インスタント メッセージを作成して送信する

インスタント メッセージング セッションを 1 名または複数の連絡先と開始できます。インスタント メッセージング セッションの開始後に、他の連絡先をセッションに招待して IM 電話会議を開始することもできます。

Office Communicator 2007 R2 はインスタント メッセージでリッチ テキストをサポートしているため、フォントの種類やフォントのスタイル (太字、下線、斜体、色など) を指定できます。また、絵文字の挿入や、Microsoft Word や Microsoft Excel などの他の Microsoft Office アプリケーションからコピーしたテキストや表の貼り付けも可能です。

注: 他の Communicator 2007 R2 連絡先との IM セッション中にいつでも、デスクトップにドキュメントやアプリケーションを表示するためにデスクトップ共有を開始できます。「デスクトップ共有を使用する」を参照してください。

目的に合ったトピックをクリックしてください

1 名の連絡先にインスタント メッセージを送信する

グループ (複数の連絡先) にインスタント メッセージを送信する

AOL、Yahoo!、MSN、または Windows Live の連絡先にインスタント メッセージを送信する

[重要度 - 高] のインスタント メッセージを送信する

インスタント メッセージの各段落間にスペースを追加する

フォントおよびフォントのサイズ、スタイル、および色を変更してメッセージの書式を調整する

インスタント メッセージに絵文字を追加して感情を伝える

インスタント メッセージでコピー/貼り付けを行う

連絡先との以前の会話を検索する

以前のインスタント メッセージでの会話を表示する

1 名の連絡先にインスタント メッセージを送信する

  1. 連絡先リストで連絡先の名前をダブルクリックし、メッセージを入力して Enter キーを押します。連絡先が連絡先リストにない場合は、その名前を [検索] ボックスに入力して検索し、[検索結果] ウィンドウに表示された名前をダブルクリックします。

  2. [会話] ウィンドウでメッセージを入力し、Enter キーを押します。

ページの先頭へ

グループ (複数の連絡先) にインスタント メッセージを送信する

連絡先リストで複数の連絡先を選択してインスタント メッセージを送信することができます。連絡先グループや配布グループにインスタント メッセージを送信することもできます。

インスタント メッセージをグループに送信するには

次のいずれかの操作を行います。

  • インスタント メッセージを配布グループまたは連絡先のグループに送信するには、連絡先リストでグループ名を右クリックして [インスタント メッセージの送信] をクリックし、メッセージを入力して Enter キーを押します。

  • グループからメンバを選択するには、連絡先リストでグループを展開し、Ctrl キーを押したままで連絡先を選択します。選択する最後の連絡先を右クリックし、[インスタント メッセージの送信] をクリックします。[会話] ウィンドウでメッセージを入力し、Enter キーを押します。

注: 3 人のユーザー間でインスタント メッセージング セッションを開始すると、IM 会議となり、[会話] ウィンドウに会議用のボタンが表示されます。詳細については、「電話会議と共同作業」を参照してください。

ページの先頭へ

AOL、Yahoo!、MSN、または Windows Live の連絡先にインスタント メッセージを送信する

会社でパブリック IM 接続がサポートされている場合は、AOL、Yahoo!、MSN、Windows Live のインスタント メッセージング サービスを使用している連絡先と IM での会話を実行できます。

  • 連絡先リストで、メッセージの送信先となる AOL、Yahoo、MSN、または Windows Live の連絡先をダブルクリックします。連絡先リストで連絡先が見つからない場合は、連絡先の URI (Uniform Resource Identifier、通常は連絡先の電子メール アドレス) を [検索] ボックスに入力して検索し、[検索結果] ボックスに表示された連絡先名をダブルクリックします。

重要: 社外の IM 連絡先への接続機能は、サポートされていない場合があります。パブリック IM 接続がサポートされているかどうかを確認するには、システム管理者に問い合わせてください。

注: 詳細については、「社外の連絡先を追加する」を参照してください。

ページの先頭へ

[重要度 - 高] のインスタント メッセージを送信する

[重要度 - 高] のフラグを付けたインスタント メッセージの招待を送信することができます。[重要度 - 高] のフラグは IM 招待に表示され、IM 受信者が会話に参加するかどうかを決めるのに役立ちます。

メッセージを [重要度 - 高] に設定する

  • 連絡先リストで連絡先をダブルクリックし、[会話] ウィンドウで [他のオプションを表示] ボタン ([会話] ウィンドウの右上隅) をクリックして、[重要度 - 高] をクリックします。

メッセージを送信すると、受信者の [会話] ウィンドウに [重要度 - 高] フラグが表示されます。

ページの先頭へ

インスタント メッセージの各段落間にスペースを追加する

  • インスタント メッセージの各段落間にスペースを追加するには、段落を入力し、Shift キーを押しながら Enter キーを押して、その後に新しい段落を入力します。

ページの先頭へ

フォントおよびフォントのサイズ、スタイル、および色を変更してメッセージの書式を調整する

メッセージ入力領域で 1 語、または 1 文字ごとでも書式を設定できます。選択した語句や文字に太字、斜体、取り消し線、フォントの色やサイズの変更を適用できます。また、すべての IM セッションに適用されるテキスト書式オプションや、現在の IM セッションのみを変更するテキスト書式オプションを設定できます。

今後のすべての IM 会話のメッセージ テキスト書式を設定する

  1. Office Communicator のタイトル バーで [メニュー] をクリックし、[ツール] をクリックして、[オプション] をクリックします。

  2. [全般] タブをクリックし、[フォントの変更] をクリックします。

  3. [フォントやテキストの色を変更します] ダイアログ ボックスで、書式を必要に応じて変更し、[OK] をクリックします。

現在の IM セッションのメッセージ テキスト書式を設定する

IM セッション中にメッセージ テキスト書式を変更できます。また、テキストの一部を選択して、異なるフォント、色、斜体、太字などに変更できます。フォント書式への変更は現在の会話中にのみ有効となります。

  • [会話] ウィンドウでメッセージ テキストを選択して書式を設定する (1 つの単語を太字にする、など) には、書式を設定するテキストを選択し、[テキストの色、フォント、およびその他の書式を変更する] をクリックします。ドロップダウン ボックスで必要な変更を行い、入力領域をクリックしてダイアログ ボックスを閉じ、変更を適用します。選択したテキストの書式が設定に従って変わります。また、書式を変更した後に入力するテキストも新しい書式で表示されます。

  • メッセージ テキスト書式を全般的に設定するには、入力領域で [テキストの色、フォント、およびその他の書式を変更する] をクリックし、ドロップダウン ボックスで必要な変更を行い、入力領域をクリックしてダイアログ ボックスを閉じ、変更を適用します。選択したテキストの書式が設定に従って変わります。また、書式を変更した後に入力するテキストも新しい書式で表示されます。

ページの先頭へ

インスタント メッセージに絵文字を追加して感情を伝える

言葉だけでは感情を表現できないときには、絵文字と呼ばれる画像イメージをメッセージに追加して、印象や感情を表現できます。

  1. [会話] ウィンドウの入力領域で絵文字を追加する場所をクリックし、[絵文字を選択します] をクリックします。

  2. 絵文字をクリックしてメッセージに追加します。

    注: AOL および Yahoo! のメッセンジャー ユーザーには、画像イメージでなく、絵文字に代わるテキストが表示されます。

ページの先頭へ

インスタント メッセージでコピー/貼り付けを行う

Office Communicator 2007 R2 はリッチ テキスト形式 (RTF) をサポートしているので、Word、Excel、OneNote、PowerPoint などの他の Microsoft Office アプリケーションからテキストをコピーしてインスタント メッセージに貼り付けることができます。また、[会話] ウィンドウからリッチ テキストをコピーして Office アプリケーションに貼り付けることもできます。Office アプリケーションとインスタント メッセージの間でリッチ テキストをコピーすると、Communicator により元の書式 (Excel シートのセル境界線など) がそのまま保持されます。

インスタント メッセージでの会話からテキストをコピーする

  1. [会話] ウィンドウのメッセージ領域でコピーするテキストを選択し、テキストを右クリックして [コピー] をクリックします。

  2. コピーしたテキストはテキスト書式を保持したまま、任意の Office アプリケーションに貼り付けることができます。

インスタント メッセージにテキストを貼り付ける

  1. Office アプリケーションで、インスタント メッセージに貼り付けるテキストをコピーします。

  2. [会話] ウィンドウの入力領域で、テキストを貼り付ける場所を右クリックして [貼り付け] をクリックします。

注: IM 入力領域には画像やオブジェクトを貼り付けることはできません。貼り付けられるのはテキストのみです。

連絡先との以前の会話を検索する

Office Communicator 2007 R2 には、[以前の会話の検索] 機能が用意されています。これにより、連絡先リストで連絡先を右クリックして [以前の会話の検索] をクリックすると、Outlook が開いて、その連絡先とのすべての会話 (IM、電話、音声/ビデオ、および電話会議の会話を含む) の一覧が表示されます。

連絡先との以前の会話を検索するには

  • Office Communicator の連絡先リストで、連絡先を右クリックして [以前の会話の検索] をクリックします。

ページの先頭へ

以前のインスタント メッセージでの会話を表示する

Communicator には、インスタント メッセージでの会話のコピーを Outlook メールボックスの [会話履歴] フォルダに保存するオプションが用意されています。既定では、このオプションはオフになっています。

[会話履歴] フォルダを表示するには

  • Office Communicator のタイトル バーで [メニュー] をクリックし、[ツール] をポイントして [会話履歴の表示] をクリックします。

[会話履歴] フォルダを表示する

  • Outlook を開き、メールボックスで [会話履歴] フォルダをクリックします。

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×