アクセシビリティ機能を利用して Outlook を操作する方法

アクセシビリティ機能を利用して Outlook を操作する方法

ラベルのスクリーン リーダー コンテンツ付きの読み上げシンボル。このトピックでは、Office でスクリーン リーダーを使用する方法について説明します。

この記事は、Office アクセシビリティ コンテンツ セットの一部であり、Office 製品でスクリーン リーダー プログラムを使うユーザーを対象としています。一般的なヘルプについては、Office サポート ホームをご覧ください。

デスクトップ版 Outlook 2016 は既定でアクセス可能であり、Windows のアクセシビリティ機能と連動します。つまり、キーボード ショートカット、スクリーン リーダー (ナレーター、JAWS など)、および Windows 音声認識を使用できるということです。

Windows のコンピューターの簡単操作センターで設定を行うことで、使用する機能を選ぶことができます。Windows のアクセシビリティ設定については、「Offiice アプリのアクセシビリティ設定と機能」を参照してください。

注記: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Outlook のキーボード ショートカット」を参照してください。

  • 2017 年 10 月 1 日の時点では、スクリーン リーダーを使ったテーブル ナビゲーションは一時的に無効にされています。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、JAWS の機能についても説明します。JAWS for Windows の詳細については、「JAWS for Windows クイック スタート ガイド」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

この記事の内容

Outlook レイアウトを理解する

Outlook 2016 では、使用しているメール アカウントの名前が画面上部の中央に配置されます。[最小化] ​​や [閉じる] などのアプリ コントロールは右上隅にあります。既定では、[クイック アクセス ツール バー] が画面の左上に表示されます。このツール バーはカスタマイズすることができ、[すべてのフォルダー​​を送受信]、[返信]、[転送] など、よく使われるコマンドを含んでいます。

このツール バーの下には一連のリボン タブ ([ホーム]、[送受信]、[フォルダー] など) があります。タブを選択すると、タブ固有のリボンが表示されます。

たとえば、メールで [ホーム] タブを選択すると、リボンが表示されます。そのリボンから、[削除]、[返信]、[転送] などのさまざまな項目を選ぶことができます。

Outlook ビューでは、さまざまな生産性向上ツールおよびスケジューリング ツールが提供されます。

メール

Outlook 2016 を初めて使うと、[受信トレイ] が開きます。既定では、[受信トレイ] に 3 つのウィンドウ (フォルダー ウィンドウメッセージ一覧ウィンドウ閲覧ウィンドウ) が含まれています。

さまざまな方法でこれらをカスタマイズすることができます。たとえば、[表示] タブのリボンには、閲覧ウィンドウのオプション (閲覧ウィンドウをメッセージ一覧の右側に置く下に置くオフにする) が含まれています。

Outlook のキーボード ショートカットでは、このようなその他のオプションを確認できます。

予定表

予定表に切り替えるには、Ctrl キーを押しながら 2 キーを押します。

予定表を初めて使う場合は、2 つのウィンドウ ([フォルダー] ウィンドウと [予定表] ウィンドウ) が表示されます。これらのウィンドウの上にはリボンがあります。

予定表のオプションの詳細については、「Outlook のキーボード ショートカット」を参照してください。

[ホーム] タブでは、今日の予定表のみを表示するように選択したり、週単位または月単位で表示するようにビューを切り替えることができます。

予定表の他のオプションについては、「Outlook のキーボード ショートカット」をご覧ください。

連絡先

連絡先リストに切り替えるには、Ctrl キーを押しながら 3 キーを押します。

連絡先を初めて使用する場合は、[個人用の連絡先] ウィンドウ (組織、Skype for Business、およびその他のリンクしたメール アカウントなど、リンクした連絡先セットごとにフォルダーがリストされている) および [連絡先] ウィンドウ (名前と連絡先情報がアルファベット順にリストされている) という 2 つのウィンドウが表示されます。これらのウィンドウの上にはリボンがあります。

[ホーム] タブには、連絡先を作成して管理するためのコマンド ボタンがあります。

連絡先のオプションについては、「Outlook のキーボード ショートカット」をご覧ください。

タスク

タスク ビューを初めて使う場合、2 つのウィンドウが表示されます。左側には To Do アイテムのリストを含む [マイ タスク] ウィンドウ、右側のウィンドウにはタスクが表示されます。上部には、[ファイル]、[ホーム]、[送受信]、[フォルダー]、[表示][操作アシスト] の各タブが表示されます。

新しいタスクを開くには、Ctrl + N キーを押します。新しいタスクには 5 つのタブ、[ファイル]、[タスク]、[挿入]、[テキストの​​書式設定]、[校閲] と [操作アシスト] があります。この場合も、リボンは選択したタブによって異なります。

たとえば、[タスク] タブには、[保存して​​閉じる]、[削除]、および [転送] タスクが表示されます。

リボンの下では、件名、開始日、期限、進捗状況、達成率、優先度を割り当てたり、タスクのアラームを要求することができます。

タスクの他のオプションについては、「Outlook のキーボード ショートカット」をご覧ください。

ショートカット キーによる移動

  • Office 365 の Outlook で移動するには、Tab キー (前方) を押すか、Shift + Tab キー (後方) を押します。

  • 項目を選択するには、Enter キーを押します。

  • メニューやリスト内を参照するには上方向キーまたは下方向キーを使い、選択するには Enter キーを押します。

  • メニューまたはモードを終了するには、Esc キーを押します。

他のナビゲーション オプションについては、「Outlook のキーボード ショートカット」を参照してください。

操作アシストを使用する

コマンドをすばやく検索するには、[操作アシスト] を使用します。[操作アシスト] 機能の詳細については、こちらのビデオをご覧ください。Using Tell Me to get things done quickly with a screen reader and keyboard ([操作アシスト] を使用して、スクリーン リーダーとキーボードですばやく作業する)

[操作アシスト] を使用してコマンドを検索するには、次のように操作します。

  1. 処理を実行するセルまたはセル範囲を選択します。

  2. Alt キーと Q キーを押して、[操作アシスト] 編集フィールドに移動します。

  3. 実行するコマンドを入力します。たとえば、"箇条書き" と入力します。

  4. 下矢印キーを使用して、検索結果を参照します。Enter キーを押していずれかを選びます。

関連項目

Outlook のキーボード ショートカット

Outlook のメール内を移動するためのキーボード ショートカット

Outlook の予定表内を移動するためのキーボード ショートカット

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Outlook の予定表でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Office 365 の Outlook 2016 for Mac では、身体、視覚、またはその他に障碍のあるユーザーが簡単にファイルを操作するために、Mac OSX に組み込まれているアクセシビリティ機能を利用します。キーボード ショートカット、VoiceOver および読み上げツールを使って、Office 365 の Outlook 2016 for Mac を操作することができます。使用しているデバイスで動作するアクセシビリティの設定と機能については、「Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ」をご覧ください。

注記: 

この記事の内容

Outlook for Mac レイアウトを理解する

Outlook 2016 for Mac を開くと、Outlook メニューが画面上に表示されます。その項目がアップル メニューの後ろに追加されています。その下に現在のビューまたはフォルダーの名前が表示されます。既定では、[クイック アクセス ツール バー] が画面左に表示されます。これには、[保存]、[元に戻す]、[やり直し] など、頻繁に使用されるコマンドが含まれます。同じラインで画面の右側に [検索] ボックスと共有オプション アイコンがあります。

その下に [Office 製品改善へのご協力の依頼] メニューがあります。

このラインの下に、[ホーム] や [整理] など、一連のリボン タブがあります。リボンは、このタブの行の下に配置されています。タブを選択すると、タブ固有のリボンが表示されます。各リボンには、グループに分けられたコマンドが含まれています。たとえば、[ツール] タブは、アカウントを追加したり、データをインポートしたりできるリボンに切り替わります。

リボンの下に表示される内容は、現在選択されている内容 (フォルダーまたはビュー) に応じて異なります。たとえば、[受信トレイ] ビューを表示している場合、そのビューには、閲覧のためのメッセージの一覧と現在選択されているメッセージの内容を表示するプレビュー ウィンドウが含まれます。[連絡先] ビューを表示している場合、左のウィンドウには連絡先の分類が、中央のウィンドウにはその分類に含まれる連絡先が、左のもう 1 つのウィンドウには現在選択されている連絡先の連絡先詳細が表示されます。

画面下の、このメイン領域の下には [ナビゲーション] バーがあり、選択可能な [メール]、[予定表]、[連絡先]、[タスク] の各ビューが表示されます。

Outlook 内を移動する

  • リボンに移動するには、F6 キーを押します。F6 キーを押しても動作しない場合、Tab キーを押します (編集コンテキストでは、最初に Command + W キーを押す必要がある場合があります)。

  • タブ間を移動するには、方向キーを使います。

  • 使用するリボン タブ ([ホーム] など) を表示しているときに、もう一度 Tab キーを押し、リボンの最初のコマンドに移動します。

  • リボンのコマンド間を移動するには、左右の方向キーを使います。

  • フォント蛍光ペンの色のパレットなどのメニューを開くには、下方向キーを押します (VoiceOver でメニューを開くには、VO + Shift + M キーを押します)。

  • コマンドを選択するには、Space キーを押します。

  • 終了するには Esc キーを押します。

関連項目

Outlook for Mac のキーボード ショートカット

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Outlook の予定表でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

iOS 版 Outlook には、身体、視覚、またはその他に障碍のあるユーザーが簡単にファイルを操作するためのアクセシビリティ機能が含まれています。つまり、キーボード ショートカット、VoiceOver (iOS デバイスに組み込まれているスクリーン リーダー)、音声入力、および iOS デバイスでセットアップできる色のコントラストなどの他の機能を使用できるということです。お使いのデバイスのアクセシビリティの設定と機能については、「Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ」を参照してください。

注記: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの iOS スクリーン リーダーである VoiceOver を使っていることを前提としています。VoiceOver の使用の詳細については、「Apple accessibility」 (Apple のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、iPhone を使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、iPad では異なる場合があります。

このセクションの内容

Outlook for iOS レイアウトを理解する

iOS 版 Outlook アプリを起動すると、メールの [受信トレイ] が開きます。[受信トレイ] の最初の行には、左側に [ナビゲーション ウィンドウの表示] ボタンと [検索] ボタン、中央に "受信トレイ" の見出し、右側に [作成] ボタンが含まれます。その下にはメール フィルターの行があり、さらにその下にはメール メッセージの一覧 (縦並び) があります。

Outlook アプリのリボンは、画面の下部に表示されます。タブを使用して、次のさまざまな領域に移動します。

  • [メール] は、[受信トレイ] に移動します。

  • [予定表] は、[予定表] ビューに移動します。

  • [ファイル] では、ファイルを参照できます。OneDrive も参照できます。

  • [連絡先] は、[連絡先] ビューに移動します。このビューには連絡先が表示されます。

  • [設定] では、変更できる Outlook アプリの設定が表示されます。

Outlook for iOS で設定を選ぶ

アプリの設定を変更するには、画面の下部にあるリボンの [設定] タブにフォーカスを移動してダブルタップします。[設定] ウィンドウが開きます。

右にスワイプして設定の下へ移動し、左にスワイプして設定の上へ移動します。読み上げられた設定を開くには、ダブルタップします。

設定オプションは次のとおりです。

  • [ヘルプとフィードバック] を選ぶと開く画面では、ヘルプ トピックの検索、カスタマー サポートへの問い合わせ、Microsoft へのフィードバックの送信を行うことができます。

  • [アカウント] のオプションでは、アプリに追加したすべてのメール アカウントを管理することができます。新しいメール アカウントを追加するには、"アカウントの追加" と読み上げられるまで指をスライドし、ダブルタップします。

    アカウントの一覧の下には、[メール] 見出しがあり、メールに関連する設定が続きます。その後、アプリの予定表セクションの設定を含む、[予定表] 見出しが続きます。

  • [詳細] では、他のユーザーを招待して、Outlook アプリを使ったり、iOS 版の他の Microsoft アプリを見つけたりすることができる設定が提供されます。

メールの設定

次のボタンのいずれかをダブルタップして、[メール] オプションを設定できます。

  • [通知]: 通知を受けるメールや通知に使用するサウンドなどの項目を変更します。

  • [既定]: Outlook アプリで使用する既定のメール アカウントを設定します。

  • [署名]: メール アカウントごとに署名を設定します。

  • [スワイプ オプション]: Outlook アプリが左右のスワイプで実行するアクションを変更します。

  • [優先受信トレイ]: [優先受信トレイ] を有効/無効にします。既定では有効になります。この設定を有効にすると、Outlook で、[受信トレイ] のフォーカスの一覧に高優先度のメールをインテリジェントに配置することができます。

  • [スレッドでメールを整理]: このオプションを有効/無効にします。オプションを有効にすると、Outlook は件名のスレッドでメッセージを整理します。

  • [バッジ数]: Outlook で [優先受信トレイ] の未読メールのみ、またはすべてのメールを表示するかを選択します。

[設定] ページで、オプションが読み上げられるまで下へスライドし、設定を変更する各コントロールの手順に従います。ページで設定の変更を完了したら、左上隅にある [戻る] ボタンにフォーカスを移動し、ダブルタップします。[設定] ページに戻るには、必要に応じて繰り返します。

予定表の設定

任意のボタンをダブルタップして選び、[予定表] のオプションを設定することができます。イベントの既定の通知期間、通知に使用するサウンドなどの項目を変更します。

  • [通知]: イベントの既定の通知期間、通知に使用するサウンドなどの項目を変更します。

  • [既定]: 既定で表示するカレンダーを指定します。

  • [週の開始日]: 予定表で週の開始日として使用する日を指定します。

  • カレンダー アプリ: 他のカレンダー アプリに接続すると、Outlook アプリにイベントが表示されます。このボタンを選ぶと、Evernote や Facebook などの使用可能なカレンダー アプリの一覧が表示されます。アプリが読み上げられるようにするには、下にスライドするか右へフリックします。アプリを追加するには、"接続" と読み上げられるまで右へスライドまたはフリックして、ダブルタップします。アプリを接続するには、指示に従います。

[設定] ページで、オプションが読み上げられるまで下へスライドし、設定を変更する各コントロールの手順に従います。ページで設定の変更を完了したら、左上隅にある [戻る] ボタンにフォーカスを移動し、ダブルタップします。[設定] ページに戻るには、必要に応じて繰り返します。

関連項目

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Outlook の予定表でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Outlook for Android には、身体、視覚、またはその他に障碍のあるユーザーが簡単にファイルを操作するためのアクセシビリティ機能が含まれています。キーボード ショートカット、Talkback (Android デバイスに組み込まれているスクリーン リーダー)、および Android デバイスでセットアップできる色のコントラストなどの他の機能を使用できます。お使いのデバイスのアクセシビリティの設定と機能については、「Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ」を参照してください。

注記: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Android スクリーン リーダーである TalkBack を使っていることを前提としています。TalkBack の使用の詳細については、「Android accessibility」 (Android のアクセシビリティ) をご覧ください。

  • このトピックでは、Android スマートフォンでこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Android タブレットでは異なる場合があります。

このセクションの内容

Outlook for Android レイアウトを理解する

アプリを初めて起動すると、Android 版 Outlook では見出しが上部に、メイン コンテンツが中央に、メニューバーが画面下部に表示されます。Outlook の見出しの左側には、[ナビゲーション ドロワーを開く] ボタンと、[受信トレイ] または [ファイル] などの現在のビューの名前があります。Outlook の見出しの右側には、[検索] および [設定] コマンドがあります。

Outlook の次回の起動以降では、[受信トレイ] が開きます。

画面の下部には、次の 4 つのコマンドを含むメニュー バーがあります。

  • [メール] は、[受信トレイ] に移動します。

  • [予定表] は、[予定表] ビューに移動します。

  • [ファイル] は、[ファイル] ビューに移動します。このビューでは、自分のメール アカウントからファイルを参照する、OneDrive に保存するなどの操作を行うことができます。

  • [連絡先] は、[連絡先] ビューに移動します。このビューには連絡先が表示されます。

上部にある見出しと下部にあるメニュー バーの間には、画面のメイン コンテンツ (メールの受信トレイ、予定表、ファイルの一覧、ユーザーまたは連絡先のリスト) があります。

Outlook for Android の設定

Outlook を好きなように設定するには、[設定] を使います。

  1. Outlook の設定を変更するには、画面の右上隅の近くの、[設定] タブにフォーカスを移動して、ダブルタップします。

  2. 利用可能な設定を読み上げるには、画面を下にスライドします。下にスクロールするには、2 本指で上にスワイプします。上にスクロールするには、2 本指で下にスワイプします。読み上げられた設定を開き、詳細を知るには、ダブルタップします。設定をオンまたはオフにするには、[オン/オフ] スイッチに移動し、ダブルタップします。利用可能な設定には次のようなものがあります。

    • [ヘルプとフィードバック] は、サポートに問い合わせる、機能を提案する、よく寄せられる質問に対する回答を得る、または問題のトラブルシューティングに使用できる画面を開きます。

    • [アカウント] には、Outlook アプリに追加したメールまたはストレージ アカウントの一覧が含まれています。アカウント設定を変更するには、アカウントを選択します。新しいメールまたはストレージ アカウントを追加するには、“アカウントの追加“ と読み上げられるまでスライドし、ダブルタップします。

    • [メール] には、通知、既定のメール アカウント、署名、スワイプのオプションなどの設定に使用できる、メールに関連する設定が含まれます。

    • [予定表] には、通知、既定の予定表、および予定表の週の始まりの設定に使用できる、イベントに関連する設定が含まれます。

    • [環境設定] には、アクセシビリティ設定が含まれます。

    • [詳細] には、Outlook アプリに他のユーザーを招待したり、Android 用の他の Microsoft アプリを探したりするためのコマンドが含まれます。

  3. ページで設定の変更を完了したら、左上隅にある [上に移動] ボタンにフォーカスを移動し、ダブルタップします。

関連項目

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Outlook の予定表でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

Outlook メール と Outlook カレンダー には、身体、視覚、またはその他に障碍のある方が、プライベートまたはチームでチャットするためのアクセシビリティ機能が含まれています。

注記: 

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、Windows Phone でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、タブレットまたは PC では異なる場合があります。

この記事の内容

Outlook メールのレイアウトを理解する

Outlook メール アプリを開くと、メールの [受信トレイ] が表示されます。[受信トレイ] の上部の左端には、[ナビゲーション] ボタンがあります。ボタンを展開するには、画面をダブルタップします。ナビゲーション ウィンドウが開き、メール アカウントとお気に入りの Outlook メール フォルダーが一覧表示されます。画面中央の上部には、[受信トレイ] とアカウントの種類が表示されています。左端には、[フィルター] ボタンがあります。

その下には、メールの一覧があります。既定では、最新のメールが先頭に表示されています。

メール一覧の下のツールバーには次のボタンがあります。

  • [新規作成]:新しいメールを作成します。

  • [選択]:メールを 1 つずつ、または全部まとめて選択します。

  • [同期]:受信トレイを更新します。

  • [検索]:メールを検索します。

  • [その他のオプション]:次のオプションの一覧を開いたり閉じたりします。

    • [スタート画面へのピン留めを外す] または [スタート画面にピン留め]:アプリのショートカットをスタート画面から削除したり追加したりします。

    • [アカウントの管理]:アカウントの設定を変更したり、新しいアカウントを追加したりします。

    • [設定]:たとえば、アプリの色や自動返信などの設定を変更します。

メール閲覧表示

メールを開くと、送信者や件名などのメールの詳細が画面の上部に表示されます。詳細の下には、画面のほとんどの空間を占めてメッセージ本文が表示されます。メッセージの下には、次のボタンが含まれるツールバーがあります。

  • [返信]:メールを返信、全員に返信、または転送します。

  • [削除]:メールを削除します。

  • [新しい]:新しいメールに移動します。

  • [古い]:古いメールに移動します。

  • [その他のオプション]:次のオプションの一覧を開いたり閉じたりします。

    • [未開封にする]:メールを [受信トレイ] に未開封として表示します。

    • [フラグの設定] または [フラグをクリア]:フラグを追加または削除します。

    • [移動]: メールを他のフォルダーに移動します。

    • [検索]:メール内を検索します。

    • [名前を付けて保存]:メールのコピーを保存します。

メール作成ビュー

メールを作成しているときは、画面の上部に受信者と件名のフィールドが表示されます。その下には、画面のほとんどの空間を占めてメッセージ本文が表示されます。メッセージの下には、次のボタンが含まれるツールバーがあります。

  • [破棄]:下書きを削除します。

  • [添付]:添付ファイルを追加します。

  • [送信]:メールを送信します。

  • [その他のオプション]:編集と校閲のオプションのリボンが開きます。

タッチを使用した操作

  • ランドマーク要素を切り替えたり、操作可能な要素間および要素内を移動するには、左または右にスワイプします。

  • メニュー オプション一覧内の項目間を移動するには、左または右にスワイプします。

  • 一覧の項目を選ぶには、画面をダブルタップします。

  • 閉じているメニュー一覧を開いたり、開いているメニューを閉じたりするには、画面をダブルタップします。

  • 前のビューに戻るには、"ナビゲーション バー、戻るボタン" と読み上げられるまで左または右にスワイプした後、画面をダブルタップします。

関連項目

Outlook でスクリーン リーダーを使用して図または画像を挿入する

Outlook でスクリーン リーダーを使用してハイパーリンクを挿入する

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

アクセシビリティの高い Outlook メールを作成する

Outlook on the web には、身体、視覚、またはその他に障碍のある方が、プライベートまたはチームでチャットするためのアクセシビリティ機能が含まれています。つまり、Outlook on the web と動作するスクリーン リーダー、コントラスト コントロール、ディクテーション ツールなど、デバイスやコンピューターに組み込まれているアクセシビリティ機能を使用できるようになります。使用しているデバイスで動作するアクセシビリティの設定と機能については、「Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ」を参照してください。

さらに、Outlook on the web では、他のデバイスからメール メッセージへのアクセスを要求できる、すばらしい新機能が用意されています。詳細については、「アクセシビリティの高いメールをリクエストする」を参照してください。

注記: 

  • メール関連の手順は、[閲覧ウィンドウ] をオフにして記載されています。

  • 予定表関連の手順は、既定のレイアウトを使用して記載されています。

  • Office 365 の新しい機能は Office 365 サブスクライバーに段階的にリリースされるため、お使いのアプリではこれらの機能をまだ使用できない可能性があります。より早く新機能を入手するための方法については、「Office 2016 for Office 365 の最新機能を入手できる時期」を参照してください。

  • キーボード ショートカットについては、「Outlook on the web のショートカット キー」をご覧ください。

  • このトピックでは、組み込みの Windows スクリーン リーダーであるナレーターを使っていることを前提としています。ナレーターの使用の詳細については、「ナレーターの概要」をご覧ください。

  • このトピックでは、PC でこのアプリを使っていることを前提としています。一部のナビゲーションとジェスチャは、Windows Phone またはタブレットでは異なる場合があります。

  • Outlook on the web を使う場合は、Web ブラウザーとして Microsoft Edge を使うことをお勧めします。詳細については、「Microsoft Edge のヘルプ」を参照してください。Outlook on the web は Web ブラウザーで実行されるため、キーボード ショートカットは、デスクトップ プログラムのキーボード ショートカットとは異なります。たとえば、コマンド内を移動するには、F6 キーではなく、Ctrl + F6 キーを押します。また、F1 (ヘルプ) キーや Ctrl + O キー (開く) などの Web ブラウザーに適用される一般的なショートカットは、Outlook on the web には適用されません。

この記事の内容

Outlook on the web のレイアウトを理解する

Outlook on the web のレイアウトは、アクセシビリティ対応のキーボード ナビゲーションに関する最新の国際ガイドラインに準拠します。スクリーン リーダーに固有の特定のキーボード ショートカットを使用している場合は、ページで ARIA マークアップを利用できます。

Mail のレイアウト

注: 操作性を高めるには、[閲覧ウィンドウ] をオフにし、メールを [スレッド] ではなく [メッセージ] として表示することをお勧めします。[閲覧ウィンドウ] と [スレッド​​] を無効にするには、Ctrl + Alt + A キーを押します。

Outlook on the web で [メール] を開くと、メイン ビューが最初に表示されます。フォーカスはメッセージ一覧にあり、最新のメールが選択されています。

水平ナビゲーション バーは、画面の上部、URL アドレス フィールドの下にあります。左からアプリ起動ツール、固定されたアプリ (ある場合)、[Skype]、[通知]、[設定]、[ヘルプ]、およびユーザー状態ボタンが表示されています。

ナビゲーション バーの下には、2 つの領域に分かれたメイン ビューがあります。左側のナビゲーション ウィンドウの上部には検索フィールドがあり、その下にメール フォルダーとグループの一覧があります。ナビゲーション ウィンドウの下部には、[メール]、[予定表]、[連絡先]、[タスク] のクイック アクセス ボタンがあります。このウィンドウのアイテム間を移動するには、Tab キーを押します。

ナビゲーション ウィンドウの右側には、画面の大部分を占めるメッセージ一覧ビューがあります。メールはここに一覧表示されます。メッセージ一覧の上には、[優先] タブと [その他] タブ、[フィルター] ボタン、次の予定表イベント、[予定一覧] ボタンがあります。

メールを開くには、メッセージ一覧で CapsLock キーと Enter キーを押します。メッセージ一覧の代わりにメールが表示されます。[スキャン モード] にして開いたメール内を移動するには、CapsLock キーと Space キーを押します。メールを作成するときは、メッセージ一覧の代わりにメール作成ウィンドウが表示されます。

メッセージ一覧の上、ナビゲーション バーの下には、ツール バーがあります。メッセージ一覧でメールを選ぶと、新規メール作成やメール返信など、最もよく使うタスクのボタンがツール バーに表示されます。Tab キーを押してツール バーの最初のアイテムに移動した後、ツール バー内を移動するには左右の方向キーを押します。メールを選択していない場合は、ツール バーには [新規作成] ボタンのみが表示されます。

注: Outlook on the web のキーボード ショートカットの一覧を開くには、疑問符 (?) キーを押します。

予定表のレイアウト

Outlook on the web で [予定表] を開くと、今日の日付と、その日にイベントがあるかどうかが読み上げられます。今月のイベントの合計数も読み上げられます。

水平ナビゲーション バーは、画面の上部、URL アドレス フィールドの下にあります。左からアプリ起動ツール、固定されたアプリ (ある場合)、[Skype]、[通知]、[設定]、[ヘルプ]、およびユーザー状態ボタンが表示されています。

ナビゲーション バーの下には、3 つの領域に分かれたメイン ビューがあります。左側のナビゲーション ウィンドウの上部には検索フィールドがあります。検索フィールドの下には、コンパクトな 1 か月の予定表と、他の予定表およびグループの一覧があります。下部には、[メール]、[予定表]、[連絡先]、[タスク] のクイック アクセス ボタンがあります。このウィンドウのアイテム間を移動するには、Tab キーを押します。

右側のナビゲーション ウィンドウの横には、今月の予定表が画面の大部分を占めて表示されています。予定表のイベント間を移動するには、Tab キーを押します。予定表の上には、現在の月と年が表示されています。案内が読み上げられるまで、Tab キーまたは Shift + Tab キーを押します。さらに、前月または翌月を選ぶボタンと、月の選択が表示されています。

右側の [予定一覧ビュー] には、カレンダー ビューで選んだ日に行われるイベントが一覧表示されます。ウィンドウのアイテム間を移動するには、Tab キーを押します。イベントを開くには、Enter キーを押します。イベントを終了するには、Esc キーを押します。

[予定一覧ビュー] の上には、メイン予定表のビューを変更するボタンがあります。次のオプションから選択できます。[]、[稼働日]、[]、[]、[今日]。Tab キーを押して現在選ばれているアイテムに移動した後、オプション間を移動するには左右の方向キーを押します。オプションを選ぶには、Space キーを押します。

カレンダー ビューと [予定一覧ビュー] の上、ナビゲーション バーの下には、ツール バーがあります。新しい予定表イベントの作成や予定表の共有などのボタンがあります。Tab キーを押してツール バーの最初のアイテムに移動した後、ツール バー内を移動するには左右の方向キーを押します。

キーボードを使って移動する

ランドマーク要素を順番に切り替えるには、Ctrl + F6 キー (前方) または Shift + Ctrl + F6 キー (後方) を押します。実行可能な要素間およびそのような要素内を移動するには、必要に応じて Tab キーおよび方向キーを押します。メニュー オプション一覧内のアイテム間を移動するには、上下の方向キーを押します。一覧のアイテムを選ぶには、Enter キーまたは Space キーを押します。折りたたまれているメニュー リストを展開するには、Space キーを押します。ダイアログを閉じたり、フォーカスを前に戻したりするには、Esc キーを押します。コンテキスト メニューを開くには (使用可能な場合)、Shift + F10 キーまたはコンテキスト メニュー キーを押します。

Microsoft Edge の [検索] フィールドにアクセスするには、Ctrl + F キーを押します。

詳細については、「Outlook on the web のキーボード ショートカット」を参照してください。

Outlook on the web についての特別な考慮事項

Outlook on the web では、アクセシビリティの高いメールを希望することを相手に控えめに伝えることができます。

アクセシビリティの高いメールをリクエストする

Outlook on the web を使用している送信者が他のユーザーをメールの受信者として追加するたびに、送信者はその受信者がアクセシビリティの高いコンテンツを希望していることを示す通知と、アクセシビリティ チェックへのリンクを受け取ります。チェックでメールにアクセシビリティの問題が検出されると、修正方法と共に問題が一覧表示されます。

  1. "下方向キーを使用して設定ウィンドウを使用" と読み上げられるまで Tab キーを押し、聞こえたら下方向キーを押します。

  2. [設定] ウィンドウで、"メール リンク" と読み上げられるまで Tab キーを押し、聞こえたら Enter キーを押します。

  3. "全般" と読み上げられるまで Shift + Tab キーを押し、聞こえたら右方向キーを押します。

  4. "アクセシビリティの設定" と読み上げられるまで下方向キーを押し、聞こえたら Enter キーを押します。

  5. "オフ、送信者にアクセシビリティの高いコンテンツを送信するよう依頼する" と読み上げられるまで Tab キーを押し、聞こえたら Space キーを押します。

  6. "保存ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、聞こえたら Enter キーを押します。

    注: この機能をオフにするには、上の手順に従ってアクセシビリティの設定に移動します。"オン、送信者にアクセシビリティの高いコンテンツを送信するよう依頼する" と読み上げられるまで Tab キーを押し、聞こえたら Space キーを押します。"保存ボタン" と読み上げられるまで Tab キーを押し、聞こえたら Enter キーを押します。

関連項目

Outlook on the web のショートカット キー

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Outlook の予定表でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×