インポートされたデータを図形に追加する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

図面にデータをインポートするには、[データ] メニューの [図形にデータをリンク] をクリックします。図面にデータをインポートした後は、図形にデータをリンクする準備が整います。インポートしたデータを図面内の図形にリンクするいくつかの方法があります。データをインポートする方法の詳細については、 Excel、SQL Server、SharePoint サイト、およびその他の外部ソースからのデータのインポートを参照してください。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

行のデータを既存の図形に自動的にリンクします。

データの行を図形にドラッグします。

行のデータをリンクされた図形を作成するのにはページにドラッグします。

複数の図形または複雑な図形のパーツには、1 行のデータをリンクします。

既存のデータを置き換えるかどうかを選択します。

ページの先頭へ

データ行を既存の図形に自動的にリンクする

この方法は、図形の数が多い既存の図面に最適です。

重要: 図形には、データ ソースのデータに一致するテキストまたは既存の図形データが含まれている必要があります。

  1. [データ] メニューの [自動的にリンク] をクリックします。

  2. 自動リンク ウィザードの指示に従います。

    図形にデータが表示されます。図形の外観を変更するには、視覚効果を高めるデータ グラフィックを使用してデータを参照してください。

ページの先頭へ

データ行を図形にドラッグする

この方法は、図形の数が比較的少ない既存の図面に最適です。

  • [外部データ] ウィンドウから行を図面内の図形にドラッグします。

    データが図形に表示され、[外部データ] ウィンドウの行の左横にはリンク アイコンが表示されます。

    行を図形にドラッグする

ほとんどのウィザードにはヘルプが用意されています。ヘルプを参照するには、F1 キーを押すか、[ヘルプ] アイコンをクリックしてください。

ページの先頭へ

データ行をページにドラッグしてリンクされた図形を作成する

この方法は、多数のデータ行に対して同じ図形を使用できる場合に最適です。

  1. [図形] ウィンドウの図形をクリックします。

  2. 次のいずれかを実行します。

    • [外部データ] ウィンドウの行 (1 つまたは複数) を図面の空白スペースにドラッグします。

    • [外部データ] ウィンドウの行 (1 つまたは複数) を選択し、Ctrl キーを押しながら、Enter キーを押します。

      ページにドラッグした行ごとに、[図形] ウィンドウでクリックした図形のインスタンスが図面上に 1 つ表示されます。

      注記: 

      • ステンシル上で任意のマスタ シェイプを選択しなかった場合は、ステンシルに含まれるマスタ シェイプのうち先頭のマスタ シェイプが使用されます。

      • [図形] ウィンドウでステンシルを開いていない場合は、既定の四角形が使用されます。

      • ステンシル内の複数のマスタ シェイプを選択した場合は、各マスタ シェイプに対して 1 つの図形が配置され、各図形には同じデータが設定されます。

ページの先頭へ

1 データ行を複数の図形または複雑な図形を構成する複数の部分にリンクする

この方法は、複数の図形で同じデータを使用する場合や、サブ図形 (複数の図形から成る図形の部分) に行をリンクする場合に最適です。

  1. データをリンクする図面内の図形またはサブ図形を選択します。

  2. 選択した図形またはサブ図形にリンクする行を右クリックし、ショートカット メニューの [選択されている図形にリンク] をクリックします。

ページの先頭へ

既存のデータを置き換えるかどうかを指定する

  1. [外部データ] ウィンドウで、変更するデータ ソースのタブを右クリックし、ショートカット メニューの [プロパティ] をクリックします。

  2. [プロパティ] ウィンドウで、次のいずれかを選択します。

    • [既にリンクを持つ図形にリンクするときに確認メッセージを表示する]

    • リンク時に既存のリンクを常に置き換える

    • リンク時に既存のリンクを置き換えない

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×