インデックス/キー] プロパティ ページ (ADP)

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

このプロパティ ページには、一連インデックス、主キー、およびデータベース ダイアグラムまたはテーブル デザイナーのテーブルに添付された一意の制約のプロパティにはが含まれています。インデックスと制約付き視覚的に表示されませんデータベース ダイアグラムします。

テーブル名

テーブル デザイナーまたはデータベース ダイアグラムで選択したテーブルで [テーブルの名前が表示されます。データベース ダイアグラムで複数のテーブルを選択すると、最初のテーブルの名前だけが表示されます。

選択されたインデックス

テーブル デザイナーまたはデータベース ダイアグラムで選択したテーブルで [テーブルの最初のインデックスの名前が表示されます。データベース ダイアグラムで複数のテーブルを選択すると、最初のテーブルの最初のインデックスの名前のみが表示されます。別のインデックスのプロパティを表示するのには、ドロップダウン リストを展開します。

種類

選択したテーブルのインデックスまたはキー オブジェクトの種類を示しています。 インデックス、主キー、または固有の制約します。

[新規作成]

新しいインデックス、キー、またはデータベースの指定されたテーブルの一意の制約を作成するには、このボタンを選択します。

削除

テーブルから選択したインデックス、キー、または制約を削除するのには、このボタンを選択します。

注: リレーションシップに含まれている主キーを削除しようとしたかどうかもすべてのリレーションシップを削除するかを確認するメッセージが表示されます。最初のリレーションシップを削除せずに主キーを削除することはできません。

インデックス名

選択されたインデックスの名前が表示されます。インデックスの名前を変更するには、このボックスに新しい名前を入力します。

列の名前/順序

(Microsoft SQL Server 2000 のみです。)インデックス、主キー、または昇順または降順アイテム内の各列の値を配置するかどうかと、固有の制約に使用する列を示しています。追加、変更、またはボックスの一覧で、列の名前を削除することができます。各列の昇順/降順の設定を変更することもできます。

インデックス ファイル グループ

選択したインデックスを格納するファイルのグループの名前を選択します。1 つ以上のユーザー定義のファイル グループを有効にするには、この設定が必要です。この設定には、SQL Server 7.0 以上のデータベースのできるだけです。データベース オブジェクトを作成して、ファイルのグループを指定しない場合は、SQL Server に割り当てる既定のファイル グループ。既定のファイル グループは、最初に、プライマリ ファイル グループです。

ファイルのグループの作成と詳細については、SQL Server のマニュアルを参照してください。

一意を作成します。

一意の制約またはデータベースの指定されたテーブルのインデックスを作成するには、このオプションを選択します。作成するか、制約またはインデックス制約] または [インデックス] を選択して、指定します。

  • 重複するキーを無視します。    一意なインデックスを作成する場合は、SQL Server での一括挿入操作中にキー値を持つ既存のキー値に等しい行を挿入したときの動作方法を制御するには、このオプションを設定できます。重複するキー、SQL Server、警告メッセージ、問題のある受信した行を無視および一括の残りの行を挿入すると、無視する場合は、操作を挿入します。重複したキーを無視] を選択しない場合は、SQL Server がエラー メッセージが発行し、全体の一括挿入操作を元に戻す。

要素を塗りつぶす

各インデックスのページは、完全な方法を指定する塗りつぶし係数を示しています。塗りつぶしの要素が指定されていない場合は、データベースの既定の塗りつぶしの要素が使用されます。

インデックスの埋め込み

% 以上の塗りつぶしの要素を指定したと一意なインデックスを作成するオプションを選択した場合、SQL Server を同じ比率を使用することがわかりますで指定した要素の入力領域の各内部ノードで開いたままにします。既定では、SQL Server を 2 行インデックスのサイズを設定します。

集合横として作成します。

選択されているデータベースのテーブルのインデックスを作成するには、このオプションを選択します。

統計情報を自動的に再計算されません。

以前に作成した統計情報を使用する SQL Server を判断するには、このオプションを選択します。このオプションは、SQL Server 7.0 や上位データベースに対してのみ利用可能なクエリのパフォーマンスが低下する可能性がありますが、インデックス作成処理が高速化されます。

このオプションの詳細については、SQL Server のマニュアルを参照してください。

エラーメッセージ

(SQL Server 2000 のみです。)インデックス、キー、または制約に違反する行が入力されたときに、ユーザーに表示されるテキストを示します。

SQL Server 6.5 では、次のオプションが公開されます。

データの並べ替えオプション

データを並べ替える方法インデックスにインデックスに追加するレコードを特定します。

  • データを並べ替える    既定の。昇順でデータを整理します。

  • 既に並べ替えられたデータ    既存のデータの順序を受け入れます。

  • 並べ替えられたデータを再編成    昇順でデータを再編成します。たとえば、テーブルが分割または非インデックスを再構築、このオプションを選択します。

重複する行のオプション

インデックスが重複する行をどのように処理するかを指定します。

  • 重複する行を無効にします。    既定の。インデックスが重複する行が存在する場合に保存されているを防ぎます。重複する行が存在する場合は、エラー メッセージが表示されます。

  • 重複する行を無視します。    削除では、作成中に、インデックスの行が重複しています。

  • 重複する行を許可します。    重複する行が存在する場合でも、インデックスを作成します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×