アカウントが接続する Microsoft Exchange Server のバージョンを確認する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

Microsoft Exchange Server アカウントの一部の機能は、そのアカウントが接続する Exchange のバージョンに依存します。たとえば、オンライン アーカイブを使用するには、Microsoft Exchange Server 2010 が必要です。

Microsoft Exchange Server アカウントを持っているかどうかを調べる方法

[ファイル] タブをクリックします。 [アカウント設定] をクリックし、[アカウント設定] をクリックします。 [電子メール] タブのアカウントの一覧に、各アカウントの種類が示されます。

[アカウント設定] ダイアログ ボックスの [Exchange アカウント] の例

アカウントが接続する Exchange のバージョンを確認するには、次の操作を行います。

  1. Microsoft Outlookを実行している、キーを押すし、ctrl キーを押しながら、通知領域のOutlookアイコンを右クリックします。

    通知領域を拡張して Outlook アイコンを表示する

  2. [接続状態] をクリックします。

  3. 横方向のスライダーを右端まで移動します。

    注: [バージョン] 列見出しの下に表示される数字を書き留めます。

  4. メモした数字を次の表の数字と比較します。

Microsoft Exchange Server

バージョン

Microsoft Exchange Server 2003

6.5.6944

Microsoft Exchange Server 2003 SP1

6.5.7226

Microsoft Exchange Server 2003 SP2

6.5.7638

Microsoft Exchange Server 2003 SP2
2008 年 3 月の更新

6.5.7653.33

Microsoft Exchange Server 2003 SP2
2008 年 8 月更新プログラム

6.5.7654.4

Microsoft Exchange Server 2007

8.0.685.24 または
8.0.685.25

Microsoft Exchange Server 2007 SP1

8.1.240.006

Microsoft Exchange Server 2007 SP2

8.2.176.002

Microsoft Exchange Server 2007 SP3

8.3.83.006

Microsoft Exchange Server 2010

14.0.639.21

Microsoft Exchange Server 2010 SP1

14.1.218.15

Microsoft Exchange Server 2010 SP2

14.2.247.5

Microsoft Exchange Server 2013

15.0.XXX.XXX

Microsoft Exchange Server 2016

15.01.XXXX.XXX

注: Microsoft Exchange Server 2016、Exchange Server 2013 の Exchange Server 2010、Exchange Server 2007、または Exchange Server 2003 では、Microsoft Outlook 2010 を使用できます。

別の Exchange Server のバージョン番号の参照Exchange サーバーの更新: 数値の作成し、リリース日します。

Microsoft Exchange アカウントの一部の機能は、自分のアカウントに接続する Exchange のバージョンによって異なります。例は、Outlook Anywhere 機能、Microsoft Exchange Server 2003 またはそれ以降が必要です。

アカウントが接続する Exchange のバージョンを確認するには、次の操作を行います。

  1. Microsoft Outlookを実行している、キーを押すし、ctrl キーを押しながら、タスク バーの右端にある通知領域のOutlookアイコンを右クリックします。

    通知領域の Outlook アイコン

  2. [接続状態] をクリックします。

  3. 横方向のスライダーを右端まで移動します。

    注: [バージョン] 列見出しの下に表示される数字を書き留めます。

  4. メモした数字を次の表の数字と比較します。

Microsoft Exchange Server のバージョン

バージョン

Microsoft Exchange Server 2000

6.0.4417

Microsoft Exchange Server 2000 SP1

6.0.4712

Microsoft Exchange Server 2000 SP2

6.0.5762

Microsoft Exchange Server 2000 SP3

6.0.6249

Microsoft Exchange Server 2003

6.5.6944

Microsoft Exchange Server 2003 SP1

6.5.7226

Microsoft Exchange Server 2003 SP2

6.5.7638

Microsoft Exchange Server 2003 SP2
2008 年 3 月の更新

6.5.7653.33

Microsoft Exchange Server 2003 SP2
2008 年 8 月更新プログラム

6.5.7654.4

Microsoft Exchange Server 2007

8.0.685.24 または
8.0.685.25

Microsoft Exchange Server 2007 SP1

8.1.240.006

Microsoft Exchange Server 2007 SP2

8.2.176.002

Microsoft Exchange Server 2007 SP3

8.3.83.006

Microsoft Exchange Server 2010

14.0.639.21

Microsoft Exchange Server 2010 SP1

14.1.218.15

Microsoft Exchange Server 2010 SP2

14.2.247.5

Microsoft Exchange Server 2013

15.0.XXX.XXX

Microsoft Exchange Server 2016

15.01.XXXX.XXX

注: Microsoft Exchange Server 2013、Exchange Server 2010、Exchange Server 2007、Exchange Server 2003、または Exchange Server 2000 Microsoft Office Outlook 2007を使用できます。

別の Exchange Server のバージョン番号の参照Exchange サーバーの更新: 数値の作成し、リリース日します。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×