アクセシビリティ機能について

マイクロソフトは、障碍のある方を含め、すべての方がマイクロソフト製品を快適にお使いいただけるように、より充実したユーザー補助機能をサポートする製品を提供するよう努めております。

Picture Manager のアクセシビリティ機能

Microsoft Picture Manager には、多数のアクセシビリティ機能が用意されています。これらの機能は、他のユーザー補助アクセシビリティ製品を追加しなくても、だれでも利用することができます。

ショートカット キー

多くの機能やコマンドを、ショートカット キーで操作できます。使用できるユーザー補助アクセシビリティ製品ショートカット キーの一覧を表示または印刷することもできます。

カスタマイズ

必要に応じて Picture Manager をカスタマイズできます。画像を拡大して細部まで画面に表示したり、Picture Manager インターフェイスをユーザー補助アクセシビリティ製品ショートカット キーハイコントラストで表示したりできます。Microsoft IntelliMouse または Microsoft IntelliMouse Trackball ポインティング デバイスを使用すると、画面上のボタンをクリックする代わりに、マウスで画像の直接スクロールや拡大縮小を行うことができます。

参考資料

マイクロソフト製品に組み込まれているアクセシビリティ機能の詳細については、マイクロソフトの Accessibility Today Web サイトを参照してください。アクセシブルな Web ページ コンテンツを作成する方法については、World Wide Web (W3) Consortium の Web Accessibility Initiative で規定されているアクセシビリティに関するガイドラインを参照してください。

システムのアクセシビリティ オプション

Microsoft Windows ベースのコンピューターについては、システムのアクセシビリティ オプションを設定または変更できます。これらのオプションの多くは、Microsoft Office アプリケーションでの操作方法に影響を与えます。たとえば、Microsoft Windows の固定キー機能は、複数のキーを同時に押すことができない方のための機能です。Ctrl + P キーのように 2 つのキーを同時に押す必要がある場合、固定キー機能を使用して 1 つずつキーを押すと、2 つのキーを同時に押したときと同じ操作を実行できます。固定キーのチュートリアルについては、マイクロソフトの Accessibility Tutorials Web サイトを参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×