スキップしてメイン コンテンツへ

インターフェイス図形

インターフェイス インターフェイス図形アイコン - ぺろぺろキャンディ インターフェイス図形アイコン - ボックス は、内部構造を指定せずに、クラス、コンポーネント、パッケージ、または他の要素の外部から見える操作を指定します。

インターフェイスには操作がありますが、属性、状態、または関連付けはありません。 表記法として、インターフェイスは次の2つの方法で表すことができます。

  • クラス図形として、ステレオタイプ <<インターフェイス>> 、実現化関係によってサポートされている要素に結び付けられます。

  • 線で囲まれた、実線でサポートされている要素にアタッチされます。

実現化関係とは、矢印の尾部のクライアントが、サプライヤーの全操作をサポートまたは継承することを意味します。

クラス (サプライヤーとして) とそのインターフェイス (インターフェイスが、ステレオタイプ <<インターフェイス>>)、または実装クラス (サプライヤーとして) と型の間で表されている場合は、実現化関係を使います。

インターフェイスに表示される図形を変更する

インターフェイス図形を右クリックし、[図形の表示オプション] をクリックして、[クラスのようなインターフェイスとして表示] または [ロリポップインターフェイスとして表示] をクリックします。

インターフェイス図形に名前を付ける、その他のプロパティ値を追加する

要素の [ UML プロパティ] ダイアログボックスを開くには、 ツリー ビューで要素を表すアイコンをダブルクリックするか、図で要素を表す図形をダブルクリックします。

ヒント: 図面内の図形に表示されるプロパティ値を制御するには、図形を右クリックして、[図形の表示オプション]をクリックします。 [ UML 図形の表示オプション] ダイアログボックスで、オプションをオンまたはオフにして、プロパティ値の表示と非表示を切り替えます。

インターフェイス図形に表示されるプロパティ値を制御する

図形を右クリックし、[図形の表示オプション] をクリックして、値の表示と非表示を切り替えるオプションをオンまたはオフにします。

インターフェイスのその他のビューに移動する

図形を右クリックし、[表示] をクリックして、目的のビューを選び、[ OK]をクリックします。

インターフェイスと他の要素の間の関係をビューで表示する

インターフェイス図形を右クリックし、[リレーションシップの表示] をクリックします。

線形インターフェイス図形の端にある円のサイズを変更する

図形を選び、コントロールハンドル コントロール ハンドルの画像 - 黄色いひし形 をドラッグします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×