アクセシビリティ機能を利用して StaffHub を操作する方法

アクセシビリティ機能を利用して StaffHub を操作する方法

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使うユーザーを対象としています。一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

Microsoft StaffHub は、身体や視覚に障碍のあるユーザーが、StaffHub でスケジュール、ファイル、チーム、設定を簡単に操作するためのアクセシビリティ機能を備えています。プラットフォーム固有のアクセシビリティ設定と機能の詳細については、「Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ」を参照してください。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、iPhone を使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、iPad では異なる場合があります。

この記事の内容

StaffHub のレイアウトを理解する

StaffHub にサインインしてチームを選択すると、アプリが開き、[自分のシフト] タブが選択されます。どのタブでも、現在のタブの名前はビュー上部の見出し行の中央に表示されます。左上には、[設定] ボタンがあります。右上には、[通知] ボタンと [カレンダー] ボタンがあります。残りのビュー コンテンツは、タブ固有のものとなります。

すべてのタブ ビューの下部には、次のタブを含むタブ バーが表示されます: [自分のシフト]、[リクエスト]、[メッセージ]、[ファイル]。

  • [自分のシフト] タブでは、ビュー上部にあるボタンの下に、次のシフトを知らせる情報ウィンドウが配置されています。情報ウィンドウの下には、予定されているすべてのシフトを一覧表示するメイン コンテンツ領域があります。この一覧表示の下には、[タスク] ウィンドウがあります。

  • [リクエスト] タブでは、ビューの上部にあるタブ名の横に [リクエストの追加] ボタンが配置されています。メイン コンテンツ領域では、見出し行の下に最近のリクエストが一覧表示されます。この一覧表示の下には、[過去のリクエストを表示] ボタンがあります。

  • [メッセージ] タブでは、タブ名の横に [メッセージの作成] ボタンが配置されています。メイン コンテンツ領域には、メッセージが一覧表示されます。

  • [ファイル] タブでは、メイン コンテンツ領域に共有ファイルが表示されます。

タッチを使用した操作

StaffHub で、要素間を移動または順に移動するには、次のジェスチャを使用します。

  • 要素およびアイテムを順に移動するには、1 本の指で左または右にスワイプします。

  • 一覧表示内を移動するには、1 本の指を画面の上下にスライドします。

  • 選択するには、画面をダブルタップします。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して StaffHub にサインインする

スクリーン リーダーを使用して StaffHub でメッセージを送信する

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Microsoft StaffHub は、身体や視覚に障碍のあるユーザーが、StaffHub でスケジュール、ファイル、チーム、設定を簡単に操作するためのアクセシビリティ機能を備えています。プラットフォーム固有のアクセシビリティ設定と機能の詳細については、「Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ」を参照してください。

注: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Android スクリーン リーダーである TalkBack を使っていることを前提としています。TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、Android スマートフォンでこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Android タブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

StaffHub のレイアウトを理解する

StaffHub にサインインしてチームを選択すると、アプリが開き、[自分のシフト] タブが選択されます。

ビューの上部には見出し行があり、この行では左側に [ナビゲーション ドロワーを開く] ボタンが配置されています。このボタンの横には見出し [StaffHub] が、右側には [アクティビティ フィードを開く] ボタンと [予定表を開く] ボタンがあります。

見出し行の下には、次のボタンを含むタブ バーが表示されます:[自分のシフト]、[リクエスト]、[メッセージ]、[ファイル]。

タブ バーの下には、ビューの大部分を占めるメイン コンテンツ ビューがあります。このビューのコンテンツは、タブ固有のものとなります。

  • [自分のシフト] タブでは、メイン コンテンツ領域に、次のシフトを知らせる情報ウィンドウが配置されています。情報ウィンドウの下には、予定されているすべてのシフトが一覧表示されます。この一覧表示の下には、[クリックしてタスク一覧を開く] ボタンがあります。

  • [リクエスト] タブでは、メイン コンテンツ領域に最近のリクエストが一覧表示されます。この一覧表示の下、ビューの右隅には、[リクエストを開始] ボタンがあります。

  • [リクエスト] タブでは、メイン コンテンツ領域にメッセージが一覧表示されます。この一覧表示の下、ビューの右隅には、[スレッドを作成] ボタンがあります。

  • [ファイル] タブでは、メイン コンテンツ領域に共有ファイルが表示されます。

タッチを使用した操作

StaffHub で、要素間を移動または順に移動するには、次のジェスチャを使用します。

  • 主な要素を順に移動するには、1 本の指で左または右にスワイプします。

  • タブ間を順に移動するには、2 本の指で左または右にスワイプします。

  • 一覧表示内を移動するには、1 本の指を画面の上下にスライドします。

  • 選択するには、画面をダブルタップします。

  • 一覧表示またはダイアログ ボックスを終了するには、下にスワイプしてから左にスワイプします。

関連項目

スクリーン リーダーを使用して StaffHub にサインインする

スクリーン リーダーを使用して StaffHub でメッセージを送信する

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×