より正確にスケジュールを設定するためにタスクの種類を変更する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

数人のスタッフを割り当てていたタスクが、短縮できるという予想に反して、長引いてしまうことがあります。また、その反対のケースもあります。いずれも困った状況です。セメントを固めるなどの作業では、セメントの流し込みに作業員をどのように配置しても、かかる時間は変わりません。一方、道路の建設やソフトウェアの開発などは、そこに割り当てる人材やリソースによって期間が延長または短縮されます。

  • こうした現実により良く対応するためにタスクの種類を変更するには、タスクをダブルクリックし、[詳細設定] をクリックして、タスクの種類を変更します。

ヒント:  より手早く行うには、シート ビューに [タスクの種類] 列を追加します。列見出しを右クリックし、[列の挿入] をクリックします。

以下の手順は、Microsoft Project 2016、2013、および 2010 を特定します。

タスクの種類の詳細

タスクの種類がスケジュールを変更する方法

タスクのタイミングを制御する実際の例

タスクの種類によるスケジュールの違い

Project では、 作業、 期間、および割り当て単位数] の 3 つの値を関連付ける、スケジュールの計算式を使用します。

作業時間 = 期間 x 単位

タスクの種類を設定を使用すると、「修正」(または変更できないように) 以下の値のいずれかです。いずれかの値を修正すると、その他の 2 つの値を変更するときに変更が話のプロジェクトでは、その値に優先度が配置されます。これは、両方の自動および手動でスケジュールされたタスクに適用されます。

以下に、スケジュール設定の公式のすべての要因を覚えておくための便利な表を示します。

タスクの種類

単位数を変更した場合

期間を変更した場合

作業時間を変更した場合

単位数固定

期間が再計算されます

作業時間が再計算されます

期間が再計算されます

[作業時間固定タスク   

期間が再計算されます

単位数が再計算されます

期間が再計算されます

期間固定

作業時間が再計算されます

作業時間が再計算されます

単位数が再計算されます

正確に次の 3 つのタスクの種類を見てみましょう。これらの値のいずれかの修正では、スケジュールの強力な制御できます。詳細については、前に、プロジェクトのスケジュールの 3 つの柱の違いを理解しておいてくださいが: 作業、 期間、および単位および相互に関連する方法。クイック リファレンス」を参照方法 Project がタスクをスケジュール: 行われるします。

ここでつまずく人も多いので、すぐにわからなくてもがっかりしないでください。タスクの種類でタスクの期間を管理する方法を理解すると、プロジェクト マネージャーとしての知識も増えます。

次の表に、タスクの種類と、スケジュールへの影響をまとめます。

タスクの種類

スケジュールへの影響

単位数固定]

この設定は、タスクに対して割り当てられた人数 (単位数) がわかっており、期間が変更になっても、それを変更しないことを想定しています。タスクでの作業時間が変更になると、期間も変更されますが、人数は変更されません。このタスクの種類は、すべてのプロジェクトで見られるタスクの実際の様子を反映したものです。

使用例: 仕上がりまで 2 時間ほどしかかからない報告書に対し、1 人を割り当てます。この報告書の作成にかかる 2 時間を、カレンダー上の 2 日にわたって分散する場合は、報告書を作成するために割り当てられた人数を変更せずに、期間を 2 日に変更できます。いずれにせよ、2 人以上で報告書を作成するのは望ましくありません。つまり、単位数 (1 人) を同一にしておきます。

注:  これは、Project がタスクに対して設定する一般的な設定です。この既定の設定を変更するには、[ファイル]、[オプション]、[スケジュール] をクリックし、[既定のタスクの種類] 一覧で異なるタスクの種類を選択します。

作業時間固定]

この設定では、期間を変更したり、人数を増やしたりしても、作業時間を変更しないことを想定しています。人数を増やしたり減らしたりすることで、タスクの期間を管理したい場合は、この設定を使用します。

使用例: 住宅建築プロジェクトの一環として、広い庭を設計するのに 300 時間かかります。一刻も早く庭づくりを完成させたいので、庭師の数を増やします。人数が増えると、造園タスクの期間は短縮されます。

注: 作業時間固定タスクの残存作業優先設定を変更することはできません。プロジェクトでは、作業時間の値を使用して作業時間固定タスクは考慮されていません、、そのため常に残存作業優先します。[残存作業優先設定タスクの種類を変更できます。

[期間固定]

この設定では、タスクに割り当てられた人数が増えても、期間を変更しないことを想定しています。タスクに関する他の情報がわかる前に、タスクの期間が決まっている場合に、この設定を使用します。

   : 週間ステータス会議は 1 時間かかる場合があります。期間固定に、それ以外の場合は、このタスクに、タスクに人を割り当てると、会議の期間が減少を設定します。言うが会議にユーザーを追加する (その可能性のあるもように長い!) の長さを弱く可能性があります。

ページの先頭へ

タスクのタイミングの管理の実例

次に、タスクの種類がスケジュール全体のタスクのタイミングに与える連鎖反応 (コントロール) を 3 つ紹介します。

事例 1: タスクの種類を単位数固定に変更する

単位数が固定されたタスクがあり、1 日あたり 8 時間を費やすことのできるフルタイムの作業者の単位数が 1 だとします。さらに、期間を 10 日、作業を 80 時間とするタスクを設定しました。

変更内容

Project の動作

フルタイム リソースを追加します。

Project はタスクの期間を再計算します。これでタスクに割り当てられた単位数は 2 になり、期間と作業時間はそれぞれ 5 日と 80 時間になります。

期間を延長します。

このタスクを 10 日ではなく 8 日で完了させなければならなくなった場合、タスクの作業時間が再計算されます。これでタスクに割り当てられた期間は 8 日、作業時間とリソースの単位数はそれぞれ 64 時間と 1 になります。

作業時間を変更します。

このタスクには別の作業が必要で、その所要時間が 20 時間であることがわかった場合、タスクの期間が再計算されます。これでタスクに割り当てられた作業時間は 100 時間になり、期間とリソースの単位数はそれぞれ 12.5 日と 1 になります。

事例 2: タスクの種類を作業時間固定に変更する

今度は、同じタスクを作業時間固定に変更することになりました。したがって、タスクに指定した作業時間を増減させることはできません。1 日あたり 8 時間を費やすことのできるフルタイムの作業者の単位数が 1、期間は 10 日、作業時間は 80 時間としてタスクが設定されています。

変更内容

Project の動作

フルタイム リソースを追加します。

Project はタスクの期間を再計算します。これでタスクに割り当てられた単位数は 2 になり、期間と作業時間はそれぞれ 5 日と 80 時間になります。

期間を延長します。

このタスクを 10 日ではなく 8 日で完了させなければならなくなった場合、タスクのリソースの単位数が再計算されます。タスクを 80 時間、8 日で完了させるためには、リソースの単位数として 1.25 を割り当てる必要があります。この時点でタスクに割り当てられるリソースの単位数は 125% です。増えた分の 25% に対して別の作業者を割り当てる必要があります。

作業時間を変更します。

このタスクには別の作業が必要で、その所要時間が 20 時間であることがわかった場合、タスクの期間が再計算されます。これでタスクに割り当てられた作業時間は 100 時間になり、期間とリソースの単位数はそれぞれ 12.5 日と 1 になります。

事例 3: タスクの種類を期間固定に変更する

最終的に、同じタスクを期間固定に変更することになりました。したがって、タスクは指定した期間内に完了する必要があります。ここでも、1 日あたり 8 時間を費やすことのできるフルタイムの作業者の単位数が 1、期間は 10 日、作業時間は 80 時間としてタスクが設定されています。

変更内容

Project の動作

フルタイム リソースを追加します。

Project は各リソースに対して割り当てられた作業時間を再計算します。タスクに割り当てられた人数が 1 のとき、そのリソースが作業に費やすことのできる時間は 80 時間でした。同じタスクに別の作業者を追加した場合、各リソースは 10 日間という固定された期間に、40 時間を費やして作業を完了させることになります (2 人合わせて 80 時間)。リソースの単位数を 1 つ増やしたことで、各リソースへの割り当て分が 50% 減ったので、それによって生まれた 50% の余裕を他のタスクに充当することができます。

期間を延長します。

このタスクを 10 日ではなく 8 日で完了させなければならなくなった場合、タスクの作業時間が再計算されます。これでタスクに割り当てられた期間は 8 日、作業時間とリソースの単位数はそれぞれ 64 時間と 1 になります。

作業時間を変更します。

このタスクには別の作業が必要で、その所要時間が 20 時間であることがわかりました。追加作業も含めて 10 日間で完了させる必要があります。この場合、タスクのリソース単位数が再計算されます。これでタスクに割り当てられた作業時間は 100 時間になり、期間とリソースの単位数はそれぞれ 10 日と 1.25 になります。この時点でタスクに割り当てられるリソースの単位数は 125% です。増えた分の 25% に対して別の作業者を割り当てる必要があります。

注: コスト型リソースには作業時間や単位数は割り当てられないため、タスクの開始日や終了日が変更されたとしても、作業時間や単位数は再計算されません。同様に、コスト型リソースでは、作業時間や単位数を変更することはできないため、日付も再計算の対象外となります。

ページの先頭へ

以下の手順は、Microsoft Project 2007 を特定します。

タスクの種類の詳細

タスクの種類の概要

残存作業時間を優先するスケジュール タスクから削除します。

タスクの種類を変更します。

タスクの種類の概要

単位、作業時間固定] および [期間固定]、プロジェクトで使用する 3 つのタスクの種類が固定されています。Project では、既定では単位数固定] を使用します。

次の表に示すように、3 つの要素のうち 1 つを編集した場合、スケジュールに及ぼす影響はタスクの種類によって異なります。

タスクの種類

単位数を変更した場合

期間を変更した場合

作業時間を変更した場合

単位数固定

期間が再計算されます

作業時間が再計算されます

期間が再計算されます

作業時間固定

期間が再計算されます

単位数が再計算されます

期間が再計算されます

期間固定

作業時間が再計算されます

作業時間が再計算されます

単位数が再計算されます

タスクの種類が含まれる数値を変更する方法の例

単位数が固定されたタスクがあり、1 日あたり 8 時間を費やすことのできるフルタイム リソースの単位数が 1 だとします。あなたは、期間を 10 日、作業を 80 時間とするタスクを設定しました。

  • このタスクに参加することのできるフルタイムのリソースが他にもう 1 人見つかった場合、タスクの期間が再計算されます。これでタスクに割り当てられた単位数は 2 になり、期間と作業時間はそれぞれ 5 日と 80 時間になります。

  • このタスクを 10 日ではなく 8 日で完了させなければならなくなった場合、タスクの作業時間が再計算されます。これでタスクに割り当てられた期間は 8 日、作業時間とリソースの単位数はそれぞれ 64 時間と 1 になります。

  • このタスクには別の作業が必要で、その所要時間が 20 時間であることがわかった場合、タスクの期間が再計算されます。これでタスクに割り当てられた作業時間は 100 時間になり、期間とリソースの単位数はそれぞれ 12.5 日と 1 になります。

今度は、同じタスクを作業時間固定に変更することになりました。したがって、タスクに指定した作業時間を増減させることはできません。この例では、1 日あたり 8 時間を費やすことのできるフルタイムのリソースの単位数が 1、期間は 10 日、作業時間は 80 時間としてタスクが設定されています。

  • このタスクに参加することのできるフルタイムのリソースが他にもう 1 人見つかった場合、タスクの期間が再計算されます。これでタスクに割り当てられた単位数は 2 になり、期間と作業時間はそれぞれ 5 日と 80 時間になります。

  • このタスクを 10 日ではなく 8 日で完了させなければならなくなった場合、タスクのリソースの単位数が再計算されます。タスクを 80 時間、8 日で完了させるためには、リソースの単位数として 1.25 を割り当てる必要があります。この時点でタスクに割り当てられるリソースの単位数は 125% です。増えた分の 25% に対して別のリソースを割り当てる必要があります。

  • このタスクには別の作業が必要で、その所要時間が 20 時間であることがわかった場合、タスクの期間が再計算されます。これでタスクに割り当てられた作業時間は 100 時間になり、期間とリソースの単位数はそれぞれ 12.5 日と 1 になります。

最終的に、同じタスクを期間固定に変更することになりました。したがって、タスクは指定した期間内に完了する必要があります。タスクの設定内容は、これまでと同様、1 日あたり 8 時間を費やすことのできるフルタイムのリソースの単位数が 1、期間は 10 日、作業時間は 80 時間です。

  • このタスクに参加することのできるリソースが他にもう 1 人見つかった場合、各リソースに割り当てられた作業時間が再計算されます。タスクに割り当てられたリソース単位数が 1 のとき、そのリソースが作業に費やすことのできる時間は 80 時間でした。同じタスクに別のリソースを追加した場合、各リソースは 10 日間という固定された期間に、40 時間を費やして作業を完了させることになります (2 人合わせて 80 時間)。リソースの単位数を 1 つ増やしたことで、各リソースへの割り当て分が 50% 減ったので、それによって生まれた 50% の余裕を他のタスクに充当することができます。

  • このタスクを 10 日ではなく 8 日で完了させなければならなくなった場合、タスクの作業時間が再計算されます。これでタスクに割り当てられた期間は 8 日、作業時間とリソースの単位数はそれぞれ 64 時間と 1 になります。

  • このタスクには別の作業が必要で、その所要時間が 20 時間であることがわかりました。追加作業も含めて 10 日間で完了させる必要があります。この場合、タスクのリソース単位数が再計算されます。これでタスクに割り当てられた作業時間は 100 時間になり、期間とリソースの単位数はそれぞれ 10 日と 1.25 になります。この時点でタスクに割り当てられるリソースの単位数は 125% です。増えた分の 25% に対して別のリソースを割り当てる必要があります。

注: コスト型リソースには作業時間や単位数は割り当てられないため、タスクの開始日や終了日が変更されても、作業時間や単位数は再計算されません。同様に、コスト型リソースでは、作業時間や単位数を変更することはできないため、日付も再計算の対象外となります。

ページの先頭へ

残存作業時間を優先するスケジュール タスクから削除します。

すべてのタスク、リソースの割り当て後にタスクの式に基づいて決定されます、期間 = 作業時間/単位します。、任意のタスクには、タスクの種類を設定してプロジェクトの計算式の部分を選択できます。割り当てるまたはタスクからユーザーを削除する場合は、プロジェクトが割り当てたり、割り当てられているリソースの数に基づいて、タスクの期間が短くなりますが、タスクの作業時間の合計は変更されません。これし、呼ばれ残存作業時間を優先するスケジュール方法既定のタスクにリソースを割り当てると、Project では使用します。

残存作業時間を優先するスケジュール方法は、ほとんどの状況で効果的に使用できますが、リソースの追加または削除によって特定のタスクが受ける影響をより正確に知りたい場合には、この設定を無効にする必要があります。たとえば、特定のタスクに対して時間単価型リソースの割り当てを増やした場合などは、作業時間がどれだけ増えるかがわかります。

注: 残存作業時間を優先するスケジュール方法を、作業時間固定のタスクから削除することはできません。作業時間固定のタスクでは作業の値を変更できないため、必然的に、残存作業時間を優先するスケジュールになります。

  1. [表示] メニューで、 [ガント チャート]をクリックします。

  2. 残存作業時間を優先するスケジュールを使用したくないタスクの行をクリックします。

    最大 10 を変更するのにはタスクは、ctrl キーを押しし、各タスクの行をクリックします。表示する場合は、タスク互いの横にあるグリッドで、最初のタスク] をクリックし、shift キーを押しし、タスクのブロック全体を選択する最後のタスク] をクリックします。

  3. ボタン イメージ[タスク情報] をクリックし、[詳細設定] タブをクリックします。

  4. [残存作業時間] チェック ボックスをオフにします。

残存作業時間を優先するスケジュール方法を使って作業する場合は、次の点にご注意ください。

  • 残存作業時間を優先する計算が適用されるのは、最初のリソースをタスクに割り当ててからになります。一度リソースが割り当てられると、同じタスクにさらに新しいリソースを割り当てたり削除したりしても、作業時間が変更されないようになります。

  • リソースを割り当てるタスクの種類が [単位数固定] の場合は、リソースを追加するとタスクの期間が短くなります。

  • リソースを割り当てるタスクの種類が [期間固定] の場合は、リソースを追加するとリソースの単位数が減少します。

  • リソースを割り当てるタスクの種類が [作業時間固定] の場合は、リソースを追加するとタスクの期間が短くなります。

  • サマリー タスクや挿入プロジェクトに対して、[残存作業時間を優先するスケジュール方法] を設定することはできません。

タスクの種類を変更する

  1. [表示] メニューで、 [ガント チャート]をクリックします。

  2. タスクを変更する] をクリックします。

  3. ボタン イメージ[タスク情報] をクリックし、[詳細設定] タブをクリックします。

  4. タスクの種類] ボックスの一覧で、タスクの種類を変更する] をクリックします。

注: 

  • タスクの種類] ボックスの一覧で [作業時間固定] をクリックする場合、タスクの残存作業優先設定を変更することはできません。[作業時間固定タスク作業時間の値がない、つまり常に残存作業優先します。

  • ビューに [タスクの種類] フィールドを挿入すると、直接各タスクの種類を参照および変更できます。新しい列を挿入する位置の右側の列をクリックし、[挿入] メニューの [] をクリックします。[フィールド名] の一覧の [タスクの種類] をクリックします。

  • プロジェクトのアウトライン構造の一部として、タスクまたはサブタスクの階層構造を変更する場合は、タスクの種類を変更するのではなく、タスクのレベルにする必要があります。

  • タスクの開始日と終了日の計算方法に対して制約を適用するには、タスクの種類ではなく、タスクの制約を設定する必要があります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×