アラームの再生サウンドを変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

サウンドによる通知を使用して、注意を促すことができます。既定のサウンドは短い .wav オーディオ ファイルですが、このサウンドを任意の .wav ファイルに変更できます。

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

    [ツール] の [オプション] コマンド

    注: [ツール] メニューは、Outlook のメイン ウィンドウに表示されます。このメイン ウィンドウは、Outlook を起動すると表示されるウィンドウと同じであり、[ファイル]、[編集]、[表示]、[移動]、[ツール]、[アクション]、および [ヘルプ] の各メニューが含まれます。[ツール] メニューは、電子メール メッセージ、連絡先、仕事などのアイテムを作成または表示するウィンドウでは使用できません。

  2. [その他] タブの [詳細オプション] をクリックします。

    [オプション] ダイアログ ボックスの [詳細オプション]

  3. [アラーム オプション] をクリックします。

    [詳細オプション] ダイアログ ボックスの [アラーム オプション]

  4. [アラーム オプション] ダイアログ ボックスで、[参照] をクリックし、別の .wav ファイルを選択します。

    [アラーム オプション] ダイアログ ボックス

    ハード ディスクの任意の場所、またはコンピュータが常にアクセスできるネットワーク共有の任意の場所にあるオーディオ ファイルを指定できます。オーディオ ファイルを現在の場所から移動した場合、またはファイルにアクセスできない場合、アラームが発生してもサウンドは再生されません。

  5. [アラーム オプション]、[詳細オプション]、および [オプション] の各ダイアログ ボックスで、[OK] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×