッセージで [マクロを無効にする] をクリックします)。

注: マクロを無効にしてファイルを開くと、ファイルに必要な機能が制限されることがあります。

  • Visio では、ディスク、ディスク ドライブ、またはネットワーク ドライブを検査してマクロ ウイルスを検出し、それを削除することはできません。コンピュータをマクロ ウイルスから保護するには、専用のウイルス チェック ソフトウェアを購入し、インストールする必要があります。ただし Visio では、マクロ ウイルスが含まれている可能性のある ActiveX コントロール、COM アドイン あるいは Visio アドオン ドキュメントを開こうとすると警告メッセージが表示されます。その場合、マクロを有効にしてファイルを開くか、マクロを無効にしてファイルを開くかを選択できます。

    注記: 

    • ActiveX コントロール、COM アドイン、あるいは Visio アドオン のドキュメント内のマクロ ウイルスをチェックしない場合は、マクロ ウイルス保護のセキュリティ レベルを [低] に設定します (ただしこれは推奨設定ではありません)。

    • ユーザーのセキュリティ ポリシーより低レベルのセキュリティは設定できません。たとえばシステム管理者がセキュリティ レベルを [高] に設定している場合、このダイアログ ボックスで [中] を選択しても、実際のセキュリティ レベルは [中] には変更されません。

    • 変更したセキュリティ レベルを有効にするには、Visio を再起動する必要があります。

    • マクロにはウイルスが含まれている可能性があるため、注意して実行してください。予防策として、最新のアンチウイルス ソフトウェアの実行、デジタル署名の使用、信頼できるマクロ送信元の一覧の設定などを行ってください。

    • マクロ ウイルスの詳細については、Microsoft の Web サイトからウイルス保護情報をダウンロードしてください。既存のドキュメントをチェックしてマクロ ウイルスを削除するウイルス チェック ソフトウェアの購入方法についても記載されています。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×