アクセシビリティの高い OneNote ノートブックを作成する

アクセシビリティの高い OneNote ノートブックを作成する

このトピックでは、障碍のある方が OneNote ノートブックにアクセスできるようにするための詳しい手順について説明します。

タスク一覧と毎月の経費概要の棒グラフを示す Contoso プロジェクト ページの OneNote ノートブック。

アクセシビリティを考慮して OneNote ノートブックを作成すると、視覚障碍のある方がより簡単にメモを理解することができます。

次の表では、障碍のあるユーザーが使いやすい OneNote 2016 ノートブックを作成するためのベスト プラクティスを示します。

修正する内容

修正が必要な理由

解決方法

すべてのビジュアルに代替テキストを含めます。

代替テキストは、画面を見ることができない、クリップ アート、SmartArt グラフィックや図形などの画像や他のビジュアルで何が重要であるかを確認できないユーザーの役に立ちます。

重要な情報を伝達する唯一の方法として、画像にテキストを使用するのは避けてください。

画像を見ることができないユーザーのために、その画像について説明する代替テキストを追加します。内容は簡潔にまとめます。ただし、画像で何が重要であるかの説明は含めるようにしてください。

テキストを含む画像を使用する必要がある場合、本文内でそのテキストを繰り返します。

代替テキストを画像に追加する

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加します。

スクリーン リーダーを使用するユーザーは、リンクの一覧を調べることがあります。リンクは、リンク先の情報を明確かつ正確に伝える必要があります。たとえば、"ここをクリック" のようなテキストではなく、リンク先ページの完全なタイトルをリンクに使うようにします。

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加する

すべてのノートブックのセクションに一意の名前を指定し、空のセクションを削除します。

スクリーン リーダーはセクション タブを読み上げるので、セクション タブで、ノートブック上に記載されている情報を提供し、ノートブックの内容の理解やノートブック内の移動が容易に行えるようにします。

セクション タブの名前を変更する

セクション タブを削除する

色が、情報を伝達する唯一の手段にならないようにしてください。

視覚障碍または色覚障碍のある方は、特定の色が伝える意味を取り損なう可能性があります。

色だけを使って意味を伝えないようにしてください。色やその他の感覚特性の意味と同じ内容を示すテキストを作成します。

これを回避するには、図形やラベルなど、情報を伝えるための他の手段も使用します。たとえば、緑や赤の網かけではなく、成功を示す場合は緑のチェックマーク、失敗を示す場合は赤の X を使うことを検討してくだい。

アクセシビリティの高いテキスト形式を使用する

テキストと背景の色に十分なコントラストを付けます。

視覚障碍のある方を含む全員が見られるように、ノートブック内のテキストは、ハイ コントラスト モードでも読むことができるようにする必要があります。

たとえば、明るい色、または色スペクトルの反対側にある高コントラストの配色を使用します。白黒の配色は、視覚障碍のある方にテキストと図形を区別しやすくします。

アクセシビリティの高いテキストの色を使用する

大きなフォント サイズ (18 ポイント以上) のサンセリフ フォントと十分な空白を使用します。

失読症の方は、テキストの文字や単語が区別しにくい場合があります。たとえば、テキストの 1 行がその下の行に圧縮されているように見えたり、隣接した文字が結合しているように見える場合があります。

閲覧の負荷を減らすために、以下を実行できます。

  • Arial や Calibri などの使い慣れたサンセリフ フォントを使用します。

  • すべて大文字にしたり、過剰に斜体や下線を使用したりしないでください。

  • 行と段落の間に十分な空白を含めます。

  • 両端揃えではなく、段落を左揃えにします。この操作を行うと、単語間の間隔が不均等になることを避けることができます。間隔が不均等な場合、段落間に空白の帯があるように見える可能性があります。

アクセシビリティの高いテキスト形式を使用する

適切な文字間隔を使用する

組み込みの見出しとスタイルを使用します。

スクリーン リーダー ソフトウェアは見出しなどの組み込みの見出しスタイルを認識し、リスナーに見出しを読み上げることができます。また、スクリーン リーダー ソフトウェアは見出しでナビゲートすることもできます。スクリーン リーダーでメモを読みやすくするには、OneNote の論理的な見出しの順序と組み込みの書式設定のツールを使用します。

また、失読症などの読書障碍のある方にとっては見出しが頼りになります。見出しは、情報を構造化し、その情報を小さな単位に分けて処理しやすくします。

ナビゲートしやすくするには、規定された論理的順序で見出しを並べます。見出し 3、見出し 1、見出し 2 という順序ではなく、見出し 1、見出し 2、見出し 3 という順序にします。

見出しを使用して、小さな単位でノートの情報を整理します。各見出しに含まれる段落が 2、3 個だけになるようにするのが理想的です。

組み込みの見出しスタイルを適用する

箇条書きを使用する

番号付きリストを使用する

論理的な順序になっていない見出しを見つけるには、アクセシビリティ チェックを使用します。

単純な表構造を使用し、列ヘッダーを指定します。

スクリーン リーダーは、テーブルのセルをカウントして、テーブル内でのセルの位置を追跡します。テーブルが別のテーブルに入れ子になっている場合や、セルが結合または分割されている場合、スクリーン リーダーはカウントできず、その位置以降、テーブルに関する有用な情報を提供できなくなります。テーブルに空白のセルが含まれている場合も、スクリーン リーダーを使用しているユーザーは、テーブルにそれ以上何もないと誤解する可能性があります。また、スクリーン リーダーは、行と列を識別するために見出し情報を使用することもできます。

テーブルに見出しを使用する

テーブルのセルが分割または結合されていたり、テーブルが入れ子になっていたり、行または列が完全に空白でないことを確認するには、アクセシビリティ チェックを使用します。

代替テキストを画像に追加する

スクリーン リーダーが、画像の説明を読むことができるように、写真、クリップ アート、スクリーンショットなどの画像に代替テキストを追加します。

  1. ノートブックの画像を右クリックし、[代替テキスト] を選択します。

  2. フィールドにタイトルと説明を入力します。簡潔にまとめ、最も重要な情報から始め、画像の内容と機能を伝えることを目指します。準備ができたら、[OK] をクリックします。

    注: この情報を読み取る方法はスクリーン リーダーによって異なるため、[タイトル] と [説明] フィールドの両方に入力します。

    [タイトル] フィールドと [説明] フィールドにテキストの例が表示されている [代替テキスト] ダイアログのスクリーン​​ショット。

アクセシビリティの高いハイパーリンクとテキストを作成する

次の手順では、アクセシビリティの高い OneNote ノートブックのハイパーリンクとテキストを作成する方法について説明します。

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加する

わかりやすいハイパーリンクをテキストに追加し、ユーザーがリンクの背後にある情報を理解できるようにします。

  1. ハイパーリンクを追加するテキストの一部を選択します。

  2. [挿入] メニューのリボンで [リンク] をクリックします。

  3. 選択したテキストが、[表示するテキスト] フィールドに表示されます。これがハイパーリンク テキストです。必要に応じて変更できます。

    注: “ここをクリック” または同様の説明のない式を使用しないでください。リンク テキストは、コピー先のページを正確かつ簡潔に説明する必要があります。

  4. ハイパーリンクの URL を [アドレス] フィールドに追加します。

    注: アドレスをコピーして貼り付けるか、OneNote で [Web の参照] または [ファイルの参照] ボタンを使用してリンク先のページまたはファイルを検索することができます。

    OneNote のリンク ダイアログのスクリーンショット。2 つの入力フィールドがあります。表示するテキストとアドレス。
  5. [OK] をクリックします。

セクション タブの名前を変更する

わかりやすい正確なタイトルのセクション タブにすると、ユーザーが正しいセクションを見つけやすくなります。

  1. ノートブックで、編集するセクション タブを右クリックし、[名前の変更] を選択します。

  2. 新しい名前を入力します。

    [名前の変更] オプションが選択されているコンテキスト メニューのスクリーンショット。

セクション タブを削除する

スクリーン リーダーとユーザーが関連する情報をすばやく見つけられるようにするために、情報のない未使用のセクション タブを削除します。

  1. ノートブックで、削除するセクション タブを右クリックし、[削除] を選択します。

    セクションを削除するコンテキスト メニューのスクリーンショット。
  2. 確認ダイアログ ボックスで、[はい] をクリックします。

アクセシビリティの高いテキスト形式を使用する

テキストの書式設定を向上させるには、プレーンなサンセリフ フォントを選択して、大きなフォント サイズを使用し、テキストを左揃えに整列して、ブロックの大文字や斜体の過剰な使用を避けます。

  1. 書式設定するテキストの一部を選択します。

  2. たとえば、[ホーム] メニューで、大きなフォント サイズおよびサンセリフのフォントの種類を選択できます。強調するための太字フォントなど、その他の書式設定オプションを使用することもできます。

アクセシビリティの高いテキストの色を使用する

ハイコントラスト モードでテキストがうまく表示されるようにするには、フォントの色の [自動] 設定を使用します。

  1. テキストを選択します。

  2. [ホーム] メニューで、フォントの色アイコンの横にある下矢印をクリックし、[自動] をクリックします。

    [ホーム] メニューのフォントの色オプションのスクリーンショット。

組み込みの見出しスタイルを適用する

組み込みの見出しスタイルを使用して、スクリーン リーダーのノートブック ページのアウトラインを形成します。スクリーン リーダーでは、組み込みのスタイルが適用されている場合を除き、見出しに大きな太字のフォントを使用しているテキストは解釈されません。

  1. 見出しのテキストを選択します。

  2. [ホーム] メニューで、[見出し 2] などの見出しスタイルを選択します。

    [ホーム] メニューから見出しスタイルを選択したスクリーンショット。

箇条書きを使用する

可能な場合は、読みやすさとナビゲーションを向上させるために、テキストを箇条書きに分割します。

  1. ノートブックでリストを追加する場所にカーソルを置くか、リストに含まれるテキストの一部を選択します。

  2. [ホーム] メニューで、箇条書きアイコンをクリックします。

  3. 箇条書きスタイルを変更するには、箇条書きアイコンの横にある下矢印をクリックします。

    [ホーム] メニューの箇条書きアイテムの選択のスクリーンショット。
  4. 必要な場合は、リスト アイテムを入力します。

    注: スクリーン リーダーを一時停止させるには、各リスト アイテムの最後に終止符またはコンマを使用します。

番号付きリストを使用する

可能な場合は、継続的なテキストのブロックよりもわかりやすい番号付きリストを使用します。

  1. ノートブックでリストを追加する場所にカーソルを置くか、リストに含まれるテキストの一部を選択します。

  2. [ホーム] メニューで、段落番号アイコンをクリックします。

  3. 段落番号スタイルを変更するには、段落番号アイコンの横にある下矢印をクリックします。

    [ホーム] メニューの段落番号オプションのスクリーンショット。
  4. 必要な場合は、リスト アイテムを入力します。

適切な文字間隔を使用する

読みやすさを向上させるために、文と文の間および段落間の空白を増やしたり減らしたりします。

  1. 変更するテキストの一部を選択します。

  2. [ホーム] メニューで、段落の配置アイコンをクリックします。

  3. [段落間隔の​​オプション] をクリックして、使用する間隔を入力します。

    注: OneNote の段落間隔の値は、Word などの値と異なるロジックに従います。OneNote では、現在のフォント サイズとその目的の行間の両方に合計数 (ポイント単位) を入力する必要があります。たとえば、Calibri フォント サイズ 11 の行間を 2 行に設定するには、[線の最小間隔] フィールドに「27」を入力します。

  4. [ホーム] メニューの [段落の間隔] オプションのスクリーンショット。

テーブルに見出しを使用する

テーブルに見出しを追加すると、スクリーン リーダーが列や行を管理するために役立ちます。

OneNote で作成されたすべてのテーブルには、自動的に見出し行が含まれます。OneNote Windows デスクトップ アプリを使用すると、見出し行のプロパティを削除、追加できます。見出し行のプロパティが無効になっているノートブックを使用している場合は、Windows デスクトップ アプリを使用すると、この問題を解決できます。

  1. テーブルで、最初の行の任意の場所にカーソルを置きます。

  2. [テーブル ツール] メニューの [上に挿入] をクリックします。

  3. テーブルの挿入された行を右クリックし、[テーブル] を選択します。[見出し行] が選択されていることを確認します。

  4. 表に戻って、列見出しを入力します。

関連項目

アクセシビリティの高い Word 文書を作成する

アクセシビリティの高い Excel スプレッドシートを作成する

Make your PowerPoint presentations accessible (PowerPoint プレゼンテーションのアクセシビリティを向上させる)

アクセシビリティの高い Outlook メールを作成する

次の表では、障碍のあるユーザーが使いやすい OneNote for Mac ノートブックを作成するためのベスト プラクティスを示します。

修正する内容

修正が必要な理由

解決方法

すべてのビジュアルに代替テキストを含めます。

代替テキストは、画面を見ることができない、クリップ アート、SmartArt グラフィックや図形などの画像や他のビジュアルで何が重要であるかを確認できないユーザーの役に立ちます。

重要な情報を伝達する唯一の方法として、画像にテキストを使用するのは避けてください。テキストを含む画像を使用する必要がある場合、本文でそのテキストを繰り返します。代替テキストで、画像とその目的について簡単に説明します。

代替テキストを画像に追加する

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加します。

スクリーン リーダーを使用するユーザーは、リンクの一覧を調べることがあります。リンクは、リンク先の情報を明確かつ正確に伝える必要があります。たとえば、"ここをクリック" のようなテキストではなく、リンク先ページの完全なタイトルをリンクに使うようにします。

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加する

すべてのノートブックのセクションに一意の名前を指定し、空のセクションを削除します。

スクリーン リーダーはセクション タブを読み上げるので、セクション タブで、ノートブック上に記載されている情報を提供し、ノートブックの内容の理解やノートブック内の移動が容易に行えるようにします。

セクション タブの名前を変更する

セクション タブを削除する

色が、情報を伝達する唯一の手段にならないようにしてください。

視覚障碍または色覚障碍のある方は、特定の色が伝える意味を取り損なう可能性があります。

色だけを使って意味を伝えないようにしてください。色やその他の感覚特性の意味と同じ内容を示すテキストを作成します。

これを回避するには、太字の追加または大きなフォントの使用など、情報を伝えるための他の手段も使用します。たとえば、色を確認できない場合でも、リンクされたテキストがあることがわかるように、色が使用されたハイパーリンク テキストに下線を追加します。

アクセシビリティの高いテキスト形式を使用する

テキストと背景の色に十分なコントラストを付けます。

視覚障碍のある方を含む全員が見られるように、ノートブック内のテキストは、ハイ コントラスト モードでも読むことができるようにする必要があります。

たとえば、明るい色、または色スペクトルの反対側にある高コントラストの配色を使用します。白黒の配色は、色覚障碍のある方にテキストと図形を区別しやすくします。

アクセシビリティの高いテキストの色を使用する

大きなフォント サイズ (18 pt 以上) のサンセリフ フォントと十分な空白を使用します。

失読症のユーザーは、ページ上の単語が移動したり、テキストがまとまって移動したりする (テキストの行が下の行に圧縮される) と感じる可能性があります。また、テキストが結合していたり、歪んでいる可能性もあります。

読む際の負荷を減らすために、次のような操作を実行できます。

  • Arial や Calibri などの使い慣れたサンセリフ フォントを使用します。

  • すべて大文字にしたり、過剰に斜体や下線を使用したりしないでください。

  • 行と段落の間に十分な空白を含めます。

  • 両端揃えではなく、段落を左揃えにします。この操作を行うと、単語間の間隔が大きくなることを避けることができます。大きな間隔があると、段落間で空白の流れが生じる視覚効果が作られる可能性があります。

アクセシビリティの高いテキスト形式を使用する

適切な文字間隔を使用する

組み込みの見出しとスタイルを使用します。

スクリーン リーダーでメモを読みやすくするには、OneNote の論理的な見出しの順序と組み込みの書式設定のツールを使用します。

たとえば、指定された論理的な順序で見出しを並べます。見出し 3、見出し 1、見出し 2 という順序ではなく、見出し 1、見出し 2、見出し 3 という順序にします。そして、小さな単位でメモの情報を整理します。理想的には、各見出しに含まれる段落が 2、3 個だけになるようにします。

組み込みの見出しスタイルを適用する

箇条書きを使用する

番号付きリストを使用する

論理的な順序になっていない見出しを見つけるには、アクセシビリティ チェックを使用します。

単純な表構造を使用し、列ヘッダーを指定します。

スクリーン リーダーは、表のセルをカウントすることによって、表内での位置を追跡します。表が入れ子になっていたり、セルが結合または分割されていると、スクリーン リーダーはカウントがわからなくなり、その位置以降の表について有用な情報を提供できなくなります。表に空白のセルがあると、スクリーン リーダーを使用しているユーザーは表にそれ以上何もないと誤解する可能性があります。

テーブルのセルが分割または結合されていたり、テーブルが入れ子になっていたり、行または列が完全に空白でないことを確認するには、アクセシビリティ チェックを使用します。

代替テキストを画像に追加する

スクリーン リーダーが、画像の説明を読むことができるように、写真、クリップ アート、スクリーンショットなどの画像に代替テキストを追加します。

  1. ノートブックの画像を右クリックし、[代替テキスト] を選択します。

  2. フィールドにタイトルと説明を入力します。簡潔にまとめ、最も重要な情報から始め、画像の内容と機能を伝えることを目指します。準備ができたら、[OK] をクリックします。

    注: この情報を読み取る方法はスクリーン リーダーによって異なるため、[タイトル] と [説明] フィールドの両方に入力します。

    Mac Sierra の [代替テキスト] ダイアログ ボックス。

アクセシビリティの高いハイパーリンクとテキストを作成する

次の手順では、アクセシビリティの高い OneNote ノートブックのハイパーリンクとテキストを作成する方法について説明します。

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加する

わかりやすいハイパーリンクをテキストに追加し、ユーザーがリンクの背後にある情報を理解できるようにします。

  1. ハイパーリンクを追加するテキストの一部を選択します。

  2. [挿入] メニューのリボンで [リンク] をクリックします。

  3. 選択したテキストが、[表示するテキスト] フィールドに表示されます。これがハイパーリンク テキストです。必要に応じて変更できます。

    注: “ここをクリック” または同様の説明のない式を使用しないでください。リンク テキストは、コピー先のページを正確かつ簡潔に説明する必要があります。

  4. ハイパーリンクの URL を [アドレス] フィールドに追加します。元の場所からアドレスをコピーして貼り付けることができます。

    Mac の [ハイパーリンク] ダイアログ ボックス。

  5. [OK] をクリックします。

セクション タブの名前を変更する

わかりやすい正確なタイトルのセクション タブにすると、ユーザーが正しいセクションを見つけやすくなります。

  1. ノートブックで、編集するセクション タブを右クリックし、[名前の変更] を選択します。

  2. 新しい名前を入力します。

    [セクション名の変更] が強調表示されたセクション ショートカット メニュー。

セクション タブを削除する

スクリーン リーダーとユーザーが関連する情報をすばやく見つけられるようにするために、情報のない、使用されていないセクション タブを削除します。

  1. ノートブックで、削除するセクション タブを右クリックし、[セクションの削除] を選択します。

    Mac の [セクションの削除] が強調表示されたセクション コンテキスト メニュー。

  2. 確認ダイアログ ボックスで、[はい] をクリックします。

アクセシビリティの高いテキスト形式を使用する

テキストの書式設定を向上させるには、プレーンなサンセリフ フォントを選択して、大きなフォント サイズを使用し、テキストを左揃えに整列して、ブロックの大文字や斜体の過剰な使用を避けます。

  1. 書式設定するテキストの一部を選択します。

  2. たとえば、[ホーム] メニューで、大きなフォント サイズおよびサンセリフのフォントの種類を選択できます。強調するための太字フォントなど、その他の書式設定オプションを使用することもできます。

アクセシビリティの高いテキストの色を使用する

ハイコントラスト モードでテキストがうまく表示されるようにするには、フォントの色の [自動] 設定を使用します。

  1. テキストを選択します。

  2. [ホーム] メニューで、フォントの色アイコンの横にある下矢印をクリックし、[自動] をクリックします。

    OneNote for Mac の [フォントの色] プルダウン メニュー。

組み込みの見出しスタイルを適用する

組み込みの見出しスタイルを使用して、スクリーン リーダーのノートブック ページのアウトラインを形成します。スクリーン リーダーでは、組み込みのスタイルが適用されている場合を除き、見出しに大きな太字のフォントを使用しているテキストは解釈されません。

  1. 見出しのテキストを選択します。

  2. [ホーム] メニューで、[見出し 2] などの見出しスタイルを選択します。

    OneNote for Mac の [見出しスタイル] メニュー

箇条書きを使用する

可能な場合は、読みやすさとナビゲーションを向上させるために、テキストを箇条書きに分割します。

  1. ノートブックでリストを追加する場所にカーソルを置くか、リストに含まれるテキストの一部を選択します。

  2. [ホーム] メニューで、箇条書きアイコンをクリックします。

  3. 箇条書きスタイルを変更するには、箇条書きアイコンの横にある下矢印をクリックします。

  4. 必要な場合は、リスト アイテムを入力します。

    Mac の [箇条書き] プルダウン メニュー。

    注: スクリーン リーダーを一時停止させるには、各リスト アイテムの最後に終止符またはコンマを使用します。

番号付きリストを使用する

可能な場合は、継続的なテキストのブロックよりもわかりやすい番号付きリストを使用します。

  1. ノートブックでリストを追加する場所にカーソルを置くか、リストに含まれるテキストの一部を選択します。

  2. [ホーム] メニューで、段落番号アイコンをクリックします。

  3. 段落番号スタイルを変更するには、段落番号アイコンの横にある下矢印をクリックします。

    Mac の [段落番号] プルダウン メニュー。
  4. 必要な場合は、リスト アイテムを入力します。

適切な文字間隔を使用する

読みやすさを向上させるために、文と文の間および段落間の空白を増やしたり減らしたりします。

  1. 変更するテキストの一部を選択します。

  2. [ホーム] メニューで、段落の配置アイコンをクリックします。

  3. 使用する配置をクリックします。

    Mac の [段落の配置] プルダウン メニュー。

関連項目

アクセシビリティの高い Word 文書を作成する

アクセシビリティの高い Excel スプレッドシートを作成する

Make your PowerPoint presentations accessible (PowerPoint プレゼンテーションのアクセシビリティを向上させる)

アクセシビリティの高い Outlook メールを作成する

注: このトピックでは、iPhone を使用していることを前提とします。一部のナビゲーションとジェスチャは、iPad とは異なる場合があります。

次の表では、すべてのユーザーが使いやすい OneNote for iOS ノートブックを作成するためのベスト プラクティスを示します。

修正する内容

修正が必要な理由

解決方法

すべてのビジュアルに代替テキストを含めます。

代替テキストは、画面を見ることができない、クリップ アート、SmartArt グラフィックや図形などの画像や他のビジュアルで何が重要であるかを確認できないユーザーの役に立ちます。

重要な情報を伝達する唯一の方法として、画像にテキストを使用するのは避けてください。テキストを含む画像を使用する必要がある場合、本文でそのテキストを繰り返します。代替テキストで、画像とその目的について簡単に説明します。

代替テキストを画像に追加する

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加します。

スクリーン リーダーを使用するユーザーは、リンクの一覧を調べることがあります。リンクは、リンク先の情報を明確かつ正確に伝える必要があります。たとえば、"ここをクリック" のようなテキストではなく、リンク先ページの完全なタイトルをリンクに使うようにします。

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加する

すべてのノートブックのセクションに一意の名前を指定し、空のセクションを削除します。

スクリーン リーダーはセクション タブを読み上げるので、セクション タブで、ノートブック上に記載されている情報を提供し、ノートブックの内容の理解やノートブック内の移動が容易に行えるようにします。

セクション タブの名前を変更する

セクション タブを削除する

色が、情報を伝達する唯一の手段にならないようにしてください。

視覚障碍または色覚障碍のある方は、特定の色が伝える意味を取り損なう可能性があります。

太字を追加するなど、情報を伝えるための他の手段も使用します。たとえば、色を確認できない場合でも、リンクされたテキストがあることがわかるように、色が使用されたハイパーリンク テキストに下線を追加します。

アクセシビリティの高いテキスト形式を使用する

さまざまなテキストの書式設定を過度に使用しないようにします。

失読症のユーザーは、ページ上の単語が動いているか、テキストがまとまって移動している (テキスト行が下の行に圧縮される) と感じる可能性があります。また、テキストが結合していたり、歪んでいると感じる可能性もあります。

読む際の負荷を減らすために、次のような操作を実行できます。

  • すべて大文字にしたり、過剰に斜体や下線を使用したりしないでください。

  • 両端揃えではなく、段落を左揃えにします。この操作を行うと、単語間の間隔が大きくなることを避けることができます。間隔を大きくすると、段落の間に幅の広い空白の帯があるように見える可能性があります。

アクセシビリティの高いテキスト形式を使用する

適切な文字間隔を使用する

組み込みの書式設定ツールを使用します。

スクリーン リーダーでノートを読みやすくするには、OneNote for iOS の組み込みの書式設定のツールを使用します。

小さな論理的な単位でノートの情報を整理します。特定の順序を示す必要がないアイテムの場合は、箇条書きを使用します。順序を示す必要があるアイテムの場合は、番号付きリストを使用します。

箇条書きを使用する

番号付きリストを使用する

代替テキストを画像に追加する

スクリーン リーダーが、画像の説明を読むことができるように、写真、クリップ アート、スクリーンショットなどの画像に代替テキストを追加します。

  1. ノートブック内の画像を長押しし、コンテキスト メニューで左方向にスワイプして [代替テキスト] をタップします。

  2. フィールドにタイトルと説明を入力します。簡潔にまとめ、最も重要な情報から始めて、画像の内容と機能を伝えることを目指します。入力し終わったら、[完了] をタップします。

    注: この情報が読み上げられる方法はスクリーン リーダーによって異なるため、[タイトル] と [説明] フィールドの両方を入力します。

    iPhone の [代替テキスト] ダイアログ ボックス。

アクセシビリティの高いハイパーリンクとテキストを作成する

次の手順では、アクセシビリティの高い OneNote for iOS ノートブックのハイパーリンクとテキストを作成する方法について説明します。

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加する

わかりやすいテキストにハイパーリンクを追加し、ユーザーがリンクの背後にある情報を理解できるようにします。

  1. ハイパーリンクを追加するテキストの一部を選択します。

  2. メニュー バーで、左方向にスワイプし、[リンクの挿入] ボタンをタップします。

    iPhone のメニュー バーの [リンク] ボタン。
  3. 選択したテキストが、[表示] フィールドに表示されます。これがハイパーリンク テキストです。必要に応じて変更できます。

    注: “ここをクリック” または同様の説明のない式を使用しないでください。リンク テキストは、コピー先のページを正確かつ簡潔に説明する必要があります。

  4. ハイパーリンクの URL を [アドレス] フィールドに入力します。

    注: また、アドレスをコピーして貼り付けることもできます。

  5. [完了] をタップします。

    iPhone の [ハイパーリンク] ダイアログ ボックス。

セクション タブの名前を変更する

わかりやすい正確なタイトルのセクション タブにすると、ユーザーが正しいセクションを見つけやすくなります。

  1. ノートブックで名前を変更するセクション タブを長押しし、メニュー バーで [名前の変更] ボタンをタップします。

    iPhone のメニュー バーの [セクション名の変更] ボタン。

  2. 新しい名前を入力して、[完了] をタップします。

セクション タブを削除する

スクリーン リーダーとユーザーが関連する情報をすばやく見つけられるようにするために、情報のない、使用されていないセクション タブを削除します。

  1. ノートブックで削除するセクション タブを長押しし、メニュー バーで [削除] ボタンをタップします。

    iPhone のメニュー バーの [セクションの削除] ボタン。

  2. 確認ダイアログ ボックスで、[削除] をタップします。

アクセシビリティの高いテキスト形式を使用する

テキストの書式設定を向上させるには、プレーンなサンセリフ フォントを選択して、大きなフォント サイズを使用し、テキストを左揃えに整列して、ブロックの大文字や斜体の過剰な使用を避けます。

テキストの書式設定を適用する

  1. 書式設定するテキストの一部を選択します。

  2. メニュー バーでは、たとえば、強調のために太字フォント、斜体フォント、または下線を選択できます。選択するオプションをタップします。

    iPhone のメニュー バーの [太字] ボタン。

フォントの種類とサイズを変更する

  1. [ノートブック] ビューで、設定アイコンをタップします。

    iPhone のノートブックの [設定] ボタン。
  2. [設定] で、[編集と表示] をタップします。

  3. 大きなフォント サイズおよびサンセリフのフォントの種類を選択します。

    iPhone の [設定] のフォントの種類とサイズに関するオプション。

箇条書きを使用する

可能な場合は、読みやすさとナビゲーションを向上させるために、連続するテキストを箇条書きに分割します。

  1. ノートブックでリストを追加する場所にカーソルを置くか、リストに含まれるテキストの一部を選択します。

  2. メニュー バーで [箇条書き] ボタンをタップします。

    iPhone のメニュー バーの [箇条書き] ボタン。

  3. 必要な場合は、リスト アイテムを入力します。

    注: スクリーン リーダーを一時停止させるには、各リスト アイテムの最後に終止符またはコンマを使用します。

番号付きリストを使用する

シーケンスの場合、連続するテキストのブロックよりも、番号付きリストを使用する方が簡単です。

  1. ノートブックでリストを追加する場所にカーソルを置くか、リストに含まれるテキストの一部を選択します。

  2. メニュー バーで [段落番号] ボタンをタップします。

    iPhone のメニュー バーの [番号付きリスト] ボタン。

  3. 必要な場合は、リスト アイテムを入力します。

適切な文字間隔を使用する

単語間の間隔が大きくなるのを避けるために段落を左揃えにします。

  1. 変更するテキストの一部を選択します。

  2. メニュー バーで、[左揃え] ボタンをタップします。

    iPhone のメニュー バーの [左揃え] ボタン。

関連項目

アクセシビリティの高い Word 文書を作成する

アクセシビリティの高い Excel ブックを作成する

Make your PowerPoint presentations accessible (PowerPoint プレゼンテーションのアクセシビリティを向上させる)

アクセシビリティの高い Outlook メールを作成する

次の表では、すべてのユーザーが使いやすい OneNote for Windows 10 ノートブックを作成するためのベスト プラクティスを示します。

修正する内容

修正が必要な理由

解決方法

すべてのビジュアルに代替テキストを含めます。

代替テキストは、画面を見ることができない、クリップ アート、SmartArt グラフィックや図形などの画像や他のビジュアルで何が重要であるかを確認できないユーザーの役に立ちます。

重要な情報を伝達する唯一の方法として、画像にテキストを使用するのは避けてください。テキストを含む画像を使用する必要がある場合、本文でそのテキストを繰り返します。代替テキストで、画像とその目的について簡単に説明します。

代替テキストを画像に追加する

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加します。

スクリーン リーダーを使用するユーザーは、リンクの一覧を調べることがあります。リンクは、リンク先の情報を明確かつ正確に伝える必要があります。たとえば、"ここをクリック" のようなテキストではなく、リンク先ページの完全なタイトルをリンクに使うようにします。

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加する

すべてのノートブックのセクションに一意の名前を指定し、空のセクションを削除します。

スクリーン リーダーはセクション タブを読み上げるので、セクション タブで、ノートブック上に記載されている情報を提供し、ノートブックの内容の理解やノートブック内の移動が容易に行えるようにします。

セクション タブの名前を変更する

セクション タブを削除する

色が、情報を伝達する唯一の手段にならないようにしてください。

視覚障碍または色覚障碍のある方は、特定の色が伝える意味を取り損なう可能性があります。

色だけを使って意味を伝えないようにしてください。色やその他の感覚特性の意味と同じ内容を示すテキストを作成します。

太字を追加するなど、情報を伝えるための他の手段も使用します。たとえば、色を確認できない場合でも、リンクされたテキストがあることがわかるように、色が使用されたハイパーリンク テキストに下線を追加します。

アクセシビリティの高いテキスト形式を使用する

さまざまなテキストの書式設定を過度に使用しないようにします。

失読症のユーザーは、ページ上の単語が動いているか、テキストがまとまって移動している (テキスト行が下の行に圧縮される) と感じる可能性があります。また、テキストが結合していたり、歪んでいると感じる可能性もあります。

読む際の負荷を減らすために、次のような操作を実行できます。

  • すべて大文字にしたり、過剰に斜体や下線を使用したりしないでください。

  • 両端揃えではなく、段落を左揃えにします。この操作を行うと、単語間の間隔が大きくなることを避けることができます。間隔を大きくすると、段落の間に幅の広い空白の帯があるように見える可能性があります。

アクセシビリティの高いテキスト形式を使用する

組み込みの書式設定ツールを使用します。

スクリーン リーダーでノートを読みやすくするには、OneNote の組み込みの書式設定のツールを使用します。

小さな論理的な単位でノートの情報を整理します。特定の順序を示す必要がないアイテムの場合は、箇条書きを使用します。順序を示す必要があるアイテムの場合は、番号付きリストを使用します。

箇条書きを使用する

番号付きリストを使用する

代替テキストを画像に追加する

スクリーン リーダーが、画像の説明を読むことができるように、写真、クリップ アート、スクリーンショットなどの画像に代替テキストを追加します。

  1. ノートブックの画像を右クリックし、[画像] > [代替テキスト] をクリックします。

  2. フィールドにタイトルと説明を入力します。簡潔にまとめ、最も重要な情報から始め、画像の内容と機能を伝えることを目指します。準備ができたら、[完了] をクリックします。

    注: この情報が読まれる方法はスクリーン リーダーによって異なるため、[タイトル] と [説明] フィールドの両方を入力します。

    OneNote for Windows 10 に代替テキストを追加する代替テキスト ダイアログ。

アクセシビリティの高いハイパーリンクとテキストを作成する

次の手順では、アクセシビリティの高い OneNote ノートブックのハイパーリンクとテキストを作成する方法について説明します。

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加する

わかりやすいテキストにハイパーリンクを追加し、ユーザーがリンクの背後にある情報を理解できるようにします。

  1. ハイパーリンクを追加するテキストの一部を選択します。

  2. [挿入] メニューのリボンで [リンク] をクリックします。

  3. 選択したテキストが、[表示するテキスト] フィールドに表示されます。これがハイパーリンク テキストです。必要に応じて変更できます。

    注: “ここをクリック” または同様の説明のない式を使用しないでください。リンク テキストは、コピー先のページを正確かつ簡潔に説明する必要があります。

  4. ハイパーリンクの URL を [アドレス] フィールドに入力します。

    注: また、アドレスをコピーして貼り付けることもできます。

  5. [挿入] をクリックします。

    OneNote for Windows 10 でハイパーテキストのリンクを追加するダイアログのスクリーンショット。

セクション タブの名前を変更する

わかりやすい正確なタイトルのセクション タブにすると、ユーザーが正しいセクションを見つけやすくなります。

  1. ノートブックで、編集するセクション タブを右クリックし、[セクション名の変更] を選びます。

    OneNote for Windows 10 でセクション タブの名前を変更するコンテキスト メニューのスクリーンショット。

  2. 新しい名前を入力し、Enter キーを押します。

セクション タブを削除する

スクリーン リーダーとユーザーが関連する情報をすばやく見つけられるようにするために、情報のない、使用されていないセクション タブを削除します。

  1. ノートブックで、削除するセクション タブを右クリックし、[セクションの削除] を選択します。

    OneNote for Windows 10 でセクション タブを削除するコンテキスト メニューのスクリーンショット。

  2. 確認ダイアログ ボックスで、[セクションの削除] をクリックします。

アクセシビリティの高いテキスト形式を使用する

テキストの書式設定を向上させるには、プレーンなサンセリフ フォントを選択して、大きなフォント サイズを使用し、テキストを左揃えに整列して、ブロックの大文字や斜体の過剰な使用を避けます。

  1. 書式設定するテキストの一部を選択します。

  2. たとえば、[ホーム] メニューで、大きなフォント サイズおよびサンセリフのフォントの種類を選択できます。強調するための太字フォントなど、その他の書式設定オプションを使用することもできます。

    OneNote for Windows 10 の [ホーム] メニュー リボンのテキストの書式設定ボタン

箇条書きを使用する

可能な場合は、読みやすさとナビゲーションを向上させるために、連続するテキストを箇条書きに分割します。

  1. ノートブックでリストを追加する場所にカーソルを置くか、リストに含まれるテキストの一部を選択します。

  2. [ホーム] メニューで、箇条書きアイコンをクリックします。

    OneNote for Windows 10 の [ホーム] メニュー リボンで選択されている箇条書きボタン。

  3. 必要な場合は、リスト アイテムを入力します。

    注: スクリーン リーダーを一時停止させるには、各リスト アイテムの最後に終止符またはコンマを使用します。

番号付きリストを使用する

シーケンスの場合、連続するテキストのブロックよりも、番号付きリストを使用する方が簡単です。

  1. ノートブックでリストを追加する場所にカーソルを置くか、リストに含まれるテキストの一部を選択します。

  2. [ホーム] メニューで、段落番号アイコンをクリックし、スタイルを選びます。

    OneNote for Windows 10 の [ホーム] メニュー リボンの段落番号ボタン

  3. 必要な場合は、リスト アイテムを入力します。

関連項目

アクセシビリティの高い Word 文書を作成する

アクセシビリティの高い Outlook メールを作成する

次の表では、障碍のあるユーザーが使いやすい OneNote Online ノートブックを作成するためのベスト プラクティスを示します。

修正する内容

修正が必要な理由

解決方法

すべてのビジュアルに代替テキストを含めます。

代替テキストは、画面を見ることができない、クリップ アート、SmartArt グラフィックや図形などの画像や他のビジュアルで何が重要であるかを確認できないユーザーの役に立ちます。

重要な情報を伝達する唯一の方法として、画像にテキストを使用するのは避けてください。テキストを含む画像を使用する必要がある場合、本文でそのテキストを繰り返します。代替テキストで、画像とその目的について簡単に説明します。

代替テキストを画像に追加する

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加します。

スクリーン リーダーを使用するユーザーは、リンクの一覧を調べることがあります。リンクは、リンク先の情報を明確かつ正確に伝える必要があります。たとえば、"ここをクリック" のようなテキストではなく、リンク先ページの完全なタイトルをリンクに使うようにします。

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加する

すべてのノートブックのセクションに一意の名前を指定し、空のセクションを削除します。

スクリーン リーダーはセクション タブを読み上げるので、セクション タブで、ノートブック上に記載されている情報を提供し、ノートブックの内容の理解やノートブック内の移動が容易に行えるようにします。

セクション タブの名前を変更する

セクション タブを削除する

色が、情報を伝達する唯一の手段にならないようにしてください。

視覚障碍または色覚障碍のある方は、特定の色が伝える意味を取り損なう可能性があります。

色だけを使って意味を伝えないようにしてください。色やその他の感覚特性の意味と同じ内容を示すテキストを作成します。

これを回避するには、太字の追加または大きなフォントの使用など、情報を伝えるための他の手段も使用します。たとえば、色を確認できない場合でも、リンクされたテキストがあることがわかるように、色が使用されたハイパーリンク テキストに下線を追加します。

アクセシビリティの高いテキスト形式を使用する

テキストと背景の色に十分なコントラストを付けます。

視覚障碍のある方を含む全員が見られるように、ノートブック内のテキストは、ハイ コントラスト モードでも読むことができるようにする必要があります。

たとえば、明るい色、または色スペクトルの反対側にある高コントラストの配色を使用します。白黒の配色は、色覚障碍のある方にテキストと図形を区別しやすくします。

アクセシビリティの高いテキストの色を使用する

大きなフォント サイズ (18 pt 以上) のサンセリフ フォントと十分な空白を使用します。

失読症のユーザーは、ページ上の単語が移動したり、テキストがまとまって移動したりする (テキストの行が下の行に圧縮される) と感じる可能性があります。また、テキストが結合していたり、歪んでいる可能性もあります。

読む際の負荷を減らすために、次のような操作を実行できます。

  • Arial や Calibri などの使い慣れたサンセリフ フォントを使用します。

  • すべて大文字にしたり、過剰に斜体や下線を使用したりしないでください。

  • 行と段落の間に十分な空白を含めます。

  • 両端揃えではなく、段落を左揃えにします。この操作を行うと、単語間の間隔が大きくなることを避けることができます。大きな間隔があると、段落間で空白の流れが生じる視覚効果が作られる可能性があります。

アクセシビリティの高いテキスト形式を使用する

適切な文字間隔を使用する

組み込みの見出しとスタイルを使用します。

スクリーン リーダーでメモを読みやすくするには、OneNote Online の論理的な見出しの順序と組み込みの書式設定のツールを使用します。

たとえば、指定された論理的な順序で見出しを並べます。見出し 3、見出し 1、見出し 2 という順序ではなく、見出し 1、見出し 2、見出し 3 という順序にします。そして、小さな単位でメモの情報を整理します。理想的には、各見出しに含まれる段落が 2、3 個だけになるようにします。

組み込みの見出しスタイルを適用する

箇条書きを使用する

番号付きリストを使用する

論理的な順序になっていない見出しを見つけるには、アクセシビリティ チェックを使用します。

単純な表構造を使用し、列ヘッダーを指定します。

スクリーン リーダーは、表のセルをカウントすることによって、表内での位置を追跡します。表が入れ子になっていたり、セルが結合または分割されていると、スクリーン リーダーはカウントがわからなくなり、その位置以降の表について有用な情報を提供できなくなります。表に空白のセルがあると、スクリーン リーダーを使用しているユーザーは表にそれ以上何もないと誤解する可能性があります。

テーブルのセルが分割または結合されていたり、テーブルが入れ子になっていたり、行または列が完全に空白でないことを確認するには、アクセシビリティ チェックを使用します。

代替テキストを画像に追加する

スクリーン リーダーが、画像の説明を読むことができるように、写真、クリップ アート、スクリーンショットなどの画像に代替テキストを追加します。

  1. ノートブックの画像を右クリックし、[代替テキスト​​の編集] を選択します。

  2. フィールドに説明を入力します。簡潔にまとめ、最も重要な情報から始め、画像の内容と機能を伝えることを目指します。準備ができたら、[OK] をクリックします。

    OneNote Online の [代替テキスト] ダイアログ ボックス。

アクセシビリティの高いハイパーリンクとテキストを作成する

次の手順では、アクセシビリティの高い OneNote Online ノートブックのハイパーリンクとテキストを作成する方法について説明します。

わかりやすいハイパーリンク テキストを追加する

わかりやすいハイパーリンクをテキストに追加し、ユーザーがリンクの背後にある情報を理解できるようにします。

  1. ハイパーリンクを追加するテキストの一部を選択します。

  2. [挿入] メニューのリボンで [リンク] をクリックします。

  3. 選択したテキストが、[表示テキスト] フィールドに表示されます。これがハイパーリンク テキストです。必要に応じて変更できます。

    注: “ここをクリック” または同様の説明のない式を使用しないでください。リンク テキストは、コピー先のページを正確かつ簡潔に説明する必要があります。

  4. ハイパーリンクの URL を [アドレス] フィールドに追加します。

    OneNote Online の [ハイパーリンク] ダイアログ ボックス。

  5. [挿入] をクリックします。

セクション タブの名前を変更する

わかりやすい正確なタイトルのセクション タブにすると、ユーザーが正しいセクションを見つけやすくなります。

  1. ノートブックで、編集するセクション タブを右クリックし、[名前の​​変更] を選択します。

  2. 新しい名前を入力します。

    OneNote Online の [セクション名の変更] オプション。

セクション タブを削除する

スクリーン リーダーとユーザーが関連する情報をすばやく見つけられるようにするために、情報のない、使用されていないセクション タブを削除します。

  1. ノートブックで、削除するセクション タブを右クリックし、[削除] を選択します。

    OneNote Online の [セクションの削除] メニュー オプション。

  2. 確認ダイアログ ボックスで、[はい] をクリックします。

アクセシビリティの高いテキスト形式を使用する

テキストの書式設定を向上させるには、プレーンなサンセリフ フォントを選択して、大きなフォント サイズを使用し、テキストを左揃えに整列して、ブロックの大文字や斜体の過剰な使用を避けます。

  1. 書式設定するテキストの一部を選択します。

  2. たとえば、[ホーム] メニューで、大きなフォント サイズおよびサンセリフのフォントの種類を選択できます。強調するための太字フォントなど、その他の書式設定オプションを使用することもできます。

アクセシビリティの高いテキストの色を使用する

ハイコントラスト モードでテキストがうまく表示されるようにするには、フォントの色の [自動] 設定を使用します。

  1. テキストを選択します。

  2. [ホーム] メニューで、フォントの色アイコンの横にある下矢印をクリックし、[自動] をクリックします。

    OneNote Online の [フォントの色] メニューのオプション。

組み込みの見出しスタイルを適用する

組み込みの見出しスタイルを使用して、スクリーン リーダーのノートブック ページのアウトラインを形成します。スクリーン リーダーでは、組み込みのスタイルが適用されている場合を除き、見出しに大きな太字のフォントを使用しているテキストは解釈されません。

  1. 見出しのテキストを選択します。

  2. [ホーム] メニューで、[見出し 2] などの見出しスタイルを選択します。

    OneNote Online の見出しスタイルのオプション。

箇条書きを使用する

可能な場合は、読みやすさとナビゲーションを向上させるために、テキストを箇条書きに分割します。

  1. ノートブックでリストを追加する場所にカーソルを置くか、リストに含まれるテキストの一部を選択します。

  2. [ホーム] メニューで、箇条書きアイコンをクリックします。

  3. 箇条書きスタイルを変更するには、箇条書きアイコンの横にある下矢印をクリックします。

    OneNote Online の [箇条書き] メニュー。

  4. 必要な場合は、リスト アイテムを入力します。

    注: スクリーン リーダーを一時停止させるには、各リスト アイテムの最後に終止符またはコンマを使用します。

番号付きリストを使用する

可能な場合は、継続的なテキストのブロックよりもわかりやすい番号付きリストを使用します。

  1. ノートブックでリストを追加する場所にカーソルを置くか、リストに含まれるテキストの一部を選択します。

  2. [ホーム] メニューで、段落番号アイコンをクリックします。

  3. 段落番号スタイルを変更するには、段落番号アイコンの横にある下矢印をクリックします。

    OneNote Online の [段落番号] メニューのオプション。

  4. 必要な場合は、リスト アイテムを入力します。

適切な文字間隔を使用する

読みやすさを向上させるために、文と文の間および段落間の空白を増やしたり減らしたりします。

  1. 変更するテキストの一部を選択します。

  2. [ホーム] メニューで、段落の配置アイコンをクリックします。

  3. 目的のオプションを選びます。

    OneNote Online の [段落の配置] メニューのオプション。

関連項目

アクセシビリティの高い Word 文書を作成する

アクセシビリティの高い Excel スプレッドシートを作成する

アクセシビリティの高い PowerPoint プレゼンテーションを作成する

アクセシビリティの高い Outlook メールを作成する

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×