アウトライン表示でドキュメントをオンラインで作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

複雑なドキュメントを整理する場合、アウトライン表示 ([表示]、[アウトライン] の順に選ぶ) で構造を表示して、詳細を設定できます。アウトライン表示を使うと、見出しの作成や編集、見出しレベルの調整、コンテンツの再配置を行って、すべてを目的どおりに配置することができます。

(既存ドキュメントからアウトラインを生成せず、最初から作成するには、「アウトラインを一から作成する」を参照してください。)

[表示]、[アウトライン] の順にクリックします。アウトラインが自動的に生成され、[アウトライン] ツールが開きます。

[表示] メニューの [アウトライン] コマンドを示す画像

ドキュメントに見出し (H1~ H9 の見出しレベル) が設定されている場合は、これらの見出しがレベル別に編成されて表示されます。

[アウトライン] メニューの [アウトライン] ツールの一部とサンプル テキストのサンプル アウトラインを示す画像

ドキュメントに見出しやサブ見出しが設定されていない場合は、アウトライン全体が箇条書き形式で表示され、各段落が独立した箇条書きになります。見出しが割り当てられていない場合、箇条書きのテキストが本文として表示されます。

見出しまたは見出しレベルの割り当てや編集を行い、ドキュメント構造を設定するには、「アウトライン表示を使用して、見出しの管理とテキストの配置を行う」を参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×