アウトライン表示を使用して見出しの管理やテキストの配置を行う

アウトライン表示を使うと、どの部分のテキストを見ているのかを把握しながら文書の構造や見出しを管理するのに役立ちます。アウトライン表示 ([表示]、[アウトライン] の順に選ぶ) で [アウトライン ツール] を使って、見出しの移動と編集を行ったり、見出しレベルを変更したり、テキストを移動したりします。また、どこまで詳しく表示するかを制御することもできます。

注: アウトラインを既存の文書からではなく最初から作成するプロセスはまったく異なります。必要であれば、「アウトラインを一から作成する」を参照してください。

アウトライン表示の文書の操作方法は次のとおりです。

目的

操作

ショートカット キー

見出しを作成する

[アウトライン] でアウトライン表示内の本文を選び、[アウトライン ツール] の [アウトライン レベル] ボックスをクリックし、目的の見出しレベルを選びます。

Alt + Shift + ←

見出しを編集する

アウトライン表示でテキストを選び、必要な変更を行います。

見出しレベルを変更する

[アウトライン] の [アウトライン ツール] で、[アウトライン レベル] ボックスの横にある左右の矢印をクリックして、見出しのレベルを上げ下げします。

Alt + Shift + ← または Alt + Shift + →

テキストを上下に移動する

テキストを選び、[アウトライン] の上下の矢印をクリックします。

Alt + Shift + ↑ または Alt + Shift + ↓

テキストを展開または折りたたむ

見出しを選び、[アウトライン] のプラス記号またはマイナス記号をクリックします。

Alt + Shift + + または Alt + Shift + -

見出しの一部を表示または非表示にする

[アウトライン] の [レベルの表示] で、表示する最も低い見出しレベルを選びます。このレベルより低いレベルはすべて非表示になります。

Alt + Shift + n を押すと、見出しレベル n までの見出しがすべて表示される

テキストの 1 行目のみまたはテキスト全体を表示する

[アウトライン] の [1 行目のみ表示] ボックスをオンまたはオフにします。

Alt + Shift + L

アウトライン表示を閉じる

[アウトライン] の [アウトライン表示を閉じる] の X をクリックします。

表示を切り替える

[表示] をクリックして、[印刷レイアウト] や [閲覧モード] など、切り替え先となるビューのタイプをクリックします。

印刷表示は Alt + Ctrl + P、下書き表示は Alt + Ctrl + N、アウトライン表示に戻るには Alt + Ctrl + O を押す

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×