アクティビティのポリシーおよび Office 365 クラウド アプリのセキュリティの警告

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Office 365 の高度なセキュリティ管理がOffice 365 Cloud App Securityされます。

評価   >

計画   >

展開   >

使用率   

評価します。

計画を開始します。

次のとおりです。

次の手順

使用を開始します。

Office 365 Cloud App Securityクラウドの高度な管理ポリシー トリガー発生またはあまり頻繁に問題が発生する特定の作業のための通知。たとえば、ユーザーが Office 365 にサインインしようとして 70 回 1 分以内に失敗します。他のユーザーが 7,000 ファイルをダウンロードすると、サインインしてから、カナダ、別の場所をそのユーザーをサポートしているときに表示します。または、他のユーザーのアカウントが侵害されていると、使用するアカウントにアクセスする、組織のクラウド アプリ機密性の高いデータをさらにします。

場合は、グローバル管理者またはのセキュリティ管理者は、アクティビティ通知イベントには、このようなときに発生します。何が起こったかを調べることになるまで、ユーザー アカウントを中断するなど、特定の操作を実行できます。

注: Office 365 Cloud App Securityポリシーは、 [Office 365 のセキュリティとコンプライアンス センターの通知のポリシーによって異なります。この記事で説明したポリシー Office 365 Cloud App Securityポータルで定義され、効率よく活動は、組織のクラウド環境を管理します。

始める前に

以下のことを確認してください。

新しいアクティビティ ポリシーを作成する

  1. 全体管理者またはセキュリティ管理者として、https://protection.office.com に移動し、職場または学校のアカウントを使ってサインインします

  2. セキュリティ/コンプライアンス センターで、[警告]、[高度な警告の管理] の順に選びます。

  3. [Office 365 Cloud App Security に移動する] を選択します。

    これで [Office 365 Cloud App Security ポリシー] ページに移動します。

    Office 365 Cloud App Security ポータルに移動すると、[ポリシー] ページが表示されます。

  4. ポリシーの作成] をクリックし、[アクティビティのポリシーを選択します。

    O365 CAS でポリシーを作成するときは、アクティビティ ポリシーと異常検出ポリシーのどちらかを選択することができます。

  5. [アクティビティ ポリシーの作成] ページで、ポリシーの名前説明を指定します。既定のテンプレートで、ポリシーを基にポリシー テンプレート] ボックスの一覧でいずれかを選択またはテンプレートを使用せずに、独自のポリシーを作成します。

    Office 365 クラウド アプリのセキュリティとアクティビティのポリシーを作成できます。

  6. ポリシーの重要度(低、中、または高) どの程度深刻する場合はこのポリシー警告を測定する] を選びます。これにより、後で確認しているときに通知をフィルター処理します。

  7. このポリシーの [カテゴリ] を選びます。これは、トリガーされた警告または変更を加えるために確認中のグループ ポリシーを、フィルターまたは並べ替えます。

  8. [アクティビティ フィルター] を選び、このポリシーに基づいて警告をトリガーするその他のアクションや基準を設定します。

  9. パラメーターに一致するアクティビティ] の下には、繰り返しのアクティビティの指定した数が、アラートがトリガーする前に必要な場合または 1 つのアクティビティが一致すると、フィルター ポリシー違反がトリガーされるかどうかを指定します。

    繰り返しアクティビティを選択する場合は、アクティビティ、期間の数を指定違反が特定のアプリ内のユーザーや他のアプリケーションと同じユーザーをカウントするかどうか。

  10. 必要に応じて、(メール、テキスト メッセージ、またはその両方) 経由では、このポリシーから通知を受信するその他の通知を作成するのには、通知の作成を選択することができます。

    重要: お使いのメール プロバイダーが no-reply@cloudappsecurity.com から送信されるメールをブロックしていないことを確認します。

  11. ユーザーを一時停止または Office 365 アプリへのサインインのやり直しをユーザーに求めるための警告がトリガーされた場合、実行する必要のあるアクションを選択します。

  12. 作成ポリシーの作成を終了] をクリックします。

次のステップ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×