インターフェイス図形

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

インターフェイス インターフェイス図形アイコン - ぺろぺろキャンディ インターフェイス図形アイコン - ボックス は、内部構造を指定せずに、クラス、コンポーネント、パッケージ、またはその他の要素の外部に表示される操作を指定します。

インターフェイスには操作はありますが、属性、状態、または関連付けはありません。表記に関しては、次の2つの方法でインターフェイスを表すことができます。

  • ステレオタイプの < < interface > > をサポートする要素に添付されたクラス図形として、リレーションシップを実現します。

  • 円で、それを実線でサポートしている要素に添付されます。

リレーションシップとは、矢印の末尾にあるクライアントが、矢じりでサプライヤのすべての操作をサポートまたは継承することを意味するリレーションシップです。

(サプライヤとしての) クラスとそのインターフェイスの間の関係を実現するために使用します (インターフェイスがステレオタイプの < < interface > > を持つクラス図形によって表されている場合)、または実装クラス (サプライヤとしての) と型の間のリレーションシップです。

インターフェイスに表示される図形を変更する

[インターフェイス] 図形を右クリックし、[図形の表示オプション] をクリックして、[クラスに似たインターフェイスとして表示] または [ロリポップインターフェイスとして表示] をクリックします。

インターフェイス図形に名前を付け、その他のプロパティ値を追加する

要素の [ UML プロパティ] ダイアログボックスを開くには、 ツリー ビューの要素を表すアイコン、または図の要素を表す図形をダブルクリックします。

ヒント: 図形を右クリックし、[図形表示オプション] をクリックして、図の図形に表示されるプロパティ値を制御します。[ UML 図形表示オプション] ダイアログボックスで、[オプション] を選び、プロパティ値を表示または非表示にします。

インターフェイス図形に表示されるプロパティ値を制御する

図形を右クリックし、[図形の表示オプション] をクリックして、[オプション] をオンまたはオフにして、値を表示または非表示にします。

インターフェイスの他のビューに移動する

図形を右クリックし、[ビュー] をクリックし、目的のビューを選択して、[ OK] をクリックします。

インターフェイスとその他の要素間の関係をビューに表示する

[インターフェイス] 図形を右クリックし、[リレーションシップの表示] をクリックします。

線形インターフェイス図形の末尾にある円のサイズを変更する

図形を選択し、コントロールハンドルの コントロール ハンドルの画像 - 黄色いひし形 をドラッグします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×