インポートされたデータを更新する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office Visio 2007、データのリンクの機能を使用して、Visio の図面にインポートするデータを更新してデータの競合を解決することができます。行を追加または図を作成した後に、データ ソースの削除されたデータの競合の原因が通常です。定期的に発生するデータの更新をスケジュールすることもできます。

注: Visio の図に変更を加えて、Visio の図面がリンクされているデータ ソースを更新することはできません。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

図面内のデータを更新します。

Visio 図面内のデータを自動的に更新を設定します。

新旧のデータの間の競合を解決します。

図面のデータを更新する

  1. 更新するデータが含まれる図面を開きます。

  2. [データ] メニューの [最新のデータに更新] をクリックします。

    次の場合は、[最新のデータに更新] は利用できません (淡色表示されます)。

    • データのインポート時にデータ リンク機能を使用していない。

    • ピボットダイアグラムで作業をしている。ピボットダイアグラムのデータを更新するには、[ピボットダイアグラム] メニューの [データの更新] をクリックします。

  3. [最新のデータに更新] ダイアログ ボックスで、次のいずれかの作業を行います。

    • 更新するデータ ソースが 1 つである場合は、[データ ソース] の一覧で目的のデータ ソースを選択し、[リフレッシュ] をクリックします。

    • 複数のデータ ソースを更新するには、Ctrl キーを押しながら [データ ソース>] の一覧で目的のデータ ソースを選択し、[リフレッシュ] をクリックします。

    • すべてのデータ ソースを更新する場合は、[すべてリフレッシュ] をクリックします。

      ヒント: データ ソースを更新する順序を指定する場合は、[データ ソース] と表示されている列見出しをクリックします。

ページの先頭へ

自動的にデータが更新されるように Visio を設定する

  1. 更新するデータが含まれる図面を開きます。

  2. [データ] メニューの [最新のデータに更新] をクリックします。

  3. [最新のデータに更新] ダイアログ ボックスで、1 つ以上のデータ ソースを選択します。

  4. [ファイルを開くときにこのダイアログ ボックスを表示する] チェック ボックスをオンにします。

  5. [構成] をクリックします。

  6. [データ更新の構成] ダイアログ ボックスで、[自動更新] の [更新間隔] チェック ボックスをオンにし、矢印をクリックして更新間隔を選択します。

重要: 更新が適切に行われるようにするには、適切な一意の識別子を選択してください。

正しい一意の識別子を選択する方法は?

データ ソースのデータが変更された場合に図面を更新するには、各テーブルの一意の識別子を選択する必要があります。一意の識別子 (キー カラム) は、変更されないカラムである必要があります。このキーにより、更新対象データに含まれる各行が、更新元となるデータ ソース内のデータと正確に対応付けられるようにします。

Microsoft Office Excel の次の例ではワークシート、一意の識別子またはキーは、従業員 ID 列です。

従業員に関するデータが含まれる Excel の表

ページの先頭へ

古いデータと新しいデータの競合を解決する

図面内の古いデータとデータ ソースから新しいデータの競合を解決する必要があります。たとえば、データから行を削除したり、データ ソース内の別の行と同じ一意の識別子に新しい行を作成する場合の競合が発生します。どちらの場合も、データの更新] コマンドは、更新されたデータ ソース内の行には、各図形に一致できますされなくなったため、図形のすべてのデータを更新できません。このような競合が発生した場合は、[更新の競合] ウィンドウが表示されます。ウィンドウには、競合を解決できるようにするオプションが表示されます。

データ行の削除による競合を解決する

データ ソースの行を削除した後に、図を更新する場合、か、できますにリンクされている図形を削除するのには、データに合わせて、図が解決しないように- か、データ ソースにその図形にリンクされている行があるない場合でも、図形を残すことができます。

データを更新すると、競合がある場合、[更新の競合] ウィンドウが自動的に、次の例のようにが開きます。

更新は、データ ソースに対応する行がなくなった図形を表示するウィンドウと競合します。

  1. [競合のリフレッシュ] ウィンドウで、図形の一覧から次のコマンドのいずれかを適用する図形を選択します。

  2. 次のいずれかをクリックします。

    • [図形の削除] 選択した図形のみを削除します。

    • [一覧内のすべての図形を削除] 行が削除されている図形をすべて削除します。

    • [図形を保持] 選択した図形のみを保持します。

    • [一覧内のすべての図形を保持] 行が削除されている図形をすべて保持します。

      注: [図形の削除] および [図形を保持] コマンドは、一覧内の図形が選択されていない場合は利用できません (淡色表示されます)。

一意の識別子の重複による競合を解決する

データに一意の識別子がないか、図面の更新前にデータ ソースで一意の識別子が変更されている場合、[最新のデータに更新] コマンドが、行とそれに対応する図形とを正しく対応付けられない場合があります。

データを更新すると、競合がある場合、[更新の競合] ウィンドウが自動的に、次の例のようにが開きます。

固有の識別子の問題のためにリンクできない図形をリストした [更新時に見つかった競合] ウィンドウ。

  1. [競合のリフレッシュ] ウィンドウで、図形の一覧から次のコマンドのいずれかを適用する図形を選択します。

  2. 次のいずれかをクリックします。

    • [一致する行の選択] 問題の図形に関連付ける行を指定できる [一致する行の選択] ダイアログ ボックスを開きます。

    • [すべての競合を無視] [外部データ] ウィンドウに表示されている重複する行を保持します。これらの行に対する既存のリンクは、削除されます。

      注: [すべての競合を無視] をクリックすると、重複する一意識別子を持つ行はウィンドウに表示されたままに、元のデータは [図形データ] ダイアログ ボックス内に格納されたままになり、図形とデータ間のリンクは存在しません。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×