アプリケーションの自動修復機能について

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Office 2003 に含まれていたアプリケーションの自動修復機能は、2007 Microsoft Office system では Microsoft Office 診断プログラムに置き換えられました。この新しいプログラムには、テストと修復のための広範囲の機能が含まれています。

Microsoft Office 診断プログラムを実行する

使用している 2007 Microsoft Office system アプリケーション

Office プログラムを実行することができない場合に Office 診断プログラムを実行する方法は?

Access

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、[Access のオプション] をクリックします。

  2. [リソース] をクリックします。

  3. [診断] をクリックし、[続行] をクリックします。次に、[診断の開始] をクリックします。

ページの先頭へ

Excel

  1. Microsoft Office ボタン Office ボタンの画像 をクリックし、次に [Excel のオプション] をクリックします。

  2. [リソース] をクリックします。

  3. [診断] をクリックし、[続行] をクリックします。次に、[診断の開始] をクリックします。

ページの先頭へ

InfoPath の場合

  1. [ヘルプ] メニューの [Office の診断] をクリックします。

  2. [続行] をクリックし、[診断の開始] をクリックします。

ページの先頭へ

OneNote の場合

  1. [ヘルプ] メニューの [Office の診断] をクリックします。

  2. [続行] をクリックし、[診断の開始] をクリックします。

ページの先頭へ

Outlook の場合

  1. [ヘルプ] メニューの [Office の診断] をクリックします。

  2. [続行] をクリックし、[診断の開始] をクリックします。

ページの先頭へ

PowerPoint

  1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[PowerPoint のオプション] をクリックします。

  2. [リソース] をクリックします。

  3. [診断] をクリックし、[続行] をクリックします。次に、[診断の開始] をクリックします。

ページの先頭へ

Project の場合

  1. [ヘルプ] メニューの [Office の診断] をクリックします。

  2. [続行] をクリックし、[診断の開始] をクリックします。

ページの先頭へ

Publisher の場合

  1. [ヘルプ] メニューの [Office の診断] をクリックします。

  2. [続行] をクリックし、[診断の開始] をクリックします。

ページの先頭へ

SharePoint Designer の場合

  1. [ヘルプ] メニューの [Office の診断] をクリックします。

  2. [続行] をクリックし、[診断の開始] をクリックします。

ページの先頭へ

Visio の場合

  1. [ヘルプ] メニューの [Office の診断] をクリックします。

  2. [続行] をクリックし、[診断の開始] をクリックします。

ページの先頭へ

Word

  1. Office ボタンの画像 (Microsoft Office ボタン) をクリックし、[Word のオプション] をクリックします。

  2. [リソース] をクリックします。

  3. [診断] をクリックし、[続行] をクリックします。次に、[診断の開始] をクリックします。

ページの先頭へ

Office を実行できない場合に Office 診断プログラムを実行する

必要な場合は、Office 診断プログラムを [スタート] メニューから実行することができます。

  • Microsoft Windows の [スタート] ボタンをクリックし、[すべてのプログラム] をポイントします。次に、[Microsoft Office] をポイントし、[Microsoft Office ツール] をポイントして、[Microsoft Office 診断プログラム] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×