アカウントのバックアップ コピーを保存する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

できるように復元後に、アカウントおよびアクセスが失われるディスクに失敗した場合、ワークスペース、またはその他のコンピューターの問題を防ぐには、自分のアカウントを保存できます。

別のコンピューターでアカウントを追加するファイルを保存したアカウントを使用することもできます。

アカウントを保存すると、基本設定、各種設定、連絡先、およびワークスペースに関する情報がファイルに格納されます。このファイルを、ネットワーク ファイル サーバーなど、後で安全に取り出せる場所に保管できます。

アカウントを保存しても、ワークスペースのデータはバックアップされません。後でワークスペースのデータを、同じアカウントが存在する別のコンピューター、またはワークスペースの他のメンバーからダウンロードする必要があります。他にメンバーがいない場合や、同じアカウントが存在する別のコンピューターにワークスペースがない場合は、ワークスペースのデータをダウンロードできません。

アカウントのバックアップ コピーを保存するには、次の操作を行います。

  1. [ファイル] タブの [情報] をクリックし、[アカウントの管理] をクリックします。次に、[アカウントの基本設定] をクリックします。

  2. [基本設定] ダイアログ ボックスの [アカウント] タブをクリックします。

  3. [保存] をクリックします。

  4. [アカウントをファイルとして保存] ダイアログ ボックスで、アカウント ファイルを保存する場所を選択します。

  5. [保存] をクリックします。

  6. パスワードの入力を求める画面が表示されたら、パスワードを入力し、[OK] をクリックします。

    保存したアカウントを別のコンピューターに追加する場合は、このパスワードを入力する必要があります。同じシステム上でアカウントを復元する際にパスワードを思い出せない場合は、[パスワードを忘れた場合] というリンクをクリックして、アカウント リセット コードを自分の電子メール アドレス宛てに送信できます。

    注: パスワードを忘れてしまったですか?アカウントの環境設定、アカウントの復元を有効にする機能を有効にした場合にのみ表示をリンクします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×