アニメーションの軌跡を追加する

PowerPoint for Office 365, PowerPoint 2019, PowerPoint 2016, PowerPoint 2013, PowerPoint 2010

アニメーションの軌跡効果を適用すると、スライド オブジェクトを連続的に動かして、効果的にプレゼンできます。

たとえば、右側の飛行機 (下図) は飛行機の出発点を表し、2 機の飛行機の間の点線は、アニメーション再生時に飛行機がたどる道筋を表しています。 左側の透明な画像は、アニメーションの軌跡の実行後、最終的に飛行機が表示される場所です。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
1:14
Office 365 サブスクライバーには、軌跡に基づくアニメーションの簡単なオプションがあります。変形

オブジェクトにアニメーションの軌跡を適用する

"湾曲カーブ (左)" アニメーションの軌跡

  1. アニメーションを設定するオブジェクトをクリックします。

  2. [アニメーション] タブで [アニメーションの追加] をクリックします。

    [アニメーションの追加]

  3. [アニメーションの軌跡] を下にスクロールして、いずれかを選択します。

    アニメーションの軌跡までスクロール ダウン

    ヒント:   [ユーザー設定パス] オプションを選択した場合は、オブジェクトがたどる軌跡を描画します。

    独自のパスを作成する

    ユーザー設定パスの描画を中止するには、Esc キーを押します。

アニメーションの軌跡の詳細オプション

  1. ギャラリーの下までスクロールしても設定したいアニメーションの軌跡が見つからない場合は、[その他のアニメーションの軌跡] をクリックします。

    その他のアニメーションの軌跡

    アニメーションをクリックすると、オブジェクトがスライド上でどう動くかをプレビューで確認できます。

    アニメーションの軌跡をクリック

  2. 設定したいアニメーションの軌跡を選んだら、[OK] をクリックします。

    アニメーションを削除するには、スライドで、アニメーションの軌跡 (矢印の付いた点線) をクリックして、Delete キーを押します。

    アニメーションの軌跡をクリックして Delete キーを押す

アニメーションの軌跡を編集する

  1. アニメーションの軌跡の向きの変更や、アニメーションの軌跡の個々のポイントの編集、アニメーションのロック (他のユーザーが変更できないようにする) やロックの解除などを行うには、[効果のオプション] をクリックします。

    アニメーションの軌跡の編集

  2. アニメーションの軌跡をプレビューで確認するには、スライドでオブジェクトをクリックして、[アニメーション]、[プレビュー] の順にクリックします。

    ヒント:   [プレビュー] は、左端の [ファイル] タブのすぐ下の [アニメーション] タブにあります。

    [プレビュー] をクリック

オブジェクトにアニメーションの軌跡を適用する

アニメーションの軌跡 をオブジェクトに適用する前に、画像やクリップ アートなどのオブジェクトをスライドに追加する必要があります。背景が透明なクリップ アートまたは画像を選択します。アニメーションの軌跡を適用すると、クリップ アートはスライドで単一のオブジェクトとして移動しているように表示されるからです (背景がない場合)。

オンラインでクリップ アートや画像を検索する場合は、Bing にリダイレクトされます。ユーザーの責任において著作権を遵守してください。また、使用する画像を選ぶときに、Bing のライセンス フィルターが役立ちます。

SmartArt グラフィックにアニメーション効果を適用するには、「SmartArt グラフィックにアニメーションを設定する」を参照してください。

  1. スライドにオブジェクトを追加したら、スライド上の、オブジェクトの移動を開始する位置までオブジェクトをドラッグします。

  2. オブジェクトをクリックします。

  3. [アニメーション] タブの [アニメーション] グループで、[アニメーション​​の設定] をクリックします。

  4. [アニメーション​​の設定] 作業ウィンドウで、[効果の追加] をクリックし、[アニメーションの軌跡] をポイントし、[軌跡を描画する] をポイントし、[フリーハンド] をクリックします。

    ポインターがペンに変わります。

  5. クリップ アートまたはその他のオブジェクトから、スライド上でオブジェクトがたどる軌道を描画して、オブジェクトの移動を停止する位置でクリックします。

1. 4 番目のアニメーション効果が適用されるクリップ アート オブジェクト

2. アニメーションの軌跡

3. 最初の箇条書きテキストに適用される開始アニメーション効果

4. 最初の箇条書きテキストに適用される終了アニメーション効果

5. 2 番目の箇条書きテキストに適用される開始アニメーション効果

6. 2 番目の箇条書きテキストに適用される終了アニメーション効果

アニメーションの軌跡を描画する

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×