アップサイジング ウィザードを使用して Access データを SQL Server データベースに移動する

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

、時間経過ほとんどのデータベース アプリケーション拡大、より複雑になります、その他のユーザーをサポートする必要があります。Microsoft Office Access アプリケーションの生活の中である時点でパフォーマンス、スケーラビリティ、空き時間情報、セキュリティ、信頼性、および修復が可能に最適化するために Microsoft SQL Server データベースにしてアップサイジングを検討してくださいする可能性があります。

この記事の内容

Microsoft Office access のアップサイジングについて

アップサイジング ウィザードを使用します。

データベース オブジェクトをアップサイズ方法

Microsoft Office access のアップサイジングについて

アップサイジングは、Access データベースから新規または既存の SQL Server データベースや新しい Access プロジェクト (.adp) への一部またはすべてのデータベース オブジェクトの移行のプロセスです。

アップサイジング SQL Server データベースの利点

  • 優れたパフォーマンスとスケーラビリティ   多くの場合は、SQL Server は、Access データベースをよりも優れたパフォーマンスを提供します。SQL Server も、サポート非常に大きな、t バイト規模のデータベースは 2 ギガバイトの Access データベースの現在の制限よりも大きくします。並列 (ユーザーの要求を処理する単一のプロセス内の複数のネイティブ スレッドを使用して) クエリの処理で SQL Server が最後に、非常に効率的には、その他のユーザーが追加される他のメモリ要件を最小化します。

  • 可用性の向上   SQL Server では、増分または完了すると、使用中にデータベースの動的のバックアップを実行することができます。そのため、データをバックアップするデータベースを終了するようにする必要はありません。

  • 改良されたセキュリティ   信頼されている接続を使用して、SQL Server できます統合と、データベースのネットワークに 1 つの統合されたアクセスを提供する Windows システムのセキュリティと最大限に活用両方のセキュリティ システムします。これによりも簡単に複雑なセキュリティ設定を管理します。

  • すぐに修復が可能   システムに失敗した場合 (オペレーティング システムのクラッシュなどまたは停電)、SQL Server では、自動回復メカニズムなしのデータベース管理者による操作で、数分での一貫性の最後の状態にデータベースを復元します。

  • サーバー ベースの処理   クライアント/サーバー構成で SQL Server を使用すると、クライアントに結果を送信する前に、サーバー上のデータベースのクエリを処理することによってネットワーク トラフィックが減少します。大量のデータ セットを操作する場合は特に、処理を実行するサーバーは通常より効率的なです。

    アプリケーションも使えますユーザー定義関数、ストアド プロシージャ、およびトリガーを一元管理して、アプリケーション ロジック、ビジネス ルールとポリシー、複雑なクエリ、データの入力規則、参照整合性コードではなく、サーバー上の共有、クライアントします。

アップサイズする方法

アップサイジング ウィザードはデータベース オブジェクトと含まれているデータを新規または既存の SQL Server データベースを Access データベースから移動します。

アップサイジング ウィザードを使用する 3 つの方法があります。

  • アップサイズ Access データベースからのすべてのデータベース オブジェクトを Access には、クライアント/サーバー アプリケーションを作成できるようにするプロジェクトします。この方法では、一部の他のアプリケーションの変更やコードと複雑なクエリの変更が必要です。

  • データのみをアップサイズまたは SQL Server データベースを Access データベースからデータ定義します。

  • Access データベースを作成する SQL Server データベース バックエンド フロント エンドのフロントエンド/バックエンド アプリケーションを作成できるようにします。この方法では、コードを使用して Access データベース エンジン (ACE) があるために、ほとんどのアプリケーションの変更が必要 します。

Access データベースをアップサイズする前に

アップサイズする前に、SQL Server データベースまたは Access プロジェクトを Access データベースは、次の操作を検討してください。

  • データベースをバックアップします。    アップサイジング ウィザードで、データを削除しないか、データベースのオブジェクト、Access データベースからを作成することをお勧めですが、バックアップ コピー アップサイズする前に、access のします。

  • 十分なディスク領域があることを確認    されたデータベースが含まれているデバイスに十分なディスク領域が必要です。アップサイジング ウィザードは、十分なディスク容量が提供されている場合に適しています。

  • 一意なインデックスを作成します。    リンク テーブルには、一意なインデックス、Access で更新する必要があります。アップサイジング ウィザードでは、一意なインデックスをアップサイズことができますが、存在しない場合は作成できません。テーブルを更新することができる場合は、一意なインデックスをアップサイジングする前に、Access のテーブルに追加することを確認します。

  • SQL Server データベースに適切な権限を割り当てください。

    • 既存のデータベースにアップサイズ、テーブルの作成し、作成の既定のアクセス許可が必要です。

    • 新しいデータベースを作成するには、するデータベースを作成するアクセス許可などとマスターのシステム テーブルに対するアクセス許可が必要データベース。

Microsoft SQL Server 2000 と SQL Server 2005 を操作するのには、Access 2007 のアップサイジング ウィザードが最適です。

ページの先頭へ

アップサイジング ウィザードを使用します。

  • [データベース ツール] タブの [データの移動] で、[ SQL Server] をクリックします。

    アップサイジング ウィザードを開始します。

手順 1: は、既存のデータベースまたは新しいデータベースにアップサイズ選択します。

手順 2: アップサイズするテーブルを選択します。

手順 3: 属性と拡張するためのオプションを指定します。

手順 4: 選択アップサイズする方法、アプリケーション

アップサイジング ウィザードのレポート

手順 1: は、既存のデータベースまたは新しいデータベースにアップサイズ選択します。

ウィザードの最初のページでは、既存の SQL Server データベースを Access データベースをアップサイズに挿入するか、新しい SQL Server データベースを作成するかどうかを指定します。

  • 既存のデータベースを使用します。   場合は、このオプションを選択してから、[次へ] をクリックしては、既存の SQL Server データベースへの ODBC 接続を作成できるように、[データ ソースの選択] ダイアログ ボックスが表示されます。

    ODBC データ ソースについて

    データ ソースとは、データのソースのデータにアクセスするために必要な接続情報と組み合わせて使用します。データ ソースには、Access、SQL Server、Oracle RDBMS、スプレッドシート、およびテキスト ファイルがあります。接続情報の例には、サーバーの場所、データベース名、ログイン ID、パスワード、およびデータ ソースに接続する方法を説明する ODBC ドライバーのさまざまなオプションが含まれます。

    ODBC アーキテクチャで (Access または Microsoft Visual Basic プログラム) などのアプリケーションを接続する、ODBC ドライバー マネージャーを使用します (たとえば、Microsoft SQL ODBC ドライバー) の特定の ODBC ドライバー (この場合は、SQL Server でデータ ソースに接続するにはデータベースの場合)。Access では、組み込みのドライバーがないへのアクセスに外部データ ソースに接続する ODBC データ ソースを使用します。

    これらのデータ ソースに接続するには、次の操作を行う必要があります。

    • データ ソースが含まれているコンピューターに、適切な ODBC ドライバーをインストールします。

    • Microsoft Windows レジストリまたは DSN ファイルに接続情報を保存するために ODBC データ ソース アドミニストレーターを使用するか、接続情報を ODBC ドライバー マネージャーに直接渡すための Visual Basic コードの接続文字列を使用して、データ ソース名 (DSN) を定義します。

      マシン データ ソース

      データ ソースのコンピューターでは、ユーザー定義の名前を持つ特定のコンピューターで Windows レジストリに接続情報を格納します。データ ソースのコンピューターで定義されているコンピューターでのみ使用できます。コンピューターのデータ ソースの 2 種類があります: ユーザーとシステムします。ユーザーのデータ ソースでは、現在のユーザーのみで使用できるし、そのユーザーにのみ表示されます。システム データ ソースでは、コンピューター上のすべてのユーザーによって利用され、システムのサービスとコンピューターのすべてのユーザーに表示されます。コンピューターのデータ ソースは、ログオンしているユーザーのみがコンピューターのデータ ソースを表示し、リモートのユーザーが別のコンピューターにコピーできないために、セキュリティを強化を入力するときに便利です。

      ファイル データ ソース

      ファイルのデータ ソース (DSN ファイルとも呼ばれます) では、Windows レジストリではなく、テキスト ファイルに接続情報を格納し、コンピューターのデータ ソースを使用するより柔軟な一般には、します。などのアプリケーションに使用できるすべてのコンピューターに一貫性があり、正確な接続情報に関数を使用して行うことは、正しい ODBC ドライバーを持つすべてのコンピューターにファイルのデータ ソースをコピーできます。または単一のサーバー上のファイルのデータ ソースの配置、多くのコンピューター、ネットワーク上の間で共有し、1 つの場所に接続情報を簡単に管理します。

      ファイルのデータ ソースが共有こともできます。共有不能なファイルのデータ ソースを 1 台のコンピューターが格納されているし、コンピューターのデータ ソースをポイントします。共有不能なファイルのデータ ソースを使用して、ファイルのデータ ソースからコンピューターの既存のデータ ソースにアクセスすることができます。

      接続文字列

      モジュールでは、接続情報を指定する書式設定された接続文字列を定義できます。接続文字列は直接 ODBC ドライバー マネージャーに、接続情報を渡すし、それをシステム管理者またはユーザー DSN を作成、データベースを使用する前に要件を削除すると、アプリケーションを簡素化します。

  • 新しいデータベースの作成   このオプションを選択してから、[次へ] をクリックして、新しい SQL Server データベースについての情報を入力するページが表示されます。

    • このデータベースの使用にどのような SQL Server を指定しては?    使用するには、サーバーの名前を入力します。

    • 信頼された接続を使用します。    信頼されている接続を使用することが、ネットワークとデータベースに 1 つのログを提供する Windows オペレーティング システムのセキュリティには、SQL Server を統合します。

    • ログイン ID とパスワード    信頼された接続を使っていない場合は、サーバー上でログイン ID およびデータベースの作成の権限を持つアカウントのパスワードを入力します。

    • 実行新しい SQL Server データベースに名前を付けるですか?    新しい SQL Server データベースの名前を入力します。Access は、既存のデータベースの名前と競合し、(たとえば、1 を指定する) 番号の付いたサフィックスを追加する場合は、名前を修正します。

セクションの先頭へ

手順 2: アップサイズするテーブルを選択します。

この手順では、SQL Server データベースにアップサイズする Access テーブルを選択します。アップサイズするテーブルを選択し、[矢印ボタンを使用してSQL Server へのエクスポートの一覧に移動します。または、相互に 1 つのリストから移動するテーブルをダブルクリックすることができます。

使用可能なテーブル一覧は、SQL Server データベースに既に SQL Server テーブル以外のすべてのリンク テーブルを示します。アップサイジングを自動的に選択されている SQL Server データベースをポイントしているリンク テーブルは、 SQL Server にエクスポートするリスト ボックスに表示され、削除できません。非表示のテーブルおよびシステム テーブルを含む、 ナビゲーション ウィンドウに現在表示されていないテーブルも除外します。

ヒント: "_Local"で終わる名前を含むすべてのテーブルは、できないことを防ぐために使用できるテーブルの一覧から除外されます。操作アップサイズする次の表もう一度場合、を行う前に、アップサイジング ウィザードをサフィックスを削除すると"_local"に変更します。

セクションの先頭へ

手順 3: 属性と拡張するためのオプションを指定します。

この手順では、SQL Server データベースにアップサイズするテーブルの属性を選択します。既定では、既定でアップサイジングのすべての属性が選択されます。

注: 既定では、アップサイジング ウィザード法的な SQL Server] フィールドに、Access のフィールド名を変換します。、Access のデータ型をサポート会社と同等の SQL Server データ型に変換します。

テーブルの属性アップサイズしますか。

次の表は、属性、アップサイズをアップサイジング ウィザードが 1 つずつを処理する方法について説明します。

属性

アクションが選択されている場合

インデックス

アップサイズすべてのインデックス。

アップサイジング ウィザードでは、SQL Server のインデックスをアクセスの主キーを変換し、それらを SQL Server の主キーとしてマークします。Access データベースにアップサイズ SQL Server テーブルをリンクする場合は、アップサイジング ウィザードは、「とおりです。」プレフィックスをインデックス名も追加されます。主キーとして使用できるインデックスのリストをアルファベット順で最初にあるインデックスが選択され、「とおりです。」プレフィックスにより、適切なインデックスが選択されているためにです。

その他のすべてのインデックスには、無効な文字が「_」の文字を置き換えを除く、その名前が保持されます。SQL Server のインデックスが一意で一意でないアクセス インデックスが一意で一意でないようになりました。

リンク テーブルには、一意なインデックス、Access で更新する必要があります。アップサイジング ウィザードでは、一意なインデックスをアップサイズことができますが、存在しない場合は作成できません。場合は、アップサイジング後に、テーブル内のデータを更新することは、確認アップサイジングする前に、Access のテーブルに一意のインデックスを追加します。

入力規則

アップサイズ、次の更新やトリガーを挿入します。

  • すべてのフィールドのために必要なプロパティ

  • テーブルの入力規則

  • レコードの入力規則

  • フィールドの入力規則

トリガーは、一連の SQL Server テーブルに関連付けられている TRANSACT-SQL ステートメントです。テーブルは、次の 3 つのトリガー、テーブル内のデータを変更することのできるコマンドごとに 1 つを持つことができます: 更新、挿入、および削除コマンド。トリガーは、コマンドが実行されると、自動的に実行されます。アップサイジング ウィザードは、SQL Server のルールはカスタム エラー メッセージを表示するのにことを許可されていないために、フィールドのレベルの入力規則を適用するために、SQL Server のルールではなく、トリガーを使用します。

それぞれの入力規則でない対トリガーではありません。それぞれの入力規則が複数のトリガーの一部になる場合があり、各トリガーのいくつかの入力規則の動作をエミュレートするコードを含むことがあります。

Access のフィールドのために必要なプロパティを true に設定するときにユーザーことはできませんレコードを挿入し、必須フィールド (既定のフィールドに連結がない場合) は、null のままにしたり、フィールドには、null レコードを更新します。必要なフィールドとは、SQL Server の Null 値を許可しないフィールドにアップサイズです。

テキストの入力規則

Access データベースの入力規則のテキストのプロパティは、Access プロジェクトのプロパティの入力規則のテキストに変換されます。これにより、アクセスわかりやすいエラー メッセージ実行時に制約違反発生時に表示します。

既定の設定

アップサイズ既定のオブジェクトの既定値のすべてのプロパティを標準協会 ANSI (米国)。

テーブル リレーションシップ

アップサイズ テーブルのすべてのリレーションシップ。

かを決定アップサイズ テーブルのリレーションシップを宣言参照整合性 (DRI) を使用して、更新、挿入、または削除トリガーを使用して、参照整合性します。DRI は、Access 参照整合性と同じ方法をベース テーブル (一対多のリレーションシップの「一」側) の主キーの制約と外部テーブル (通常は 1 対多のリレーションシップの「多」側) の外部キーの制約を定義することで動作します。

  • DRI を使用します。    参照整合性を適用するために DRI を使用するには、テーブルのリレーションシップDRIを選択します。Access データベースの列の入力規則は、次の表に示すように入力規則のメッセージの SQL Server DRI チェック制約に変換されます。

Access データベースのリレーションシップ

SQL Server の外部キー

Validatio n テキスト

連鎖更新

[削除アクションの更新プログラムの連鎖

"のレコードを削除できません < 外部テーブル > テーブルに関連するレコードが含まれているためです。"

連鎖削除

削除連鎖更新しないアクション

「できない追加または変更するレコードをテーブル < 主テーブル > に関連するレコードが必要であるためです。」

連鎖更新
と連鎖削除

更新連鎖上で削除連鎖

値が設定されていません。

DRI なし

[削除操作は [操作の更新しません。

追加、変更、または、テーブル < 主テーブル > と < 外部テーブル > の間のリレーションシップの制限の理由により、このレコードを削除することはできません。

  • トリガーを使用して    Access のテーブル間のリレーションシップの連鎖更新または削除を定義して、必要に応じて、アップサイズでは、この動作を保持する場合は、テーブルのリレーションシップトリガーを使用してを選択します。このアップサイズ カスケード更新するか参照整合性を適用するためにトリガーとして削除します。

    テーブル リレーションシップを必ずしも対トリガーではありません。各リレーションシップが複数のトリガーの一部になる場合があります。 または各トリガーのいくつかの参照整合性の動作をエミュレートするコードを含むことがあります。挿入トリガー子テーブルで使用され、削除トリガー親テーブルで使用します。

    注: Access では、SQL Server データベースのデータベース ダイアグラムを読み取る DRI が必要です。トリガーを使用して参照整合性を適用しながら読みデータベースへのアクセスを許可するには、アップサイジング ウィザードは、リレーションシップに dri が、外部キー制約のチェックをオフにします。

どのようなデータ オプションを含めるか。

  • タイムスタンプ フィールドのテーブルを追加します。   SQL Server は、一意の値フィールドを作成するレコードが更新されたときにこのフィールドを更新して、レコードが変更されたことを示すタイムスタンプ フィールド (ただし、変更されたときにありません) を使用します。リンク テーブルの場合、Access 内で値タイムスタンプ フィールドを更新する前に、レコードが変更されているかどうかを確認します。一般に、タイムスタンプ フィールドは、最高のパフォーマンスや信頼性を提供します。タイムスタンプ フィールドせずに SQL Server は必要がありますパフォーマンスが低下する特定のレコードが変更されたかどうかに、レコードのすべてのフィールドを確認してください。

    次の表では、ボックスの一覧で使用できる設定について説明します。

設定

説明

はい、ウィザードが決定できるように

浮動小数点数 (1 つまたは二重)、元の Access のテーブルを含むかどうかは、メモやOLE オブジェクトフィールド アップサイジング ウィザードでは、それらのフィールドに対して作成された SQL Server テーブルに新しいタイムスタンプ フィールドを作成します。

[はい、常に

アップサイジング ウィザードでは、どのような含まれているフィールドの種類に関係なくすべてアップサイズに対してタイムスタンプ フィールドを作成します。これにより、メモ型、OLE オブジェクト、または浮動小数点を含んでいない可能性がありますが、その他の種類のフィールドであるアップサイズ Access のテーブルのパフォーマンスが向上します。

いいえ

アップサイジング ウィザードは、タイムスタンプ フィールドをテーブルに追加されません。

重要: リンクの SQL Server テーブルのアクセスをすぎるネットワーク集中型と時間がかかるかどうかメモ型または OLE オブジェクト型フィールドが変更されたため、これらのフィールドのサイズと比較するに多くのメガバイト可能性がありますがある可能性を確認できません。このため、だけテキストまたは画像のフィールドが変更され、タイムスタンプ フィールドは、Access には、変更が上書きされます。また、浮動小数点型のフィールドの値は、ように変更されている、タイムスタンプ フィールドがない場合は、アクセス決定されていないときに、レコードが変更されていることに表示される場合があります。

  • テーブル構造を作成するのみ、すべてのデータはアップサイズしません。   アップサイズ既定では、すべてのデータを SQL Server します。テーブル構造の作成のみ、すべてのデータはアップサイズしない] チェック ボックスを選択すると、データ構造だけがアップサイズします。

セクションの先頭へ

手順 4: 選択アップサイズする方法、アプリケーション

ウィザードの次のページを選択アップサイズするさまざまな方法は次の 3 つのいずれかの Access データベース アプリケーションします。どのようなアプリケーションを変更することですか?、次のオプションのいずれかを選択します。

  • 新しい Access クライアント/サーバー アプリケーションを作成します。   このオプションを選択すると、アップサイジング ウィザードは、新しい Access プロジェクトを作成します。アップサイジング ウィザードは、現在の Access データベースの名前を既定値は、名前の入力を求める「座標系」サフィックスを追加し、既存の Access データベースと同じ場所にプロジェクトを保存します。

    アップサイジング ウィザードが、Access データベースから Access プロジェクトに、Access プロジェクト ファイル]、[すべてのデータベース オブジェクトをアップサイズを作成します。パスワードとユーザー ID を保存しない場合、[、Access プロジェクトでは、最初に開いた際が表示されますデータ リンク プロパティ] ダイアログ ボックスに SQL Server データベースに接続できるようにします。

  • 既存のアプリケーションにリンクの SQL Server テーブル   アップサイジング ウィザードには、このオプションを選択すると、クエリ、フォーム、レポート、およびデータ アクセス ページは、新しい SQL Server データベース内のデータではなく、Access データベース内のデータを使用できるように、Access データベースを変更します。アップサイジング ウィザード名前の変更のアクセス権をテーブルなアップサイズ接尾辞"_local"たとえば、テーブルをアップサイズ従業員の名前での表は、名前変更、Access データベース内の置き換え。次に、アップサイジング ウィザードでは、従業員の名前、リンクされている SQL Server テーブルを作成します。

    注: アップサイジング処理が完了した後に"_local"拡張子が付いた名前が変更されているテーブルは使用されません。ただしは、アップサイジングが成功したことを確認できるまで、ローカルのテーブルを保持することをお勧めします。後で、Access データベースのサイズを小さくためにローカルのテーブルを削除できます。含まれているテーブルを削除する前に、データベースをバックアップすることを確認します。

    元従業員テーブルに基づくクエリ、フォーム、レポート、およびデータのアクセス ページには、これで、リンクされている SQL Server [社員] テーブルが使用されます。元のローカル テーブル内のフィールドのプロパティの多くは、新しいテーブルに含め、説明キャプション書式設定定型入力、および桁数継承されます。

  • 変更なし   のみ、SQL Server データベースにデータをコピーするしていない既存の Access データベース アプリケーションにその他の変更を加える場合は、このオプションを選択します。

パスワードとユーザー ID を保存します。   既定では、アップサイジング ウィザードの既存のアプリケーションにリンク テーブルを作成またはユーザー名とパスワードを保存しないで Access プロジェクトを作成します。いるユーザーが表示されたら、ユーザー名とパスワードの SQL Server データベースにログオンするたびになります。

パスワードとユーザー ID を保存] をクリックした場合のログの記録せずに、ユーザーが SQL Server データベースに接続できます。Access クライアント/サーバー アプリケーションを新規作成] を選択する場合は、Access プロジェクトは OLE DB 接続文字列内のユーザー名のパスワードを保存します。

注: MSysConfテーブル拒否のパスワードを保存すると、リンクされている SQL Server テーブルが構成されている場合、このオプションは変更なし] オプションを無効にします。

アップサイジング ウィザードのレポート

終了日]をクリックしたときにアップサイジング ウィザードが作成されると、すべてのオブジェクトの詳細な説明を指定するレポートを作成し、プロセス中にエラーを報告します。アップサイジング ウィザードは、[印刷プレビューでは、レポートを表示およびを印刷または XPS] または [PDF ファイルとして、たとえば、レポートを保存できます。印刷プレビュー] ウィンドウを閉じると、レポートが Access オブジェクトとして保存されません。

アップサイジング ウィザードのレポートには、次の情報が含まれています。

  • アップサイズするように選んだアップサイジング パラメーター、どのようなテーブルの属性を含めて、どのようにするアップサイズします。

  • 名、データ型、インデックス、入力規則、既定値] の値を Access と SQL Server の比較を含む、テーブルの情報がトリガーし、タイムスタンプが追加されたかどうか。

  • エラーが発生、データベースまたはトランザクション ログの完全な不適切なアクセス許可、デバイスが作成されないデータベースなど、テーブル、既定では、または検証のルールをスキップ、リレーションシップは適用されません、クエリをスキップ (SQL Server の書式に変換できません)、およびフォームとレポートのコントロールとレコード ソースの変換エラー。

セクションの先頭へ

ページの先頭へ

データベース オブジェクトをアップサイズ方法

次のデータとデータベース オブジェクト アップサイズ キーを押します。

  • データおよびデータ型   すべての Access データベースのデータ型は、対応する SQL server に変換されます。ウィザードは、すべての文字列値に Unicode 文字列識別子を追加して、すべてのデータ型に Unicode n 接頭辞を追加して Access データベースのテキストを Unicode に変換します。

  • クエリ    

    • ORDER BY 句、またはパラメーターを持っていない選択クエリは、ビューに変換されます。

    • アクション クエリは、ストアド プロシージャのアクション クエリに変換されます。Access では、ストアド プロシージャが実行されるかどうかを確認するパラメーター宣言コードの後に NOCOUNT の設定を追加します。

    • のみパラメーターまたは ORDER BY 句を使用するテーブル (クエリの基本とも呼ばれます) を参照する選択クエリは、ユーザー定義関数に変換されます。必要に応じて、上位 100% 句は、ORDER BY 句を含むクエリに追加されます。

    • 名前付きのパラメーターを使用するパラメーター クエリでは、Access データベースで使用されている元のテキストの名前の管理され、ストアド プロシージャまたはユーザー定義関数の本文中に変換されます。

      注: クエリを行った、アップサイズ SQL パススルー クエリ、データ定義クエリとクロス集計クエリを手動で変換する必要があります。また、すぎてにネストされているクエリを手動でアップサイズする必要があります。

  • フォーム、レポート、およびコントロール   フォーム、レポート、またはコントロールのレコード ソースControlsSource値集合ソース] プロパティで SQL ステートメントでは、場所に保存され、ストアド プロシージャまたはユーザー定義の関数に変換されません。

  • スタートアップ プロパティ   アップサイズ スタートアップのプロパティ:

    示します
    ステータス
    して
    AllowFullMenus
    AllowBuiltInToolbars

    AllowSpecialKeys
    UseAppIconForFrmRpt
    入った
    AppTitle
    フォーム
    設定値
    設定

  • モジュールとマクロ   アップサイジング ウィザードでは、モジュール、またはマクロは何も変更されません。SQL Server の機能を最大限に活用するアプリケーションを変更する必要があります。詳細については、MSDN の記事を最適化する Microsoft Office Access アプリケーションにリンクされている SQL Serverを参照してください。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×