イベントとアクション

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

右ボタン クリック時のアクションを追加すると、そのアクションを、図形のショートカット メニュー (右クリック メニュー) のコマンドとして使用できます。

図形イベントを追加すると、リンクされた図形をコピーまたは図面ページ上にドロップしたとき、その図形がどのように動作するかを定義できます。

図形イベント

図形をドロップ イベントの詳細を含める

以下のコマンド ボタンを使用可能にします。

ドロップ時に図形を更新します。

マスタ シェイプをドロップしたり、図形をコピーすると、その図形 (またはインスタンス) にリンクしているシェイプシート セルの値が、データベースの値に一致するように自動的にリフレッシュされます。

[ドロップ レコードを選択します。

リンクされているマスタ シェイプをドロップしたり、リンクされている図形をコピーするたびに、新しいデータベース レコードが選択されます。

右クリック アクション

データベースのレコードを選択します。

図形のリンク先となるデータベース レコードを選択するコマンドを追加します。

図形のセルを更新します。

図形をリンク先となるデータベース レコードの値と一致するようにリフレッシュするコマンドを追加します。

このオプションがオフの場合でも、[ツール] メニューから図形をリフレッシュできます。

データベースのレコードを更新します。

図形のデータに一致するようにデータベースを更新するコマンドを追加します。

このオプションがオフの場合でも、[ツール] メニューからデータベース レコードを更新できます。

図形とデータベースのレコードを削除します。

図形と図形のリンク先のデータベース レコードの両方を削除するコマンドを追加します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×