ウイルスが含まれている可能性があるマクロを確認する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

マクロウイルスは、visio 文書内のマクロ (図面、ステンシル、テンプレートなど) に保存されている可能性があるコンピューターウイルスの一種であるか、visio によって読み込まれる ActiveX コントロール、COM アドイン、または visio アドオン内のいずれかです。

  • ドキュメント、ActiveX コントロール、COM アドイン、または Visio アドオンに便利なマクロが含まれていることが予想される場合は、マクロを有効にしてファイルを開きます (マクロウイルスの警告メッセージで [マクロを有効にする] をクリックします)。マクロが公開されているソースを知らない、または信頼していない場合、または特定の文書にマクロが含まれていない場合は、マクロを使わないでファイルを開きます (マクロの [マクロを無効にする] をクリックします)。ウイルス警告メッセージ)。

注: マクロを無効にしてファイルを開くと、ファイルの予想される機能を制限することがあります。

  • Visio では、ディスク、ディスクドライブ、またはネットワークドライブをスキャンして、マクロウイルスを見つけて削除することはできません。このような保護を使用する場合は、専用のウイルス対策ソフトウェアを購入してインストールする必要があります。ただし、visio では、ドキュメント、ActiveX コントロール、COM アドイン、またはウイルスを含む可能性のあるマクロを含む visio アドオンを開くたびに、警告メッセージが表示されます。その後、マクロを使用しているかどうかに関係なく、ファイルを開くことができます。

    注: 

    • 必要に応じて、マクロウイルスを保護するためのセキュリティレベルを [] に設定することで、ドキュメント、ActiveX コントロール、COM アドイン、または Visio アドオンのチェックを停止できます (ただし、この設定はお勧めしません)。

    • セキュリティポリシーを許可するよりも低いセキュリティレベルを設定することはできません。たとえば、システム管理者がセキュリティレベルを [] に設定している場合は、このダイアログボックスで [メディア] を選んでいるにもかかわらず、セキュリティレベルをmediumに変更することはできません。

    • セキュリティレベルを変更する場合は、変更を反映するために Visio を再起動する必要があります。

    • マクロにはウイルスが含まれる可能性があるため、実行には注意してください。注意事項の中には、コンピューター上で最新のウイルス対策ソフトウェアを実行し、デジタル署名を使用して、信頼できるマクロの発行元のリストを保持していることを確認してください。

    • 既存のドキュメントをスキャンしてマクロウイルスを削除するウイルス対策ソフトウェアを購入する方法など、マクロウイルスの詳細については、Microsoft Web サイトからウイルス対策情報をダウンロードできます。

関連項目

Office ファイルのマクロを有効または無効

Visio でマクロを記録

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×