アウトライン表示でドキュメントをオンラインで作成する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

アウトライン表示を整理するのには複雑な文書がある場合 (ビュー >アウトライン) の構造に集中するのに役立ちます。アウトライン表示を使用して作成または見出しを編集するには、見出しレベルを調整するのにし、目的の場所のすべてが適切になるまで、コンテンツの配置を変更できます。

(既存ドキュメントからアウトラインを生成せず、最初から作成するには、「アウトラインを一から作成する」を参照してください。)

[表示] をクリックして >アウトライン。これは、は自動的に、アウトラインを生成し、[アウトラインツールを開きます。

[表示] メニューの [アウトライン] コマンドを示す画像

文書に見出し (H1 ~ H9 の見出しレベル) がある場合は、該当する見出しレベル別に編成されて表示されます。

[アウトライン] メニューの [アウトライン] ツールの一部とサンプル テキストのサンプル アウトラインを示す画像

ドキュメントに見出しやサブ見出しが設定されていない場合は、アウトライン全体が箇条書き形式で表示され、各段落が独立した箇条書きになります。見出しが割り当てられていない場合、箇条書きのテキストが本文として表示されます。

見出しまたは見出しレベルの割り当てや編集を行い、ドキュメント構造を設定するには、「アウトライン表示を使用して、見出しの管理とテキストの配置を行う」を参照してください。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×