インポートされたデータを更新する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

Office visio では、ユーザー設定のインポートクイックインポートデータの作成機能を使用してデータをインポートすることで、visio 図面にインポートされるデータを更新できます。また、データの競合を解決することもできますが、これは通常、図の作成後にデータソースに追加または削除された行が原因で発生します。また、データ更新を一定の間隔で実行するようにスケジュールすることもできます。

注: visio 図面に変更を加えることで、visio 図面がリンクされているデータソースを更新することはできません。

目的に合ったトピックをクリックしてください

図面内のデータを更新する

図面内のデータを自動的に更新するように Visio を設定する

新旧のデータの競合を解決する

図面内のデータを更新する

  1. 更新するデータが含まれている図面を開きます。

  2. [データ] メニューの [データの更新] をクリックします。

  3. Microsoft Visio セキュリティ通知メッセージが表示され、データソースを信頼している場合は、[ OK] を選択します。

  4. [データの更新] ダイアログボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 1つのデータソースを更新するには、[データソース] ボックスの一覧でファイルを選択し、[更新] をクリックします。

    • 複数のデータソースを更新するには、ctrl キーを押しながら [データソース] ボックスの一覧からデータソースを選び、[更新] をクリックします。

    • すべてのデータソースを更新するには、[すべて更新] をクリックします。

      ヒント: データソースが更新される順序を選択するには、[データソース] 列見出しをクリックします。

ページの先頭へ

図面内のデータを自動的に更新するように Visio を設定する

  1. 更新するデータが含まれている図面を開きます。

  2. [データ] メニューの [データの更新] をクリックします。

  3. [データの更新] ダイアログボックスで、1つまたは複数のデータソースを選びます。

  4. [ファイルを開くときにこのダイアログボックスを表示する] チェックボックスをオンにします。

  5. [構成] をクリックします。

  6. [更新の構成] ダイアログボックスの [自動更新] で、[すべて更新] チェックボックスをオンにし、矢印をクリックして間隔を選択します。

重要: 更新が正常に動作するようにするには、正しい一意の識別子を選択していることを確認します。

正しい一意の識別子を選択するにはどうすればよいですか?

データソースのデータが変更されたときに図面を更新するには、各テーブルに一意の識別子を選択する必要があります。一意の識別子 (またはキー列) は、変更されない列である必要があります。このキーを使用すると、更新されたデータの各行を、データソース内の行と正確に一致させることができます。

次の Microsoft Office Excel ワークシートの例では、一意の識別子 (key) は [従業員 ID] 列です。

従業員に関するデータが含まれる Excel の表

詳細については、「データセレクターウィザード (更新の一意の識別子を構成する)」を参照してください。

ページの先頭へ

新旧のデータの競合を解決する

データソースの新しいデータと図面内の古いデータとの間の競合を解決する必要がある場合があります。たとえば、データから行を削除したり、データソース内の別の行と同じ一意の識別子を持つ新しい行を作成したりすると、競合が発生する可能性があります。いずれの場合も、更新されたデータソースの行に各図形を一致させることができないため、[データの再表示] コマンドですべての図形のデータを更新することはできません。このような競合が発生した場合は、[競合の更新] ウィンドウが表示されます。このウィンドウには、競合を解決するためのオプションが用意されています。

削除されたデータ行に起因する競合を解決する

データソースから行を削除した後に図面を更新する場合は、リンク先の図形を削除するかどうかを選ぶことができます。これによって、図がデータと一致するようになります.

データを更新した後で競合が発生した場合は、次の例に示すように、[更新の競合] ウィンドウが自動的に開きます。

更新は、データ ソースに対応する行がなくなった図形を表示するウィンドウと競合します。

  1. [競合の更新] ウィンドウの図形の一覧で、次のいずれかのコマンドを適用する図形を選びます。

  2. 次のいずれかをクリックします。

    • 図形を削除して、選択した図形のみを削除する

    • すべてのリストされた図形を削除して、欠落している行を含むすべての図形を削除する

    • 図形を保持して、選択した図形だけを保持する

    • すべての図形を保持して、すべての図形を欠落している行に保持する

      注: リスト内で図形が選択されていない場合は、[図形の削除] と [図形の保持] コマンドは使用できません (淡色表示されます)。

一意に識別できないデータに起因する競合を解決する

データに一意の識別子が含まれていない場合、または図面を更新する前に一意の識別子がデータソースで変更された場合、[データの更新] コマンドを使用すると、対応する図形が正しい行と一致できないことがあります。

データを更新した後で競合が発生した場合は、次の例に示すように、[更新の競合] ウィンドウが自動的に開きます。

固有の識別子の問題のためにリンクできない図形をリストした [更新時に見つかった競合] ウィンドウ。

  1. [競合の更新] ウィンドウの図形の一覧で、次のいずれかのコマンドを適用する図形を選びます。

  2. 次のいずれかをクリックします。

    • [一致する行] を選択して [一致する行の選択] ダイアログボックスを開き、問題の図形に関連付けられている行を特定することができます。

    • [外部データ] ウィンドウで重複する行を保持するために、すべての競合を無視します。これらの行に対する既存のリンクは削除されます。

      注: [すべての競合を無視する] をクリックした場合、重複する一意の識別子を持つ行はウィンドウに残りますが、元のデータは [図形データ] ダイアログボックスに保存され、図形とデータの間にはリンクは存在しません。

ページの先頭へ

関連項目

インポートしたデータを自動的に図形にリンクする

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×