アニメーションの軌跡を使って独自のアニメーションを作成する

使用しているブラウザーではビデオがサポートされていません。Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

冒険好きなタイプの方なら、アニメーションの軌跡を多用して、素晴らしいプレゼンテーションを作成してみてはいかがでしょうか。一度コツをつかめば、まったく難しくありません。

アニメーションの軌跡でカスタマイズする

アニメーションの軌跡を多用して、素晴らしいプレゼンテーションを作成してみてはいかがでしょうか。

[アニメーション] タブで、[アニメーション ギャラリー] の [その他] をクリックして、[アニメーションの軌跡] で次のいずれかの操作をします。

  • [直線]、[アーチ]、[ターン]、[図形]、または [繰り返し] をクリックします。選択した軌跡は、選択したオブジェクトまたはテキスト上で点線として表示されます。緑色の矢印は、軌跡の始まりを示し、赤色の矢印は終わりを示します。どちらかの矢印をドラッグして、目的のエンドポイントに配置します。

  • [ユーザー設定パス] をクリックします。アニメーションの軌跡を開始する場所をクリックすると、ポインターが十字形として表示されます。

接続した直線の軌跡を描くには、   アニメーションの軌跡を開始する位置をクリックします。ポインターを移動させてクリックすると、クリックした 2 点の間に直線が作成されます。別の線を描画するには、ポインターを移動させて再びクリックします。線の描画を中止するには、ダブルクリックします。

フリーハンドの軌跡を描画するには、   軌跡を開始する位置をクリックします。マウスの左ボタンを押しながら、オブジェクトを移動させる軌跡上にポインターを移動させます。軌跡の最後のエンドポイントでダブルクリックします。

好奇心のあるかたは、たくさんのアニメーションの軌跡アニメーションを使ってすばらしいプレゼンテーションを作成できます。

こつさえつかめばそれほど難しくはありませんが、最初は簡単なものから始めてみましょう。

"背後の図形 1" という名前の図形をクリックします。

[スライドイン] のような開始アニメーションを追加する場合、図形が終了する場所と、

[効果のオプション] で [方向] と [連続] を指定できます。

図形が開始する場所とその軌跡は指定できません。

これを行うにはアニメーションの軌跡を使います。[アニメーションの軌跡] に移動し、[直線] をクリックします。

これがアニメーションの軌跡です。直線が軌跡を表します。

緑の矢印は図形が開始する場所を示し、赤の矢印は図形が終了する場所を示します。

軌跡を選択します。この半透明の図形は最終地点の図形を表しています。

赤の矢印をドラッグして、最終地点を "前面の図形" の上に重ねます。

次に、アニメーションをプレビューします。1 つ目の図形は 2 つ目の図形の背後に移動します。

アニメーションの軌跡は大いに楽しめます。

他の軌跡も試してみてください。[アーチ] や [ループ] などもあります。

独自のアニメーションの軌跡を作成したい場合は [ユーザー設定パス] をクリックします。

前のスライドに戻り、"背後の図形 2" にアニメーションの軌跡を追加してみましょう。

[アニメーションのコピー/貼り付け] を使ってアニメーションをコピーします。

次に、アニメーションの軌跡を選び、その最終地点を "前面の図形" の上に移動します。

アニメーションをプレビューします。

アニメーションは問題ありませんが、"背後の図形 2" が一番上に配置したい図形の上に重なって終わっています。

これは、アニメーションのカスタマイズでよく発生する問題ですが、簡単に修正できます。

図形を右クリックし、[最背面へ移動]、[背面へ移動] の順にクリックします。

それでは、アニメーションをプレビューしてみましょう。

これで希望どおりになりました。

ご覧のとおり、スライドのすべてのオブジェクトは階層化されています。

図形を背面に移動して、"前面の図形" の背後にある層に図形を移動しました。

ここで、アニメーションをカスタマイズするためのもう 1 つの方法をご紹介します。

このボールの図形には 2 つのアニメーションが含まれています。図形を水平に移動するアニメーションの軌跡と、

ボールが移動しながら転がっているように見える [スピン] アニメーションです。

複数のアニメーションを 1 つのオブジェクトに追加するには、このギャラリーで 1 つ目のアニメーションを選び、

次に、[アニメーションの追加] をクリックして他のアニメーションを追加します。

それらのアニメーションの効果とタイミングのオプションも必ず追加してください。

ここでは、アニメーション ウィンドウからダイアログ ボックスを開いてみましょう。

アニメーションの横にある矢印をクリックし、[効果のオプション] をクリックします。

アニメーションに [オートリバース] を追加して、オブジェクトが元の位置に戻るようにしました。

これで、PowerPoint でアニメーションを使い始めるために必要なことはすべて学習しました。

アニメーションを理解する最も良い方法は、自分でいろいろ試してみることです。

詳細については、コースのまとめに記載されているリンクを確認してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×