アクティビティ図で判断を示す

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

  1. activity diagramで、図面ページに [判断] 図形をドラッグします。

  2. 名前およびその他のプロパティ値を追加するには、[判断] 図形をダブルクリックします。

  3. 判断図形で判断が発生したaction stateを接続するのにには、制御フロー ] 図形を使用します。接続ポイント 接続ポイントの画像 - 青い X 操作の状態] 図形に矢印がない制御フロー ] 図形の端点を接着し、矢印、[判断] 図形の接続ポイントがある制御フローの端点を接着します。

  4. 判断の結果発生する可能性がある動作に [判断] 図形を接続するには、[制御フロー] 図形を使用します。[判断] 図形の接続ポイントに [制御フロー] 図形の矢印がない端点を接着し、判断の結果発生する動作状態の接続ポイントに矢印がある端点を接着します。

  5. 結果の意思決定の個々 の制御フローをダブルクリックします。UML 遷移プロパティ] ダイアログ ボックスで、画面切り替え] をクリックします。保護を選択、言語] を選択し、本文の警備隊条件を入力します。[Ok]をクリックします。

ひし形を使って判断するポイントを示す

ガード条件は、判断の結果によって各動作状態が発生する条件を示します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×