アクセシビリティ機能を使用して OneDrive アプリを操作する方法

Windows 10 用の OneDrive アプリには、身体、視覚、またはその他に障碍のあるユーザーが、ファイルを保存し、デバイス間で簡単に共有するためのアクセシビリティ機能が含まれています。スクリーン リーダー、拡大鏡、ハイ コントラスト制御など、多くのアクセシビリティ機能が Windows に組み込まれています。詳細については、「Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ」を参照してください。

OneDrive は Windows 10 に組み込まれており、ファイルを保存できる場所としてエクスプローラーに自動的に表示されます。OneDrive に保存したファイルは OneDrive.com でオンラインで使用可能です。また、PC 上でオフラインで使用可能であるため、インターネットに接続していなくてもいつでも使用することができます。再接続時に、OneDrive はオンライン ファイルと、コンピューター上のファイルを同期します。

この記事の内容

OneDrive レイアウトを理解する

OneDrive アプリは Windows 10 に組み込まれており、ファイルを保存できる場所としてエクスプローラーに統合されています。エクスプローラーでは、OneDrive はツリー ビューのナビゲーション ウィンドウにドライブとして表示されます。OneDrive を選ぶと、エクスプローラー ウィンドウの上部のタイトル バーにその名前が表示されます。

タイトル バーの下には、一連のリボン タブがあります。[ファイル]、[ホーム]、[共有]、[表示] などです。リボンは、このタブの行の下に配置されます。タブを選択すると、タブ固有のリボンが表示されます。各リボンには、グループに分けられたコマンドが含まれています。たとえば、[ホーム] タブを選んだ場合、一般的なコマンドが含まれるリボンが表示され、クリップボードと併せて、ファイルを整理したり、選択を行ったりできます。[共有] タブを選ぶと表示されるリボンでは、選んだファイルを送信したり共有したりできます。

リボンの下には、[戻る]、[進む]、[1 つ上のフォルダーへ移動] などのナビゲーション コントロールがあります。アドレス バーには、現在のパスが一覧表示されます。アドレス バーの横には、OneDrive 検索ボックスがあります。

ナビゲーション コントロールの下には、フォルダーおよび OneDrive に保存されているファイルの構造が表示され、ページの大部分を占めています。左側のツリー ビュー ナビゲーション ウィンドウには、ドキュメント、音楽、画像、パブリック ファイルの上位レベル フォルダー構造が表示されます。メイン ビューには、ツリー ビューで選択されたアイテムのフォルダーとファイルの一覧が表示されます。

メイン ビューでフォルダーを選ぶと、そのフォルダーが開き、サブフォルダーとファイルの一覧が表示されます。ファイルを選ぶと、そのファイルは Word や Excel などの適切なアプリケーションで開かれます。

ショートカット キーによる移動

Windows 10 用の OneDrive アプリ内を移動したり、画面要素間を順番に移動するには、Tab キー (進む) と Shift + Tab キー (戻る) を押します。項目を選択するには、Enter キーを押します。メニューやリスト内を参照するには、↑キーまたは↓キーを使用し、選択を行ってから Enter キーを押します。メニューまたはモードを終了するには、Esc キーを押します。

OneDrive ウィンドウの領域間を移動すると、スクリーン リーダーはフォーカスがある領域についての情報 (メニュー バー、ツリー ビュー、またはフォルダーとファイルのメイン ビュー) を提供します。Windows 10 用の OneDrive アプリでスクリーン リーダーを使用してファイルを表示、アップロード、ダウンロード、共有する方法、およびキーボード ショートカットについては、「Windows 10 用の OneDrive アプリでスクリーン リーダーを使用する」を参照してください。

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×