アクセス許可レベルと SharePoint 2007 の権限

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この記事の内容

Windows SharePoint Services 3.0 の既定の権限レベル

リスト、サイト、および個人の権限

依存関係と説明

多くの場合 Windows SharePoint Services に組み込まれているサイトには、その他の既定の SharePoint グループがありますが、 Windows SharePoint Services 3.0には、既定では次の 5 つのアクセス許可レベルが含まれます。各アクセス許可レベルは、それに関連付けられている特定の権限を持っています。サイト所有者は、アクセス許可が (を除き、制限付きアクセスおよびフル コントロールのアクセス許可レベルのアクセス許可レベルに関連付けるに、新しいアクセス許可レベルの権限セットを複数の結合を追加するを選択できます。

注: Windows SharePoint Services 3.0よりも前のアクセス許可レベルには、サイトのグループと呼ばれていましたし、SharePoint グループには、クロス サイト グループと呼ばれていました。

サイト所有者は、アクセス許可レベルに関連付ける権限およびもユーザーと SharePoint グループとアクセス許可レベルに関連付けることがことができます。ユーザーと SharePoint グループは、サイト、リスト、リスト アイテム、ライブラリ、リスト、ライブラリ、そのドキュメント内のフォルダーなど、セキュリティ保護可能オブジェクトに関連付けられます。詳細については、さまざまなセキュリティ保護可能オブジェクトへのアクセス許可の割り当て、サイトおよびサイト コンテンツへのアクセスを制御する方法をご覧ください。

次の表は、一覧表示し、ユーザーと SharePoint グループとアクセス許可レベルを割り当てるには、権限を割り当てることができるアクセス許可レベルを説明します。各アクセス許可などは、既定では、アクセス許可レベルが表示されます。各アクセス許可などのアクセス許可を含む既定の権限レベルだけでなく、それに依存する権限が表示されます。

Windows SharePoint Services 3.0で既定の権限レベル

アクセス許可レベル

説明

フル コントロール

このアクセス許可レベルには、すべての権限が含まれています。既定では、サイト名の SharePoint の所有者グループに割り当てられています。このアクセス許可レベルをカスタマイズまたは削除することはできません。

デザイン

リストおよびドキュメント ライブラリの作成、ページの編集、Web サイトでのテーマ、枠線、およびスタイル シートの適用ができます。既定では、どの SharePoint グループにも割り当てられません。

投稿

既存のリストとドキュメント ライブラリで、アイテムの追加、編集、および削除ができます。既定では、"<サイト名> のメンバ" SharePoint グループに割り当てられます。

閲覧

Web サイトへの読み取り専用アクセスです。このアクセス許可レベルを持つユーザーと SharePoint グループは、アイテムとページを表示し、アイテムとドキュメントを開くことができます。既定では、"<サイト名> の閲覧者" SharePoint グループに割り当てられます。

制限付きアクセス

制限付きアクセスのアクセス許可レベルは、サイト全体へのアクセス権を与えてせずに、特定のリスト、ドキュメント ライブラリ、アイテム、またはドキュメントに、ユーザー アクセスを許可する権限と組み合わせて使用する設計されています。ただし、リストまたはライブラリにアクセスするにたとえば、ユーザーの権限が必要ですを親 Web サイトを開き、Web サイトのテーマやナビゲーション バーなどの共有のデータを閲覧します。制限付きアクセスのアクセス許可レベルをカスタマイズまたは削除することはできません。

注: ユーザーまたは SharePoint グループにこのアクセス許可レベルを割り当てることはできません。代わりに、 Windows SharePoint Services 3.0が自動的にこのアクセス許可レベルをユーザーに割り当てし、上位レベルのオブジェクトを権限がないへのアクセスがあることが必要なサイト上のオブジェクトを SharePoint グループに付与するときにアクセスします。たとえば、自体リストへのアクセスを持たないユーザーをリスト内のアイテムへのアクセス許可を付与する場合、 Windows SharePoint Services 3.0が自動的に付与制限付きアクセス リストとも、サイトに必要な場合。

ページの先頭へ

リスト、サイト、および個人用のアクセス許可

Windows SharePoint Services 3.0には、次の 5 つの既定の権限レベルで使用されている 33 のアクセス許可が含まれています。(制限付きアクセスおよびフル コントロール アクセス許可レベル) 以外の特定のアクセス許可レベルに含まれるアクセス許可を変更したり、特定の指定されたアクセス許可のセットを格納するための新しいアクセス許可レベルを作成できます。

権限は、リストの権限、サイトの権限によっては、目的のオブジェクトに適用できるように、個人の権限のように分類されます。たとえば、サイトの権限が特定のサイトに適用する、リストの権限がリストとライブラリのみに適用し、Web パーツなどに、個人の権限が個人用ビュー、個人用のような項目にのみ適用します。次の表は、アクセス許可とアクセス許可レベルには、既定で割り当てられますを表示します。

リストのアクセス許可

権限

フル コントロール

デザイン

投稿

読み取り

制限付きアクセス

リストの管理

x

x

チェックアウトの無視

x

x

アイテムの追加

x

x

x

アイテムの編集

x

x

x

アイテムの削除

x

x

x

アイテムの表示

x

x

x

x

アイテムの承認

x

x

アイテムを開く

x

x

x

x

バージョンの表示

x

x

x

x

バージョンの削除

x

x

x

通知の作成

x

x

x

x

アプリケーション ページの表示

x

x

x

x

x

サイトのアクセス許可

権限

フル コントロール

デザイン

投稿

読み取り

制限付きアクセス

権限の管理

x

利用状況データの表示

x

サブサイトの作成

x

Web サイトの管理

x

ページの追加とカスタマイズ

x

x

テーマと枠線の適用

x

x

スタイル シートの適用

x

x

グループの作成

x

ディレクトリの参照

x

x

x

Self-Service Site Creation の使用

x

x

x

x

ページの表示

x

x

x

x

権限の一覧

x

ユーザー情報の参照

x

x

x

x

x

通知の管理

x

リモート インターフェイスの使用

x

x

x

x

x

クライアント統合機能の使用

x

x

x

x

x

開く

x

x

x

x

x

個人のユーザー情報の編集

x

x

x

個人の権限

権限

フル コントロール

デザイン

投稿

読み取り

制限付きアクセス

個人用ビューの管理

x

x

x

個人用 Web パーツの追加と削除

x

x

x

個人用 Web パーツの更新

x

x

x

ページの先頭へ

依存関係と説明

多くの権限が他の権限に依存しています。他の権限に依存している権限を選択すると、依存している権限も自動的に選択されます。同じように、他の権限が依存している権限の選択を解除すると、従属権限の選択も解除されます。次の表は、各権限の使用目的と従属権限 (該当する場合) を示しています。

リスト アクセス許可

権限

説明

依存する権限

リストの管理

リストを作成および削除、リストの列を追加または削除、およびリストのパブリック ビューを追加または削除できます。

アイテムの表示、ページの表示、開く、個人用ビューの管理

チェックアウトの無視

他のユーザーにチェックアウトされたドキュメントを破棄するか、チェックインできます。

アイテムの表示、ページの表示、開く

アイテムの追加

リストにアイテムを追加、ドキュメント ライブラリにドキュメントを追加、および Web ディスカッション コメントを追加できます。

アイテムの表示、ページの表示、開く

アイテムの編集

リスト内のアイテムを編集、ドキュメント ライブラリ内のドキュメントを編集、ドキュメント内の Web ディスカッション コメントを編集、およびドキュメント ライブラリ内の Web パーツ ページをカスタマイズできます。

アイテムの表示、ページの表示、開く

アイテムの削除

リストからアイテムを削除、ドキュメント ライブラリからドキュメントを削除、およびドキュメント内の Web ディスカッション コメントを削除できます。

アイテムの表示、ページの表示、開く

アイテムの表示

リスト内のアイテム、ドキュメント ライブラリ内のドキュメント、および Web ディスカッション コメントを表示できます。

ページの表示、開く

アイテムの承認

リスト アイテムまたはドキュメントのマイナー バージョンを承認できます。

アイテムの編集、アイテムの表示、ページの表示、開く

アイテムを開く

サーバー側のファイル ハンドラを使ってドキュメントのソースを表示できます。

アイテムの表示、ページの表示、開く

バージョンの表示

リスト アイテムまたはドキュメントの以前のバージョンを表示できます。

アイテムの表示、ページの表示、開く

バージョンの削除

リスト アイテムまたはドキュメントの過去のバージョンを削除します。

アイテムの表示、バージョンの表示、ページの表示、開く

通知の作成

電子メールの通知を作成できます。

アイテムの表示、ページの表示、開く

アプリケーション ページの表示

リストまたはドキュメント ライブラリ内のドキュメントまたはビューを表示できます。

開く

サイトのアクセス許可

権限

説明

依存する権限

権限の管理

Web サイトのアクセス許可レベルを作成および変更し、ユーザーとグループにアクセス許可を割り当てます。

アイテムの承認、権限の一覧、開く

利用状況データの表示

Web サイトの利用状況に関するレポートを表示できます。

アイテムの承認、開く

サブサイトの作成

チーム サイト、会議ワークスペース サイト、ドキュメント ワークスペース サイトなどのサブサイトを作成できます。

ページの表示、開く

Web サイトの管理

Web サイトのすべての管理タスクを実行し、コンテンツを管理できます。

ページの表示、開く

ページの追加とカスタマイズ

HTML ページまたは Web パーツ ページを追加、変更、または削除、Windows SharePoint Services 互換エディタを使って Web サイトを編集できます。

アイテムの表示、ディレクトリの参照、ページの表示、開く

テーマと枠線の適用

Web サイト全体にテーマまたは枠線を適用できます。

ページの表示、開く

スタイル シートの適用

Web サイトにスタイル シート (.css ファイル) を適用できます。

ページの表示、開く

グループの作成

サイト コレクション内の任意の場所で使用できるユーザーのグループを作成できます。

ページの表示、開く

ディレクトリの参照

SharePoint Designer、WebDAV (Web ベースの Distributed Authoring and Versioning) などのインターフェイスを使って、Web サイト内のファイルとフォルダを列挙できます。

ページの表示、開く

Self-Service Site Creation の使用

Self-Service Site Creation を使って Web サイトを作成できます。

ページの表示、開く

ページの表示

Web サイト内のページを表示できます。

開く

権限の一覧

Web サイト、リスト、フォルダ、ドキュメント、またはリスト アイテムのアクセス許可を列挙できます。

アイテムの表示、アイテムを開く、バージョンの表示、ディレクトリの参照、ページの表示、開く

ユーザー情報の参照

Web サイトのユーザーに関する情報を表示します。

開く

通知の管理

Web サイトのすべてのユーザーの通知を管理できます。

アイテムの表示、通知の作成、ページの表示、開く

リモート インターフェイスの使用

SOAP (Simple Object Access Protocol)、Web DAV、または SharePoint Designer インターフェイスを使って Web サイトにアクセスできます。

開く

開く

Web サイト、リスト、またはフォルダを開いて、そのコンテナ内のアイテムにアクセスできます。

従属アクセス許可はありません

個人のユーザー情報の編集

画像を追加するなど、ユーザーが個人の情報を変更できるようにします。

ユーザー情報の参照、開く

個人用のアクセス許可

権限

説明

依存する権限

個人用ビューの管理

リストの個人用ビューを作成、変更、および削除できます。

アイテムの表示、ページの表示、開く

個人用 Web パーツの追加と削除

Web パーツ ページの個人用 Web パーツを追加または削除できます。

アイテムの表示、ページの表示、開く、個人用 Web パーツの更新

個人用 Web パーツの更新

Web パーツを更新して、個人用にカスタマイズされた情報を表示します。

アイテムの表示、ページの表示、開く

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×