アラームが設定されている電子メール メッセージを送信する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

電子メール メッセージに対処したり、送信するメッセージへの返信を確認するように覚えておく必要がある場合は、送信する前に、新しいメッセージにアラームを設定します。また、アラームを設定したフラグ付きメッセージを送信して、メッセージに返信するように他のユーザーに促したり、行う必要がある行動を知らせることができます。

この記事の内容

フラグでの日付の機能について

自分用のアラームが設定されているメッセージを送信します。

他のユーザー用のアラームを設定したメッセージを送信する

フラグでの日付の機能について

対処が必要なアイテムをマークし、アラームを設定するには、フラグを使用します。次の既定の開始日、期限、およびアラーム時刻がフラグで利用できます。各設定はカスタマイズすることができます。

フラグ

開始日

期限

アラーム

今日

現在の日付

現在の日付

現在の稼働日の終了時刻より 1 時間前

明日

現在の日付 + 1 日

現在の日付 + 1 日

現在の日付の開始時刻 + 1 稼働日

今週

現在の日付 + 2 日 (今週の稼働日の範囲内に限る)

今週の最後の稼働日

現在の日付の開始時刻 + 2 稼働日

来週

来週の最初の稼働日

来週の最後の稼働日

来週の最初の稼働日の開始時刻

日付なし

日付なし

日付なし

現在の日付

ユーザー設定

現在の日付が表示されます。必要に応じてユーザー設定の日付を選択します。

現在の日付が表示されます。必要に応じてユーザー設定の日付を選択します。

現在の日付が表示されます。必要に応じてユーザー設定の日付を選択します。

自分用のアラームを設定したメッセージを送信する

次のいずれかの操作を行います。

  • メッセージ一覧では、[メッセージにフラグを設定する] をクリックします。[メッセージ] タブで、フラグの設定] をクリックし、設定するフラグの種類をクリックします。

    メール メッセージにフラグを付ける

  • 開いているメッセージで、[メッセージ] タブの [タグ] の [フラグの設定] をクリックし、設定するフラグの種類をクリックします。

    フラグの設定

注: このフラグが設定されたメッセージ、[メッセージ] タブの [タグ] グループで、アラームを表示する場合は、フラグの設定] をクリックし、[アラームの追加] をクリックします。アラームの日付と時刻を変更することができます。

他のユーザー用のアラームを設定したメッセージを送信する

他のユーザーにアラームを送信する場合は、慎重に行ってください。ユーザーによっては、仕事中にアラームが鳴るのを快く思わないことがあります。別の方法として、開始日と期限のフラグを設定し、[フラグの内容] ボックスにより多くの情報を含むメッセージを送信することができます。この方法を使用すると、アラームの代わりに、メッセージの情報バーに表示される情報を受信者が利用することができます。

誰かの操作を行うのかを確認するためのフラグを送信するには、メッセージを送信する前に、次を行います。

  1. 開いているメッセージで、[メッセージ] タブをクリックします。

  2. フラグの設定] をクリックし、[ユーザー設定] をクリックします。

  3. ユーザー設定] ボックスに、受信者用にフラグをクリックします。

  4. [受信者用にフラグを設定する] の [フラグの内容] の一覧で、送信するフラグの種類をクリックします。

  5. 既定では、受信者用のフラグを設定したメッセージにはアラームが設定されています。必要に応じて、日付と時刻を変更します。アラームを設定しない場合は、[アラーム] チェック ボックスをオフにします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×