アウトライン番号の表示と非表示

注: 最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに英語の記事があります。

タスク リストでアウトライン番号を表示するときに、ワーク ブレークダウン ストラクチャ (WBS) という数字コードでアウトライン構造を表示できます。 Project では、タスク リストの階層レベルに基づいて、各タスクに一意のアウトライン番号を割り当てます。

  1. [アウトライン番号] 列を表示する場所の右にある列ヘッダーを右クリックし、[列の挿入] をクリックします。

    注: [アウトライン番号] 列を最後の列として表示する場合、最後の列の前に挿入してから、見出しをドラッグして移動します。

  2. 下にスクロールして、一覧から [アウトライン番号] をクリックします。

    subtask14

[アウトライン番号] 列を非表示にするには、列見出しを右クリックし、[列を表示しない] をクリックします。

タスクのアウトライン番号を変更するには、タスク リスト内でタスクを上下に移動するか、Project のアウトライン構造でアウトライン ボタンを使用して配置を変更する必要があります。 詳細な手順については、「サマリー タスクとサブタスクを作成して操作する」トピックを参照してください。

タスク リストを並べ替えると、リスト アイテムのアウトライン番号も変わることに注意してください。 タスクを移動、追加、または削除すると、タスク リストの最新の構造が反映されるので、アウトライン番号は自動的に更新されます。

注: 手動で入力したカスタムの番号付け体系を使用している場合、番号は自動的に更新されません。 タスクを移動した場合、タスクの新しい場所を反映するには、番号を手動で調整する必要があります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×