よく寄せられる質問 (Yammer アクティベーション ガイド)

ここでは、Yammer のアクティベーションについてよく寄せられる質問 (FAQ) とその回答を紹介します。

このガイドの内容

Yammer アクティベーション ガイド

Yammer ネットワークのセットアップ

よく寄せられる質問    

ライセンス、プラン、利用資格

Yammer Enterprise の購入方法

Yammer Enterprise は、オンラインで利用できる次のようなプランがあります。

  • Yammer Enterprise スタンドアロン

  • Office 365 Enterprise プラン

  • Office 365 Midsize Business

  • SharePoint Online および Yammer Enterprise プラン

  • Office 365 Education プラン

上のプランは、Yammer の料金とプランのページまたは Office 365 から直接購入できます。Yammer は、ボリューム ライセンス エンタープライズ契約で購入するか、Microsoft 販売提携先から購入することもできます。大規模組織の購入オプションの詳細については、「ボリューム ライセンス」を参照してください。上の Yammer 対応プランのいずれかを利用している既存の Office 365 ユーザーであれば、Yammer Enterprise ネットワークのアクティベーションができます。

Yammer Enterprise をスタンドアロン サービスとして購入したのに、Office 365 にサインアップする必要があるのはなぜですか?

Yammer は、SharePoint や Exchange などのサービスと同様、Office 365 ファミリの一部です。Yammer Enterprise にサインアップすると、自動的に Office 365 アカウントが作成され、請求書、ライセンス、Office 365 レベルの設定、Yammer アクティベーションを管理できます。

Yammer ネットワークにあるドメインが Office 365 テナント上で検証される場合は、ネットワークは自動的に Office 365 テナントに関連付けられます。

詳細については、「Office 365 で Yammer サービスを管理する」を参照してください。

Yammer Enterprise を購入前に試してみることはできますか?

はい、Yammer (Office 365 E3 試用版Office 365 E5 試用版など) を含む、Office 365 試用版のいずれかにサインアップすると、Yammer Enterprise の無料試用版を入手することができます。Office 365 テナントが作成されると、新しい Yammer ネットワークが自分のテナント内の *.onmicrosoft.com ドメインに自動的に作成されます。試用版の終了時に、Yammer Enterprise を購入してアクティベーションされたネットワークを維持するか、試用版を期限切れにするかのいずれかを選択することができます。試用版を期限切れにする場合、ネットワークは Office 365 のデータ処理プロセスの対象となり、削除されます。詳細情報試用期間が終了した場合

ドメインの確認は、一度に 1 つのテナントに対してのみですのでご注意ください。アクティベーションした Yammer Enterprise ネットワークを試用期間の終了後も維持するには、Office 365 プランを購入して、Yammer Enterprise を含む Office 365 試用版のすべての機能を保持するか、Yammer Enterprise を単体製品として購入して、試用アカウントをアップグレードする必要があります。

新しいテナントにドメインを移動する場合、新しいネットワークはそのテナントの下に作成され、移行されたドメインは新しく作成されたネットワークと自動的に同期されます。

アクティベーション プロセス

既に会社で Yammer Basic ネットワークを利用していますが、 Yammer Enterprise のアクティベーションを行うと、現在のデータやコンテンツはどうなりますか?

Yammer Basic ネットワークをアップグレードしても、現在のデータ、コンテンツ、ユーザーは、すべて維持されます。 アップグレードする場合は、必ず Office 365 テナントの Yammer Basic ネットワークに関連付けられた同じドメインを確認して、Yammer のアクティベーションを行うときに、選ぶようにしてください。

Office 365 のユーザーで、既に会社のドメインをアカウントに追加してありますが、 アクティベーション プロセスをもう一度実行する必要はありますか?

別の Office 365 サービスで、ドメインを既に確認していて、そのドメインにグローバル管理者を少なくとも 1 つ追加している場合は、アクティベーション プロセスをもう一度実行する必要はありません。「Yammer のアクティベーション」にスキップして、処理を続けてください。組織で SharePoint Online サイトも利用している場合は、同じドメインを使って、Yammer Enterprise のアクティベーションを行うことはできません。SharePoint サイトでの www.contoso.com の使用と、Yammer Enterprise での contoso.com の使用の両方を確認していることを必ずご確認ください。

Yammer のアクティベーションを行おうとすると、"Web サービスの例外" エラー メッセージが表示されるのはなぜですか?

Yammer のアクティベーションを行おうとして、このエラーが発生する場合は、ドメインが既に SharePoint の一般向け Web サイトで使われている可能性があります。 設定を変更するには、[ドメインの管理]、[DNS の管理] の順にアクセスして、ドメインに設定されているサービスを表示します。 詳細については、「Office 365 でドメインのサービスを選ぶ」を参照してください。

ヒント: SharePoint の一般向け Web サイトで使用するドメインは、必ず www.contoso.com の形式である必要があります。これ以外の場合、SharePoint の Web サイトは、正しく機能しなくなり、contoso.com で Yammer のアクティベーションを行おうとすると、競合が発生します。

ドメインを確認するのに最長で 72 時間かかるというメッセージが表示されますが、 実際に 72 時間待つ必要はありますか?

実際の時間は、使用しているレジストラーや、DNS サーバーの更新にかかる時間によって異なります。

確認に時間がかかる場合は、定期的に Office 365 管理ポータルにアクセスして、DNS サーバーが更新されているかどうかをご確認ください。 サーバーが更新されるとすぐに確認処理が再開されます。 確認処理は、Yammer のアクティベーションに固有の処理ではありません。 このプロセスは、ドメインを確認するたびに実行されます。

間違ったドメインで Yammer Enterprise のアクティベーションを実行してしまいました。 正しいネットワークにアップグレードするには、どうすればいいですか?

間違ったドメインで、Yammer ネットワークのアクティベーションを行ってしまい、別のドメインのアクティベーションが必要な場合は、一般法人向け Office 365 サポートにお問い合わせください

組織には、既に Office 365 のユーザーが存在しますが、自動的に Yammer Enterprise へのアクセスが許可されますか?

Office 365 のユーザーには、Yammer Enterprise を使用するためのライセンスが割り当てられていますが、自動的に Yammer ネットワークへの追加は行われません。Office 365 のユーザーが Yammer を利用できるようにするには、Yammer 管理ポータルでユーザーを追加するか、ユーザーがネットワークに直接アクセスできるように、組織の Office 365 ナビゲーション バーに Yammer をリンクとして追加します。また、Yammer ネットワークとして同じ会社のドメインを使っているユーザーは、Yammer アカウントを www.yammer.com で作成して、ネットワークに参加できます。Office 365 ユーザーが別のドメインやサブドメインを使っている場合は、サポート リクエストで、アクティベーションしたホーム ネットワークに該当のドメインを追加することを検討してください。

会社には複数のドメインがありますが、すべてのドメインについて Yammer Enterprise のアクティベーションを行うには、 どうすればよいでしょうか?

Office 365 は、1 つのアカウントにつき、アクティベーションした 1 つの Yammer Enterprise ネットワークをサポートします。 組織に複数のドメインがある場合は、まずユーザーが対象となるドメインを使って、ホーム ネットワークのアクティベーションを行ってから、 サポートと協力して、ドメインをホーム ネットワークに追加してください。 Office 365 でドメインを確認する必要があります。

ユーザーが組織の Yammer ネットワークにアクセスできないようにするには、どうすればいいですか?

一般に、ユーザーがネットワークに参加するのをブロックすることはお勧めできません。 会社の全員を Yammer に参加させて利用を拡大し、ネットワーク効果を促進することで、組織は Yammer を最大限活用できるようになりますが、 ユーザーをブロックする必要がある場合、Yammer 管理者は、SSO や Yammer ユーザーのブロック ツールを使って、ユーザーをブロックすることができます。

オプション 1: シングル サインオンを使って、ユーザーをブロックする (AD SSO)

Active Directory (AD) 内のユーザー グループを指定して、Yammer へのアクセスをブロックして、組織の ID プロバイダー (IDP) から対象ユーザーの Yammer にアサーションが送信されないようにします。 このオプションを実装できるのは、Yammer の認証管理者のみです。

シングル サインオンでユーザーをブロックするには
  1. Yammer SSO を実装します。

  2. Active Directory フェデレーション サービス (AD FS) 発行承認規則に従って、Yammer からブロックするユーザーを Yammer へのアクセス許可を拒否する Active Directory のグループに追加します。

  3. ユーザーが Yammer にログオンしようとすると、ログオン処理の代わりに www.yammer.com にリダイレクトされます。

注: ブロックされたユーザーは、Office 365 のスイート ナビゲーションに Yammer が表示されていても、Yammer へのアクセスはできません。 ユーザーは、Yammer によってブロックされるわけではなく、指定したフェデレーション サービス (できれば AD FS) によってブロックされます。 ブロックされているユーザーは、エラーとして表示されます。これは、フェデレーション サービスで設定できます。 Windows Server 2012 のネイティブである AD FS 3.0 と Windows Server 2012 R2 で行うのが最も簡単な方法です。

重要: 

  • Yammer SSO is being deprecated and will stop working after December 1st, 2016. You will not be able to set up new configurations with Yammer SSO after April 1st, 2016. Instead of Yammer SSO, we recommend that you use Office 365 sign-in for Yammer.

  • For more information about the deprecation and how to transition out of Yammer SSO, see Plan for Yammer SSO and DSync deprecation.

オプション 2: Yammer でユーザーをブロックする

Yammer の "ユーザーのブロック" 管理ツールに、個々のメール アドレスを手動で入力して、Yammer ネットワークにアクセスするユーザーをブロックします。 ブロックされたメール アドレスを持つユーザーは、管理者が対象のアドレスをブロック解除しない限り、Yammer ネットワークに参加することはできません。 このオプションを実装できるのは、ネットワーク管理者と Yammer の認証管理者のみです。

注: この機能には、一括更新機能は含まれません。 実装を拡張できるようにするには、オプション 1 で説明している SSO の使用をお勧めします。

管理者との連携

Yammer で認証管理者を指定する方法

Office 365 と Yammer の管理機能は、現在、個別に管理されています。Yammer 管理者を指定するには、次の 2 つの方法があります。

  1. Office 365 のグローバル管理者に指定されていて、対応する contoso.com ドメインに追加されていれば、自動的に Yammer の認証管理者になります。 管理者の指定は、アクティベーションの実行時またはそれ以降に実行できます。 グローバル管理者に指定されている場合、Yammer の認証管理者から削除する唯一の方法は、Office 365 の管理者ステータスをグローバル管理者以外に変更することです。 Yammer で管理者ステータスを変更することはできません。

  2. Yammer では、Office 365 グローバル管理者に指定せずに、ネットワーク管理者または認証管理者に指名できます。 管理者ステータスは、Yammer で完全に制御され、Yammer 管理機能にのみアクセスできます。

Yammer の管理者の役割を変更する方法

管理者の役割を編集するには、Yammer の管理者ページにアクセスして、変更するユーザーを選びます。 管理者は、自分の役割を編集することはできません。

  • 管理者が Office 365 グローバル管理者の場合は、[Office 365 管理者のステータスの変更] をクリックします。 Office 365 管理センターが表示されるので、Office 365 グローバル管理者に別の役割を割り当てます。 Yammer での認証管理者としての役割がユーザーから削除されます。

  • 管理者がネットワーク管理者または認証管理者として、直接 Yammer で指定された場合、そのユーザーの役割を Yammer 管理センターで変更できます。

自分のアカウントのすべての Office 365 グローバル管理者は、自動的に Yammer の認証管理者になりますか?

はい、Yammer Enterprise ネットワークのアクティベーションが行われると、対応する会社のドメイン上の既存のすべての Office 365 グローバル管理者は、自動的に Yammer の認証管理者になります。それ以降は、Office 365 ユーザーがグローバル管理者の役割に任命されるたびに、Yammer の認証管理者としての役割も追加されます。グローバル管理者が Yammer 管理センターにアクセスするには、アカウントを作成して、Yammer にログオンする必要があります。

Office 365 の管理者に指定せずに、Office 365 管理ポータルで Yammer の認証管理者に指定することはできますか?

いいえ。Office 365 でユーザーを Yammer の認証管理者に指定するには、Office 365 グローバル管理者に指定する必要があります。

ユーザーに Yammer の認証管理者権限のみを割り当てるには、Yammer で指定します。 直接 Yammer で認証管理者に指定しても、Office 365 のグローバル管理者権限は割り当てられません。

Yammer Enterprise ネットワークのアクティベーションを行いましたが、ログオンしても管理ツールが表示されないのは、 なぜですか?

次のトラブルシューティング オプションを確認して、管理者が Yammer からメールを受信しない理由を特定してください。

  1. 管理者は、Yammer アカウントを作成しましたか?

    Office 365 の自動プロセスでは、グローバル管理者を Yammer の認証管理者に同期しますが、ユーザーが確認メールを受信するには、Yammer でアカウントを作成する必要があります。

  2. 管理者は正しいドメイン上にありますか?

    ユーザーは、Yammer のアクティベーションに使用したのと同じ会社のドメインのメール アドレスを持っている必要があります。 管理者を customer.uk で作成しても、アクティベーションした Yammer ネットワークが customer.com の場合、管理者は Yammer の認証管理者として同期されません。 管理者のドメインを編集する方法の詳細については、「グローバル管理者の割り当て」を参照してください。

  3. 管理者は一般的なメールを使っていますか?

    管理者は、一般的なメール アドレスを使うことはできません。また、管理者を実際のユーザーに割り当てる必要があります。 これを規制するために、次にあげる単語は、グローバル管理者のメール アドレスとして使用できません。

    • admin、noreply、help、support、workfeed、feedback、yammer、api、abuse、postmaster、hostmaster、root、new、create、index、show、destroy、delete、update

  4. 会社で Yammer.com を信頼できる宛先のリストに追加してありますか?

    メール サービスによって、Yammer ドメインからのメールがブロックされている可能性があります。 Yammer.com が会社の信頼できる宛先のリストに登録されていることと、メールの配信が妨げられていないことをご確認ください。

関連項目

Yammer アクティベーション ガイド

Yammer ネットワークのセットアップ

Yammer コンテンツ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×