アカウントのバックアップ コピーを保存する

注: この記事は既に役割を終えており、間もなく提供終了となります。Microsoft では、「ページが見つかりません」の問題を避けるために既知のリンクを削除しています。このページへのリンクを作成された場合は、同様に、この問題を避けるためにリンクを削除してください。

コンピューターでディスク エラーなどの問題が発生した場合にアカウントやワークスペースへのアクセスが失われないように、アカウントを保存しておくと、後で復元することができます。

保存しておいたアカウント ファイルを使用して、別のコンピューターにアカウントを追加することもできます。

アカウントを保存すると、基本設定、各種設定、連絡先、およびワークスペースに関する情報がファイルに格納されます。このファイルを、ネットワーク ファイル サーバーなど、後で安全に取り出せる場所に保管できます。

アカウントを保存しても、ワークスペースのデータはバックアップされません。後でワークスペースのデータを、同じアカウントが存在する別のコンピューター、またはワークスペースの他のメンバーからダウンロードする必要があります。他にメンバーがいない場合や、同じアカウントが存在する別のコンピューターにワークスペースがない場合は、ワークスペースのデータをダウンロードできません。

アカウントのバックアップ コピーを保存するには、次の操作を行います。

  1. [ファイル] タブの [情報] をクリックし、[アカウントの管理] をクリックします。次に、[アカウントの基本設定] をクリックします。

  2. [基本設定] ダイアログ ボックスの [アカウント] タブをクリックします。

  3. [保存] をクリックします。

  4. [アカウントをファイルとして保存] ダイアログ ボックスで、アカウント ファイルを保存する場所を選択します。

  5. [保存] をクリックします。

  6. パスワードの入力を求める画面が表示されたら、パスワードを入力し、[OK] をクリックします。

    保存したアカウントを別のコンピューターに追加する場合は、このパスワードを入力する必要があります。同じシステム上でアカウントを復元する際にパスワードを思い出せない場合は、[パスワードを忘れた場合] というリンクをクリックして、アカウント リセット コードを自分の電子メール アドレス宛てに送信できます。

    注: [パスワードを忘れた場合] リンクは、アカウントの基本設定で、"アカウントの復元を可能にする" 機能を有効にした場合にのみ表示されます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×