アクセシビリティ機能を使用して Microsoft Planner 内を移動する方法

アクセシビリティ機能を使用して Microsoft Planner 内を移動する方法

Microsoft Planner には、障碍のある方がアプリをより簡単に使えるようにするアクセシビリティ機能が含まれています。

スクリーン リーダー、拡大鏡、音声認識などの多くのアクセシビリティ機能が、コンピューターまたはデバイスに組み込まれています。デバイスまたはコンピューターに組み込まれているアクセシビリティ機能の使用方法については、「Office 365 のアクセシビリティ機能を使用するためのデバイスのセットアップ」を参照してください。

注記: 

この記事の内容

Planner レイアウトを理解する

その他の Office 365 アプリのように、Planner は Web ブラウザーで使用できる Web ベースのアプリケーションです。

次の表に示されている Planner レイアウトの主な領域を、いくつかの共通要素と共に、メンタル モデルのランドマークとして使用することができます。

Planner UI のメンタル モデルで使用するランドマーク

UI の領域

Planner レイアウトの要素

左上: Office 365 ナビゲーション リンク

  • アプリ起動ツール リンク

  • Office 365 リンク

  • Planner リンク

右上: Office 365 情報

  • [通知] ウィンドウ

  • [設定] ウィンドウ

  • ヘルプ ウィンドウ ([実行したい作業を入力してください] 検索ボックスもあります)

  • [アカウント] ウィンドウ

左: Planner ナビゲーション ウィンドウ

  • [新しいプラン] ボタン。プランおよびその新しいボードを作成し、計画を [すべてのプラン] 一覧に追加します。

  • [プランナー ハブ] リンク。各お気に入りプランに対する概要カードを含みます。これらのカードでは、プランの全体的な状態とプランのタスクの数が示されます。ハブには、各プランへのリンクも含まれるので、作業の全体像を確認できます。

  • [マイ タスク] リンク。個々のタスクが含まれます。進捗状況やプランによってグループ化されています。

  • [お気に入りのプラン] 一覧。お気に入りのプランの折りたたみ可能な一覧です。

  • [すべてのプラン] 一覧。すべてのプランの折りたたみ可能な一覧です。

  • [このメニューを折りたたむ/展開] ボタン。ナビゲーション ウィンドウを折りたたんだり、展開したりします。

ナビゲーション ウィンドウの右 (コンテンツ領域): Planner プラン

プランの要素:

  • [ボード] リンク。関連するタスク バケットと [新しいバケットの追加] ボタンが含まれているプランのボードへのリンク。(タスク バケットの UI 要素の詳細については、この表の次の行を参照してください。)

  • [グラフ] ボタン。プランの全体的な状態およびプランのタスクでの各ユーザー (メンバー) の作業の進捗状況に関する情報を示すグラフを自動的に作成して更新します。

  • [ノートブック] リンク。プランに関する OneNote のノートブックにリンクします。

  • [スレッド] リンク。プランに関する Outlook のスレッドにリンクします。

  • [予定表] リンク。プランに関する Outlook の予定表にリンクします。

  • [メンバー] リンク。プランのメンバーに関する Outlook の連絡先情報にリンクします。

ナビゲーション ウィンドウの右 (コンテンツ領域): Planner タスク バケット

タスク バケットの要素:

  • バケット タイトル

  • バケット内の各タスク。タスクが割り当てられているユーザー、タスクの期限などの詳細を含みます。

バケットで個別のタスクを選んで Enter キーを押すと、タスクが開き、以下の作業を行うことができます。

  • タスクが属しているバケットを変更する。

  • タスクの状態を更新する。

  • タスクの開始日と期限を指定する。

  • タスクのラベルを設定する。

  • タスクの説明またはチェックリストを追加する。

  • ファイルを添付する、またはファイルにリンクする。

  • タスクのプレビュー イメージを設定する。

  • コメントを投稿する、または他のユーザーのコメントを読む。

  • タスクの割り当てを確認する。

Planner のキーボード ショートカットを使って移動する

Planner は Web ブラウザーで動作するため、ご使用のブラウザーで機能するキーボード ショートカットは Planner でも機能します。ただし、ご使用のブラウザーでキーボード ショートカットがサポートされていない場合には、Tab キーを使って先に進み、Shift + Tab キーを使って戻ることができます。

次の表では、Planner の UI を移動できるキーボード ショートカットについて説明します。これらは、Planner に固有のものと共に、ほとんどのブラウザーに含まれています。

  • Planner を使用する場合は、Web ブラウザーに Internet Explorer を使用することをお勧めします。そうすれば、Internet Explorer で使用可能なキーボード ショートカットにアクセスできます。

  • この表のキーボード ショートカットは、米国のキーボードのレイアウトを参照しています。他のキーボード レイアウトのキーは、米国のキーボードのキーと正確に対応しない場合があります。

  • ショートカットで同時に 2 つ以上のキーを押す必要がある場合、この表では正符号 (+) でキーを区切っています。

Planner のキーボード ショートカット

目的

キー

次の領域またはアイテムに移動する

たとえば、左側のナビゲーション ウィンドウで次のプランに移動する、タスク バケット間を移動する、タスク バケット内で UI 要素間を移動する、など。

Tab キー

前の領域またはアイテムに戻る

Shift + Tab

アイテムをアクティブ化する

たとえば、プランを選択したとき、[ボード] リンクに移動するには、Tab キーを押し、プランのボードを開くには、Enter キーを押します。[新しいプラン] ボタンを選択したとき、新しいプランを作成するには、Enter キーを押します。[お気に入りのプラン] 一覧または [すべてのプラン] 一覧を折りたたんだり、開いたりするには、Enter キーを押します。

Enter

メニュー、ダイアログ ボックス、モードを終了する

たとえば、[新しいプラン] ダイアログ ボックスやタスクの詳細ダイアログ ボックスを終了します。

Esc

[ボード] ページで、次または前のタスク バケットに移動する

方向キー

[ボード] ページで、選択したタスク バケットを 1 つ上の位置に移動する

Ctrl + ↑

[ボード] ページで、選択したタスク バケットを 1 つ下の位置に移動する

Ctrl + ↓

[ボード] ページで、列見出しを選択し、選択した列を 1 つ左に移動する

注: ページ上のアイテムがバケットによってグループ化されているときに適用されます。

Ctrl + ←

[ボード] ページで、列見出しを選択し、選択した列を 1 つ右に移動する

注: ページ上のアイテムがバケットによってグループ化されているときに適用されます。

Ctrl + →

左のナビゲーション ウィンドウにスクロール バーが表示されているとき、下にスクロールする。または、ダイアログ ボックスが画面に対して長すぎるとき、ダイアログ ボックス内を下に移動する。

左のナビゲーション ウィンドウにスクロール バーが表示されているとき、上にスクロールする。または、ダイアログ ボックスが画面に対して長すぎるとき、ダイアログ ボックス内を上に移動する。

Web ブラウザーで 1 ページ戻る

Alt + ←

Alt + ← と同じキーボード ショートカット

BackSpace

Web ブラウザーで 1 ページ進む

Alt + →

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×