ウイルスから保護するための最善策

生活のデジタル化が進むにつれて、ウイルススパイウェアなどの悪意のあるソフトウェアからコンピューターを保護することがかつてないほど重要になっています。この記事では、リスクを減らすために利用できるいくつかのベスト プラクティスをご紹介します。

セキュリティに対する完全な答えになるような単一の製品はありません。安全を維持するには、効果的な実践方法、最新の状態の維持、および有効なバックアップが必要です。

最新の状態を維持する

"マルウェア" とも呼ばれる、悪意のあるソフトウェアは、Microsoft や他のメーカーなどのソフトウェア ベンダーがすでにパッチを適用している脆弱性を利用することがよくあります。それらのパッチに関してコンピューターを最新の状態に維持するごとが重要です。幸いなことに Microsoft では、Windows Update でそれを簡単に実行できるようにしています。

Microsoft 以外のソフトウェアも最新の状態に維持することが重要です。Adobe、Sun、Apple アドオンのその他のベンダーは、自社の Web サイトを通じてそれらのソフトウェアの更新プログラムを定期的に発行しています。

信頼できるサイトからのみファイルをダウンロードする

インターネットからファイルをダウンロードするときは、ダウンロード元を確認してください。ファイルのダウンロードは、既知の信頼できる企業だけから行うようにしてください。疑わしい場合は、ファイルをダウンロードしないでください。予防策として、USB フラッシュ ドライブなど、ハード ディスクとは別のディスクにファイルをダウンロードし、ウイルス対策ソフトウェアでファイルをスキャンすることもできます。

電子メールの疑わしい添付ファイルやハイパーリンクに警戒する

ウイルスやスパイウェアは、電子メールや、いわゆる "なりすまし" メッセージ (信頼できる送信元からの送信されたように見えて実際は違う電子メール) 介して送信されることがよくあります。予期しない添付ファイルやリンクを受け取った場合は、信頼できる送信元から送信されたように見えても、十分ご注意ください。その添付ファイルやリンクをその人物が送信する可能性が高いでしょうか。そのメッセージは、その人物が書いたものとしてふさわしいでしょうか。何だかの疑いがある場合は、クリックする前に明らかな送信元に連絡し、その添付ファイルやリンクを実際に送信する必要があったかどうかを確認してください。

ウイルス対策ソフトウェアを使用する

システムを保護するために役立ち、PC と Mac の両方で使用できる多くの効果的なソフトウェア パッケージがあります。無料のソフトウェアや有料で購読する必要があるソフトウェアがあります。Windows 8 以降には、Microsoft Defender が組み込まれています。Windows 7 を実行している場合は、無料でダウンロードして使用できる Microsoft Security Essentials を検討することができます。

データの有効なバックアップを維持し、それらを定期的にテストする

 ウイルスによってハードディスク上のファイルが消されたり壊されたりした場合にデータを回復する唯一の方法は最新のバックアップです。システム全体を定期的にバックアップします。最低でも、ドキュメント、写真、財務情報、お気に入りのリンク、アドレス帳、重要な電子メール メッセージなどのなくすと困るファイルをバックアップします。重要なファイルの場合は、少なくとも 2 つのコピーを常に確保することをお勧めします。ベスト プラクティスとして、少なくとも 1 つのコピーを異なる場所に置き、コンピューターを破壊する可能性のある洪水や火災によって重要なデータのバックアップが壊されないようにします。

以下の項目も参照してください。PC をバックアップおよび復元する

関連項目

ここに回答がなかったウイルスやマルウェアについての質問がある場合

ウイルスとマルウェアについて回答するコミュニティを参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×