アラームを設定または解除する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Windows 版の Outlook 2013 と Outlook 2016 では、メール メッセージ、会議、予定など、さまざまなアイテムに対するアラームを設定または解除できます。

予定表の予定と会議

すべての新しい予定または会議の場合

  1. 画面の左下隅にある [予定表] をクリックします。

    • Outlook 2013 の場合: [予定表] をクリックする

    • Outlook 2016 の場合: [予定表] をクリックする

  2. 新しい予定または会議の既定のアラートをオンまたはオフにするには、[予定表オプション] で、[アラームの既定値] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

  3. チェック ボックスをオンにした場合、アラームを、予定または会議のどのくらい前に表示するかを入力します。

既存の予定または会議の場合

  1. 画面の左下隅にある [予定表] をクリックします。

    • Outlook 2013 の場合: [予定表] をクリックする

    • Outlook 2016 の場合: [予定表] をクリックする

  2. 予定または会議を開きます。

    注記: [定期的なアイテムを開く] ボックスが表示された場合は、次のいずれかの操作を行います。

    • 定期的な予定または会議に 1 回のみアラームを設定するには、[この回のみ] を選択し、[OK] をクリックします。

    • 定期的な予定または会議のすべてにアラームを設定するには、[定期的な予定全体] を選択し、[OK] をクリックします。

  3. [個別の予定] (または [定期的な予定]) または [個別の会議] (または [定期的な会議]) タブで、[アラーム] リストの下矢印をクリックし、予定または会議のどれくらい前にアラームを鳴らすかを選びます。

    [アラーム] ボックスの下矢印をクリックする

    アラームを解除するには、[なし] をクリックします。

    注: 終日イベントの場合、既定のアラーム時刻は 18 時間前です。作成したすべての終日イベントに対する既定値は変更できませんが、それぞれの予定のアラーム時刻を変更することはできます。

メール メッセージ

  1. メール メッセージを開きます。

  2. 画面の左下隅にある [メール] をクリックします。

    • Outlook 2013: [メール] をクリックする

    • Outlook 2016: [メール] をクリックする

  3. [ホーム] タブで [フォローアップ] をクリックし、[アラームの追加] をクリックします。

    リボンの [アラームの追加] コマンド

    ヒント: アラームを使用して、簡単に電子メール メッセージに To Do アイテムとしてのフラグを設定できます。メッセージの一覧の [フラグの状態] 列を右クリックします。または、メッセージを開いている場合は、[メッセージ] タブの [タグ] グループで、[フラグの設定] をクリックし、[アラームの追加] をクリックします。

  4. [カスタム] ダイアログ ボックスで、[アラーム] チェック ボックスをオンまたはオフにします。チェック ボックスをオンにした場合、アラームを表示させたい日時を入力します。

  5. [OK] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×