アクセス許可レベルを管理する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

目的に合ったトピックをクリックしてください。

[アクセス許可レベル] ページを開く

アクセス許可レベルを作成します。

アクセス許可レベルをコピーします。

アクセス許可レベルを編集します。

アクセス許可レベルを削除します。

親サイトからのアクセス許可レベルを継承します。

アクセス許可を使用して、ポータル サイトにアクセスできるユーザーと、そのユーザーに対してサイトのコンテンツの利用制限を指定することができます。たとえば、プロジェクト メンバに対してはコンテンツの追加と変更を許可し、プロジェクトの関係者以外のユーザーに対してはコンテンツを表示するだけで変更できないようなアクセス許可をセットアップできます。少人数のユーザーに対してサイト レイアウトと管理を制御できるアクセス許可をセットアップすることもできます。

アクセス許可を付与するには、特定のアクセス許可レベルをユーザーまたはグループに指定します。既定で提供されているアクセス許可レベルには次のものがあります。

  • フル コントロール サイトへの管理者レベルのアクセス許可を持ちます。Home Owners グループのメンバには、既定で、このアクセス許可レベルが付与されます。このアクセス許可レベルはカスタマイズしたり削除したりできません。

  • デザイン アクセス許可を持つページのレイアウトと設定を変更できます。このグループのユーザーは、リストとドキュメント ライブラリの作成、ページの編集、およびサイトまたはサイト コレクションでのテーマ、共有枠、スタイル シートの適用ができます。

  • 投稿 アクセス許可を持つサイトの領域にコンテンツを送信できます。このグループのユーザーは、既存のリストとドキュメント ライブラリにあるアイテムの追加、編集、削除ができます。Home Owners グループのメンバには、既定で、このアクセス許可レベルが付与されます。

    注: Microsoft Office SharePoint Server 2007 では、投稿レベルのアクセス許可を持つユーザーは、以前のバージョンの SharePoint Portal Server では許可されていない、リスト アイテムの編集ができます。Office SharePoint Server 2007 にアップグレードしているグループに対しては、重要な変更点です。

  • 読み取り サイトのコンテンツの検索、表示、参照ができます。このアクセス許可レベルを持つユーザーとグループは、現在のアイテムとドキュメントを開くこともできます。このアクセス許可レベルは、既定で、Home Visitors グループに付与されます。

  • 制限付き 読み取りが対応しているサイト全体へのアクセス権を与えてせずに、特定のリスト、ドキュメント ライブラリ、アイテム、またはドキュメントに、ユーザー アクセスを許可します。以前のバージョンのドキュメントとユーザー権限の情報では、このアクセス許可レベルを持つユーザーとグループを利用できません。

  • 承認 ページ、リスト アイテム、およびドキュメントの編集と承認ができます。

  • 階層の管理 サイトの作成と、ページ、リスト アイテム、およびドキュメントの編集ができます。

親サイトのアクセス許可を変更すると、親サイト自体だけでなく、アクセス許可をその親サイトから継承するすべてのサブサイトにも影響するので、アクセス許可を変更する際には十分注意する必要があります。アクセス許可を継承するサブサイトのアクセス許可を変更するときに、親サイトのアクセス許可を変更しないようにするには、サブサイトでのアクセス許可の継承を停止して、サブサイトに固有のアクセス許可を作成します。

アクセス許可レベルはサイト レベルで管理されるので、次の操作は、サイト コレクションのトップ レベル Web サイトまたは固有のアクセス許可を持つサブサイトで行うことができます。

[アクセス許可レベル] ページを開く

アクセス許可レベルを変更する際は、必ず [アクセス許可レベル] ページから開始します。

  1. ポータル ホーム ページの [サイトの操作] メニューの [サイトの設定] をポイントし、[ユーザーとグループ] をクリックします。

  2. [ユーザーとグループ] ページの [サイド リンク バー] の [サイトの権限] をクリックします。

  3. [設定] メニューの [アクセス許可レベル] をクリックします。

    注: サイトのアクセス許可が親サイトから継承されている場合は、[権限] ページの [設定] メニューは使用できません。[設定] メニューが使用できない場合は、[操作] メニューの [親の権限の管理] を選択します。

ページの先頭へ

アクセス許可レベルを作成する

  1. [アクセス許可レベル] ページの [アクセス許可レベルの追加] をクリックします。

  2. [アクセス許可レベルの追加] ページの [名前と説明] セクションに、名前を入力し、必要に応じて説明を入力します。

  3. このアクセス許可レベルに関連付けるアクセス許可のチェック ボックスをオンにし、[作成] をクリックします。

ページの先頭へ

アクセス許可レベルをコピーする

  1. [アクセス許可レベル] ページで、コピーするアクセス許可レベルの名前をクリックします。

  2. [アクセス許可レベルの編集] ページの下部までスクロールし、[アクセス許可レベルのコピー] をクリックします。

  3. [名前と説明] セクションで、新しいアクセス許可レベルの名前を入力し、必要に応じて説明を入力します。

  4. [作成] をクリックします。

    新しいアクセス許可レベルが [アクセス許可レベル] ページに表示されます。

ページの先頭へ

アクセス許可レベルを編集する

この手順は、独自のアクセス許可レベルを変更するとき、またはフル コントロールまたは制限付き読み取り以外の既定のアクセス許可レベルを変更するときに実行します。

  1. [アクセス許可レベル] ページで、編集するアクセス許可レベルの名前をクリックします。

    [アクセス許可レベルの編集] ページで、次の変更を行います。

    • アクセス許可レベルの説明を変更します。

    • このアクセス許可レベルに関連付けるアクセス許可のチェック ボックスをオンにし、このアクセス許可レベルに関連付けないアクセス許可のチェック ボックスをオフにします。

  2. 変更が終了したら、[送信] をクリックします。

ページの先頭へ

アクセス許可レベルを削除する

この手順は、独自のアクセス許可レベルを削除するとき、またはフル コントロールまたは制限付き読み取り以外の既定のアクセス許可レベルを削除するときに実行します。この 2 つのレベルは削除できません。

  1. [アクセス許可レベル] ページで、削除するアクセス許可レベルのチェック ボックスをオンにし、[選択したアクセス許可レベルの削除] をクリックします。

  2. 確認メッセージが表示されたら [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

親サイトからアクセス許可レベルを継承する

ポータル サイトのアクセス許可が独自のものである場合は、いつでも、親サイトからアクセス許可レベルを継承できます。

重要: 親サイトからアクセス許可レベルを継承すると、継承先の独自のアクセス許可レベルはすべて恒久的に破棄されます。

  1. [アクセス許可レベル] ページの [親 Web サイトからのアクセス許可レベルの継承] をクリックします。

  2. 確認メッセージが表示されたら [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×