イメージ Web パーツ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

イメージ Web パーツを使用して、Web パーツ ページにイメージやグラフィックを追加できます。ページ上でイメージと他の Web パーツをより簡単に調整するために、共有ビューでカスタム プロパティを変更すると、縦の位置、横の位置、およびイメージ Web パーツ内部のイメージの背景色を制御できます。

この記事の内容

イメージ Web パーツの使用方法

画像の表示方法

イメージ Web パーツを別の Web パーツに接続する

イメージ Web パーツのカスタム プロパティ

Web パーツの共通プロパティ

イメージ Web パーツの使用方法

イメージ Web パーツを使用して次のことを実行できます。

  • ページに企業やプロジェクトのロゴを追加します。

  • 従業員や製品の写真を表示します。

  • ページの視覚的な魅力を高めます。

ページの先頭へ

イメージの表示方法

イメージを表示するには 2 つの方法があります。

  • [イメージへのリンク] プロパティのボックスにイメージ ファイルへのファイル パスまたはハイパーリンクを入力します。この場合、イメージは静的で、変更されません (プロパティを編集しない場合)。

  • ファイル パスまたはハイパーリンクを提供する別の Web パーツとイメージ Web パーツを接続します。この場合、イメージは動的で、リスト ビュー Web パーツ内の行をユーザーが選択するなど、他の Web パーツでの操作の結果、変更される可能性があります。

    たとえば、連絡先を含むリスト ビュー Web パーツをイメージ Web パーツに接続できます。連絡先リスト ビュー Web パーツの列のハイパーリンクには連絡先の画像が含まれ、連絡先リスト ビュー Web パーツ内の行を選択するたびに、イメージ Web パーツに表示される連絡先の画像を表示することができます。

ページの先頭へ

イメージ Web パーツを別の Web パーツに接続する

  1. ボタン イメージ ([サイトの操作] メニュー) で、[ページの編集] をクリックします。

  2. [Web パーツ] メニュー [Web パーツ] メニュー をクリックし、[接続] をポイントします。

  3. [他の Web パーツからイメージを取得] をポイントし、接続する Web パーツの名前をクリックします。

注: [イメージへのリンク] プロパティに既に値が設定されていて、イメージ Web パーツを他の Web パーツと接続する場合、[イメージへのリンク] プロパティは無視されます。イメージ Web パーツが既に別の Web パーツと接続されていて、[イメージへのリンク] プロパティに値を設定する場合は、まず接続を解除する必要があります。

ページの先頭へ

イメージ Web パーツのカスタム プロパティ

イメージ Web パーツのカスタム プロパティを以下に示します。

注: 個人用ビューでこれらのカスタム プロパティを表示したり編集したりすることはできません。

プロパティ

説明

[イメージへのリンク]

イメージ Web パーツに表示するイメージのファイル パスまたはハイパーリンクを指定します。

使用するブラウザによって異なりますが、サポートされるグラフィック ファイル形式には、次のようなものがあります。

グラフィック ファイル形式

ファイル形式

Windows ビットマップ ファイル (BMP)

.bmp

Windows 拡張メタファイル (EMF)

.emf

GIF (Graphics Interchange Format)

.gif

JPEG (Joint Photographic Experts Group)

.jpg、.jpeg

PNG (Portable Network Graphics)

.png

イメージ Web パーツが、イメージを提供する別の Web パーツに接続されているので、[イメージへのリンク] プロパティは利用できない可能性があります。

[代替テキスト]

イメージの上にマウス ポインタを置くと表示されるテキストを指定します。このテキストは、イメージが利用できない場合に表示されます。

[イメージの垂直方向の配置]

イメージ Web パーツ内でイメージの縦方向の位置を指定します。[]、[中央]、または [] のいずれかを選択します。既定値は [中央] です。

[イメージの水平方向の配置]

イメージ Web パーツ内でイメージの横方向の位置を指定します。[]、[中央]、または [右] のいずれかを選択します。既定値は [中央] です。

[Web パーツの背景色]

イメージの背景のイメージ Web パーツ ウィンドウの色を指定します。既定の色は、現在のテーマの背景色です。

色を指定するには、テキスト ボックスの右側にある ボタン イメージ をクリックし、次のいずれかの操作を行います。

  • カラー グリッドから色を選択します。

  • HTML の色名を入力します。

  • RGB カラー値を入力します。

サイトのテーマと同じ背景色にするには、[Web パーツの背景色] ダイアログ ボックスで [透明] をクリックします。

ページの先頭へ

Web パーツの一般的なプロパティ

すべての Web パーツには、その外観やレイアウト、および、詳細な特性を制御する共通のプロパティがあります。

注: ツール ウィンドウに表示される共通の Web パーツ プロパティは、いくつかの理由で、このセクションに記載されている内容と異なる場合があります。

  • ツール ウィンドウの [詳細] セクションを表示するには適切な権限が必要であるため。

  • Web パーツの開発者によって、特定の Web パーツの共通のプロパティが非表示に設定されていたり、ツール ウィンドウの各セクション ([外観]、[レイアウト]、[詳細]) に、以下の表にはないプロパティが作成され、表示されている可能性もある。

  • 権限やプロパティの設定によっては、Web パーツのプロパティが無効または非表示になることがある。

[外観]

プロパティ

説明

タイトル

Web パーツのタイトル バーに表示される Web パーツのタイトルを指定します。

高さ

Web パーツの高さを指定します。

Web パーツの幅を指定します。

枠の状態

ユーザーが Web パーツ ページを開いたときに、Web パーツ全体がページ上に表示されるかどうかを指定します。 既定では、枠の状態は [標準] に設定され、Web パーツ全体が表示されます。枠の状態を [最小化] に設定した場合は、タイトル バーだけが表示されます。

枠の種類

タイトル バーおよび Web パーツ フレームの枠線を表示するかどうかを指定します。

[レイアウト]

プロパティ

説明

非表示

Web パーツ ページを開くときに、Web パーツを表示するかどうかを指定します。このチェック ボックスをオンにした場合、自分でページをデザインしているときにのみ Web パーツが表示され、タイトルには "(非表示)" という接尾辞が追加されます。

Web パーツ接続を介して他の Web パーツにデータを提供する際、Web パーツそのものは表示しないようにする必要がある場合、Web パーツを非表示にすることができます。

方向

Web パーツのコンテンツの文字の方向を指定します。たとえば、アラビア語は右から左に記述され、英語を含むほとんどの欧州言語は左から右に記述されます。Web パーツの種類によっては、この設定を使用できないことがあります。

領域

Web パーツを配置する Web パーツ ページの領域を指定します。

注: Web パーツ ページの領域は、領域を変更する権限がない場合、リスト ボックスに表示されません。

領域のインデックス

領域に複数の Web パーツが存在する場合に、その領域内の Web パーツの位置を指定します。

順序を指定するには、テキスト ボックスに正の整数を入力します。

領域内の Web パーツが上から下に配置されている場合、値が 1 の Web パーツが領域の一番上に表示されます。領域内の Web パーツが左から右に配置されている場合、値が 1 の Web パーツが領域の左に表示されます。

たとえば、上から下に表示される空の領域に Web パーツを追加する場合、領域のインデックスは "0" です。領域の一番下に 2 つ目の Web パーツを追加した場合、領域のインデックスは "1" になります。2 つ目の Web パーツを領域の先頭に移動するには「0」と入力し、1 つ目の Web パーツについては「1」を入力します。

注: ゾーン内の Web パーツにはそれぞれ、ゾーンのインデックスとして一意の値が割り当てられている必要があります。したがって、現在の Web パーツの領域のインデックス値を変更すると、その領域内の他の Web パーツの領域のインデックス値も変更される可能性があります。

詳細

プロパティ

説明

最小化を許可する

Web パーツを最小化できるようにするかを指定します。

閉じるのを許可する

Web パーツを Web パーツ ページから削除できるかどうかを指定します。

非表示を許可する

Web パーツを非表示にできるようにするかを指定します。

領域の変更を許可する

Web パーツを別の領域に移動できるかどうかを指定します。

接続を許可する

Web パーツを他の Web パーツに接続できるかどうかを指定します。

個人用ビューでの編集を許可する

Web パーツのプロパティを個人用ビューで変更できるかどうかを指定します。

エクスポート モード

この Web パーツに関してエクスポートを許可するデータのレベルを指定します。構成によっては、この設定が利用できない場合もあります。

タイトル URL

Web パーツについての追加情報を含んだファイルの URL を指定します。Web パーツのタイトルをクリックすると、このファイルが別のブラウザー ウィンドウで表示されます。

説明

Web パーツのタイトルまたは Web パーツのアイコンをマウスでポイントしたときに表示するヒントを指定します。このプロパティの値は、サイト、仮想サーバー、Web パーツ ページのような Web パーツ ギャラリーで、ツール ウィンドウの [Web パーツの検索] メニューの [検索] を使用して Web パーツを検索するときに使用されます。

ヘルプ URL

Web パーツについてのヘルプ情報を含んだファイルの場所を指定します。Web パーツ メニューの [ヘルプ] コマンドをクリックすると、ヘルプ情報が別のブラウザー ウィンドウで表示されます。

ヘルプ モード

Web パーツのヘルプ コンテンツをブラウザでどのように表示するかを指定します。

次のいずれかを選択します。

  • [モーダル]   別のブラウザ ウィンドウで表示されます (ブラウザがこの機能をサポートしている場合)。元の Web ページに戻るには、ウィンドウを閉じる必要があります。

  • [モードレス]   別のブラウザ ウィンドウで表示されます (ブラウザがこの機能をサポートしている場合)。ユーザーは、ウィンドウを閉じなくても元の Web ページに戻ることができます。これが既定値です。

  • [移動]   Web ページが現在のブラウザ ウィンドウで表示されます。

注: カスタムの Microsoft ASP.NET Web パーツでこのプロパティがサポートされている場合でも、既定の Windows SharePoint Services 3.0 ヘルプ トピックは、別のブラウザー ウィンドウでしか表示されません。

カタログ アイコン イメージの URL

] Web ページが現在のブラウザー ウィンドウで表示されます。

タイトル アイコン イメージの URL

Web パーツのタイトル バーで使用するイメージが格納されたファイルの場所を指定します。イメージのサイズは 16 × 16 ピクセルであることが必要です。

エラー メッセージのインポート

Web パーツのインポートで問題が発生した場合に表示されるメッセージを指定します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×