イメージ ドロップ エリアを使用する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

イメージ ドロップ エリアを使用すると、文書内の図をインポートした図で置き換えて、引き続き元の図に適用したサイズ、変換、または効果を保持することができます。

  1. イメージ ドロップ エリアとして使用する図を選び、[書式] メニューの [] をクリックします。

  2. ナビゲーション ウィンドウで [レイアウト] をクリックし、[詳細設定] をクリックします。

  3. [位置] タブの [オプション] で、[プレースホルダー] チェック ボックスをオンにします。

  4. [OK] をクリックし、もう一度 [OK] をクリックします。

  5. [標準] ツールバーで [メディア ブラウザー[メディア ブラウザー] ボタン をクリックし、置き換える図の上に、インポートする図をドラッグします。

    イメージ ドロップ エリアにあった図が新しい図に置き換えられます。 イメージ ドロップ エリアの作成時に使用されていたサイズ変更、回転、変換、効果などの書式はすべて保持されます。

ヒント: Finder からイメージ ドロップ エリア上に図を直接ドラッグすることもできます。 ただし、[挿入] メニューを使用してドロップ エリアに図を追加することはできません。

関連項目

Office for Mac で画像を挿入する

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×