アプリ カタログを使ってカスタム ビジネス アプリを SharePoint Online 環境で利用できるようにする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePoint Online 管理者は、[サイト コンテンツ] ページで [組織から] フィルターを使ってユーザーがアプリを参照したときに、内部で開発されたカスタム アプリをユーザーがインストールできるようにするアプリ カタログ サイトを作成できます。これで、サイトの所有者はそれらのアプリを追加し、特定の機能を持つようにサイトをカスタマイズしたり、サイトに情報を表示したりすることができます。

アプリ カタログ サイトを作成したら、それを使用して組織で開発されたカスタム アプリをアップロードすることができます。カスタム アプリのアップロードは、ドキュメントをライブラリにアップロードしたり、プロパティを設定したりする操作とあまり変わりません。アプリ カタログ サイトを使用して、カスタム アプリやサード パーティ製のアプリをユーザー用のサイトにインストールするなどの操作を行うことができます (アプリ展開とも呼ばれます)。また、ユーザーからのアプリ要求を管理することもできます。

SharePoint Online のカスタム アプリを開発するためのオプションの詳細についてを参照してください: SharePoint 用アプリを構築するSharePoint ソリューションと比較した場合の SharePoint 用アプリします。

最初に作成されていない場合は、アプリ カタログ サイト コレクションを作成するのにはします。

内部のカスタム アプリを使用できるようにする予定はない、いなくてしてをアプリ カタログ サイト コレクションを作成するまで変更のような項目に SharePoint ストア用の購入設定を操作できません。アプリ カタログ サイト コレクションが、SharePoint Online テナントあたり 1 つだけおよび作成に 1 回だけができます。

  1. グローバル管理者または SharePoint 管理者として Office 365 にサインインします。

  2. 左上隅にあるアプリ起動ツールのアイコン 選択内容に応じて複数のアプリケーション タイルを示すボタン クリックを表す、ワッフルのようなアイコン。 を選択して、[管理者] を選択し、Office 365 管理センターを開きます ([管理者] タイルが表示されない場合は、組織の Office 365 管理者の権限がありません)。

  3. 左のウィンドウで、[管理センター]、[SharePoint] の順に選択します。

  4. 左側のウィンドウでアプリを選択し、[アプリ カタログ] を選びます。

  5. アプリ カタログ サイトに表示されない場合は、新しいアプリ カタログ サイトの作成] を選択し、[ ok]をクリックします。

    [新しいアプリ カタログ サイトを作成する] が選択された [アプリ カタログ サイト] ダイアログ ボックス
  6. [新しいアプリ カタログ サイトを作成する] ページで必須の情報を入力し、[OK] をクリックします。

    [アプリ カタログの作成] ダイアログ ボックス

ページの先頭へ

作成した後、アプリ カタログ サイトに移動して、1 ~ 4 を前のセクションの手順に従います。アプリ カタログには、表示するを少し時間がかかります。アプリ カタログ サイトは、Office 用アプリを SharePoint ドキュメント ライブラリとサイトのユーザーからのアプリ要求を追跡するリストのアプリのドキュメント ライブラリがあります。

アプリ カタログ サイトのホーム ページのスクリーンショット

  1. アプリ カタログ サイトのホーム ページで、アップロードするアプリの種類に応じて [SharePoint 用アプリの配布] または [Office 用アプリの配布] のいずれかのラベルの付いたタイルをクリックします。

    [SharePoint 用アプリの配布] が強調表示されたアプリ カタログ タイルの概要。
  2. 新規] を選択し、アップロードすると、またはアプリをライブラリにドラッグしアプリを参照します。

    新しいボタンが強調表示された SPO の SharePoint アプリ カタログ

    注: によっては、アプリを提供する機能、開発者は、アプリを組織内ですべてのサイトで使用できるようにすることができますのフラグを設定できます。アプリでは、何かをビルドする場合 (たとえば、その新しいリストを作成)、すべてのサイトを使用できることができないようにして展開することで、次のセクションで説明するよう「カスタム アプリを展開します」する必要があります。一般に展開する前にテスト ソリューション常に勧めします。"を信頼しますか] ダイアログ ボックスが表示される場合は、アプリをアップロードしてするアプリを組織のすべてのサイトで使用できるように、組織内のすべてのサイトに使用可能なソリューションを、オンにし、[配置] をクリックします。

  3. サイトの所有者を特定して、アプリを使うには、右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

    アプリが選択された SharePoint 用アプリのアプリ カタログ
  4. フォームで、プロパティ] ダイアログのアプリの名前を変更して、説明、画像、カテゴリ、publisher、省略可能な情報を入力して URL をサポートできます。詳細については、画像のサイズのような画面に指示します。

  5. ユーザーがサイトにこのアプリを追加できるように、[有効] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

  6. 表示されたら、[ホスティング ライセンス] ボックスで、必要なライセンスの数を指定します。

  7. [保存] を選びます。

注: サード パーティ製のアプリをユーザーが見つけてインストールできるようにしたい場合、それらのユーザー用のサイト ライセンスを購入すればよいだけです。 サード パーティ製アプリのサイト ライセンスを SharePoint ストアから購入すると、そのアプリは自動的に [追加できるアプリ] の下に表示されるようになります。

ページの先頭へ

すべてのユーザーに、アプリを使用する場合は、特定のサイト コレクション、管理パス、またはサイト テンプレートに展開することができます。ユーザーが使用できるように使用するためのサイトでそのアプリをインストールする基本的にアプリを展開します。サイトのサイト コンテンツ] ページに配置されたアプリが表示されます。

サード パーティ製のアプリを展開するか、カスタム アプリを展開することができます。

サード パーティ製のアプリを展開する   

サード パーティ製のアプリのサイト ライセンスを購入した場合、ユーザーが [追加できるアプリ] でアプリを参照すると、自動的にユーザーがアプリをインストールできるようになります。

アプリが強調表示された [追加できるアプリ] ダイアログ ボックス

ただし、ユーザーが見つけてインストールしなくとも、アプリを使用できるようにする場合は、アプリを展開することができます。

  1. アプリをまだ購入していな場合、まず購入する必要があります。購入方法の詳細については、「SharePoint ストアからアプリを購入する」を参照してください。

  2. アプリ カタログ サイトで、 Office 365 の [設定] ボタン設定] をクリックし、[アプリの追加] をクリックします。

  3. 追加するアプリを選び、メッセージが表示されたら [信頼する] をクリックします。

    [信頼する] が選択されたアプリの信頼を確認するダイアログ ボックス
  4. [サイト コンテンツ タイプ] ページで、展開したいアプリを見つけます。

  5. アプリの横にある省略記号 (...) を選択し、吹き出しの中でもう一度省略記号 (...) を選択してメニューを表示し、[展開] を選択します。(一部のアプリでは、[展開] コマンドが最初の吹き出しに表示されることがあります)。
    [展開] コマンドはアプリ カタログ サイトのプロパティの吹き出しで使うことができます。

  6. [アプリ展開の管理] ページで、アプリの展開先の各サイト コレクションの URL の種類を入力し、[追加] をクリックしてリストに追加します。

  7. [管理パス] セクションで [追加] ボタンを使い、このアプリを使えるようにする管理パスを指定します。

  8. [サイト テンプレート] セクションで [追加] ボタンを使い、このアプリを使えるようにするサイト テンプレートを指定します。

  9. [OK] を選びます。

  10. アプリを信頼するためのメッセージが表示されたら、[信頼する] をクリックします。

ページの先頭へ

カスタム アプリを展開する   

カスタム アプリをアプリ カタログにアップロードすると、そのアプリは自動的に [組織から] の下に表示されるようになり、ユーザーはここから参照してインストールできます。 しかし、サイト ユーザーがインストールする必要がなく使えるようにしたい場合、アプリを展開できます。

  1. カスタム アプリを展開するには、前にまずアプリ カタログ サイトにアップロードする必要があります。これを実行する方法について具体的な手順については、アプリ カタログ サイトにカスタム アプリを追加、前のセクションを参照してください。

  2. アプリをアップロードした後に、アプリ カタログ自体の [サイト コンテンツ] ページに表示されるように、そのアプリをアプリとしてアプリ カタログ サイトに追加する必要があります。アプリ カタログ サイトで、[設定 Office 365 の [設定] ボタン ] に移動して、[アプリの追加] をクリックします。

  3. 追加するアプリを選択し、メッセージが表示されたら [信頼する] をクリックします。

    [信頼する] が強調表示された [信頼する] ボタン
  4. [サイト コンテンツ タイプ] ページで、展開したいアプリを見つけます。

  5. アプリの横にある省略記号 (...) をクリックし、吹き出しの中でもう一度省略記号 (...) をクリックしてメニューを表示し、[展開] をクリックします。(一部のアプリでは、[展開] コマンドが最初の吹き出しに表示されることがあります)。
    [展開] コマンドはアプリ カタログ サイトのプロパティの吹き出しで使うことができます。

  6. [アプリ展開の管理] ページで、アプリの展開先の各サイト コレクションの URL の種類を入力し、[追加] をクリックしてリストに追加します。

  7. [管理パス] セクションで [追加] ボタンを使い、このアプリを使えるようにする管理パスを指定します。

  8. [サイト テンプレート] セクションで [追加] ボタンを使い、このアプリを使えるようにするサイト テンプレートを指定します。

  9. [OK] をクリックします。

  10. アプリを信頼するためのメッセージが表示されたら、[信頼する] をクリックします。

    注記: 

    • アプリが展開されるまで、30 分ほどかかることがあります。

    • コマンドを追加するアプリをドキュメント ライブラリまたはリストのアイテムの吹き出しに展開した場合、これらのコマンドがユーザーに表示されます。ただし、カスタム リボン コントロールを機能させるアプリまたはアプリ パーツを展開する場合、アプリのユーザー インターフェイス コマンドを表示するには、追加の手順が必要になることがあります。

ページの先頭へ

特定のアプリをユーザーがインストールできるようにする必要がなくなったら、そのアプリをアプリ カタログから削除できます。 ユーザーがサイトにすでに追加したアプリのインスタンスは残りますが、そのアプリはユーザーがその他のサイトに追加することはできなくなります。

  1. アプリ カタログ サイトの [SharePoint 用アプリ] ボックスの一覧をクリックします。

  2. 削除して、[削除] をクリックするアプリを右クリックします。

  3. 表示されるダイアログ ボックスで、[OK] をクリックし、その項目をサイトのごみ箱に送ることを確認します。

ページの先頭へ

参照資料

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×