アカウントの基本設定の設定

アカウントの基本設定を使用して、Live Meeting を使用するすべてのメンバに対するオプションを設定できます。

次のアカウントの基本設定を設定できます。

  • [ユーザーの基本設定] これらの基本設定は、ユーザーがいる地域のタイム ゾーンを制御します。

  • [既定の基本設定] これらの基本設定は、ユーザーが最初に Live Meeting クライアントをインストールするときにすべてのユーザーに対して設定されるミーティング オプションへのアクセスを制御します。

メンバのユーザーの基本設定は、対応するメンバシップを編集することによって上書きできます。詳細については、「メンバシップの作成と管理」を参照してください。

既定のアカウントの基本設定を設定すると、設定した基本設定は新しいメンバだけに適用されます。各メンバが自分の基本設定に変更を加えると、設定した既定のアカウントの基本設定が上書きされます。

ユーザーの基本設定を設定するには

  1. [マイ ホーム] ページの [管理] セクションの [アカウント] をクリックします。

  2. [アカウント管理のホーム ページ] の [アカウントの基本設定] をクリックします。

  3. 左ウィンドウの [管理] セクションの [ユーザーの基本設定] をクリックします。

  4. [ユーザーの基本設定] ページで、ユーザーと Live Meeting セッションの既定のタイム ゾーンをクリックします。

  5. [送信] をクリックします。

既定のアカウントの基本設定を設定するには

  1. [マイ ホーム] ページの [管理] セクションの [アカウント] をクリックします。

  2. [アカウント管理のホーム ページ] の [アカウントの基本設定] をクリックします。

  3. 左ウィンドウの [管理] セクションの [既定の基本設定] をクリックします。

  4. [既定の基本設定] ページの [ミーティングのサイズ] ボックスに、Live Meeting セッションで許可する、Live Meeting 会議センターへの同時ネットワーク接続数の既定値を入力します。

  5. [ストリーミング メディアのカスタム ペイン] セクションで、Live Meeting セッションで出席者と発表者のために有効にするストリーミング メディアのカスタム ペインの URL とフレームの高さを入力します。

  6. [オーディオの基本設定] セクションで、Live Meeting セッションの既定の [優先するオーディオ] の無料ミーティング電話番号と、既定の有料ミーティング電話番号 (各電話番号の国コードを含む) を入力します。

  7. Live Meeting 環境でレコーディングやインターネット オーディオ ブロードキャストを使用する場合は、電話会議プロバイダに自動的にダイヤルするのに必要な参加者コードの直前と直後に、既定のダイヤル キーを入力します。

  8. [ミーティングへの招待に挿入された、追加のオーディオ情報] セクションで、参加者および発表者のミーティング招待状に挿入される追加のオーディオ情報を入力します。また、ミーティング開催者にこのオプションの使用を許可する場合は、[追加のオーディオ情報を許可する] チェック ボックスをオンにします。

  9. [招待状の基本設定] セクションで、[Outlook との統合を許可する (ActiveX が必要です)] チェック ボックスをオンにすることで、既定でミーティング開催者がミーティング招待状を送信するために Microsoft Office Outlook を使用できるかどうかを指定します。

  10. [レコーディングの基本設定] セクションで、既定ですべての参加者がレコーディングを表示できるようにするか、管理者および開催者のみとするかを指定します。

  11. 新しいメンバに各自の電子メール アドレスと会社名の入力を要求するには、[登録の追加項目を要求] チェック ボックスをオンにします。

  12. [送信] をクリックします。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×