アクセシビリティ機能を利用して Visio 2016 を操作する方法

アクセシビリティ機能を利用して Visio 2016 を操作する方法

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使うユーザーを対象としています。一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

Visio 2016 には、身体、視覚、またはその他に障碍のあるユーザーが簡単にファイルを操作するためのアクセシビリティ機能が含まれています。つまり、キーボード ショートカットとスクリーン リーダーを使用して Visio 2016 を操作できます。使用しているデバイスで動作するアクセシビリティの設定と機能の詳細については、「Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ」を参照してください。

注記: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Visio で使用するショートカット」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、JAWS の機能についても説明します。JAWS for Windows の詳細については、「JAWS for Windows クイック スタート ガイド」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

Visio 2016 のレイアウトを理解する

Visio 2016 の図を開くとき、または新しい図を作成するときに、図の名前は画面上部の中央に配置されます。[最小化] ​​や [閉じる] などのアプリ コントロールは右上隅にあります。既定では、クイック アクセス ツール バーが画面の左上に表示されます。このツール バーはカスタマイズすることができ、[保存]、[元に戻す]、[やり直し] など、よく使われるコマンドを含みます。

タイトル バーの下には、[ホーム]、[挿入]、[デザイン]、[データ]、[プロセス]、[校閲]、[表示] といった、一連のリボン タブがあります。リボンは、このタブの行の下に配置されます。タブを選択すると、タブ固有のリボンが表示されます。各リボンには、グループに分けられたコマンドが含まれています。たとえば、[挿入] タブを選択すると、リボンが表示されます。そのリボンから、画像、グラフ、吹き出しなど、さまざまなアイテムを選択し、図に挿入することができます。

リボンの下に 2 つのウィンドウが表示されます。[図形] ウィンドウは左側にあります。[その他の図形] メニューが含まれており、ここには、Visio で定義済みのすべての図形があり、[エンジニアリング] や [フローチャート] などのカテゴリに分かれています。[図形] ウィンドウには、図形の検索フィールドも含まれています。右側にはアクティブな図があります。画面の左下隅には [マクロの記録] ボタンが含まれています。画面の右下隅には、[表示] ボタンと [ズーム] コントロールが含まれています。

キーボードを使って移動する

Visio 2016 内を移動し、画面のランドマーク間を切り替えるには、F6 キーを押します。ランドマークは次の順序で配置されています。

  • 左下隅および右下隅にあるボタンおよびコントロール

  • 上部のツールバーとリボンのタブ

  • アクティブな図 (JAWS を使用する場合)

  • [図形] ウィンドウ

ヒント: ナレーターを使用してアクティブな図に移動するには、[図形] ウィンドウに到達するまで F6 キーを押して、Tab キーを押します。

現在のランドマークの画面要素を切り替えるには、Tab キーを押すか (次へ移動)、Shift キーを押しながら Tab キーを押します (前に戻る)。項目を選択するには、Enter キーを押します。メニューやリスト内を参照するには、方向キーを押し、選択を行ってから Enter キーを押します。たとえば、アクティブな図の要素間を切り替えるには、Tab キーを押します。メニューまたはモードを終了するには、Esc キーを押します。

ヒント: ナレーターを使用して [図形] ウィンドウ内を移動するには、Caps Lock + 左右の方向キーを押します。

Visio 2016 には、アプリケーションの操作時に、スクリーン リーダーで読み上げることのできるアクセシビリティ対応の名前が含まれます。Visio 2016 のテンプレートやサンプル図を使用して図を作成した場合は、スクリーン リーダーのユーザーが図の流れを理解しやすいようにナビゲーションの順序が定義されています。また、スクリーン リーダーは、コネクタの開始点と終了点も読み上げます。

Visio 2016 の特別な考慮事項

コンテンツを読みやすく、選択しやすくするために、Windows のハイコントラスト設定を使用して、コンピューターでコントラストを強めたり、色を反転したりすることができます。ハイ コントラスト テーマをすばやく使い始めるには、左の Alt キーと左の Shift キーを押しながら Print Screen キーを押し、Enter キーを押してハイ コントラスト テーマを有効にします。

Windows には、ハイ コントラスト テーマがいくつかあります。自分に適したテーマを見つけるには:

  1. Windows ロゴ キーを押し、検索ボックスに「ハイ コントラスト」と入力します。スクリーン リーダーで、"ハイ コントラスト設定、システム設定" と読み上げられます。

  2. Enter キーを押します。"[設定] ウィンドウ、ハイ コントラスト テーマ" と読み上げられた後に、現在選択されているテーマの名前が読み上げられます。

  3. ↑キーと↓キーを使用して、自分に適したテーマが見つかるまでハイ コントラスト テーマを参照します。

  4. "[適用] ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、Enter キーを押して選択されているテーマを有効にします。

操作アシストを使用する

コマンドをすばやく検索するには、[操作アシスト] を使用します。[操作アシスト] 機能の詳細については、こちらのビデオをご覧ください。Using Tell Me to get things done quickly with a screen reader and keyboard ([操作アシスト] を使用して、スクリーン リーダーとキーボードですばやく作業する)

[操作アシスト] を使用してコマンドを検索するには、次のように操作します。

  1. 処理を実行するセルまたはセル範囲を選択します。

  2. Alt キーと Q キーを押して、[操作アシスト] 編集フィールドに移動します。

  3. 実行するコマンドを入力します。たとえば、"箇条書き" と入力します。

  4. 下矢印キーを使用して、検索結果を参照します。Enter キーを押していずれかを選びます。

関連項目

スクリーン リーダーで Visio の図を読み上げる

Visio で使用するショートカット キー

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Visio の図をアクセシビリティ対応にする

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×