アップロード センターで競合を解決する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

作業中のサーバー文書に対して別のユーザーが変更を加えた場合、ファイルをアップロードしようとしたときにエラー通知を受け取ることがあります。この状況が発生し、サーバーでの変更をローカル コピーに反映できない場合、[競合の解決] ウィンドウを使って、保持するファイルのバージョンを表示して選べます。

[競合の解決] ウィンドウを開くには、[Microsoft Office アップロード センター] でファイルの [解決] メニューの [選択] をクリックします。その後、次のオプションから選べます。

  • サーバー側バージョンの保持    ファイルのコピーに加えた変更を破棄します。次回そのファイルを開いたときは、サーバー バージョンが開かれます。

  • 自分のバージョンの保持    サーバー バージョンのファイルに自分が加えた変更を反映します。

  • 両方のバージョンの保持    自分が加えた変更内容のコピーをバックアップとして保存し、サーバー バージョンのファイルを開きます。

  • 自分のコピーを表示    自分のバージョンのファイルを [読み取り専用] で開いて表示できるため、保持するバージョンを選ぶ際に便利です。

  • サーバー側のコピーを表示    サーバー バージョンのファイルを [読み取り専用] で開いて表示できるため、保持するバージョンを選ぶ際に便利です。

注: 比較と反映がサポートされていない Microsoft Office ファイルを開いて編集する場合、そのファイルは他の作成者が変更できないようにロックされます。これにより、アップロード エラーが発生しません。ただし、サーバーから切断されたり、切断されているときに [アップロード センター] からファイルを開くと、このロックが解除されることがあります。この結果、他のユーザーがファイルを編集できるようになり、このエラーが発生します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×