ひとめでわかる OneNote Web App

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ひとめでわかる OneNote Web App

1. 閲覧表示では、ノートブックの各ページを表示したり、セクションの展開や折りたたみを行ったり、前のバージョンのページを表示したりできます。

2. [作成者の表示] をクリックすると、現在のページを変更したユーザーが表示されます。これは、編集モードでも実行できます ([表示] タブ)。

3. ブラウザーでノートブックを編集するには、[ブラウザーで編集] をクリックします。OneNote デスクトップ アプリケーションで作業するには、[OneNote で開く] をクリックします (Microsoft OneNote 2010 が必要)。

4. 編集表示では、重要なアイテムを確認できるようにメモを追加したり、タグを適用したりすることができます。メモは、そのノートブックで他のユーザーが作業している場合でも追加できます。

5. OneNote Web App には、OneNote の使い慣れたインターフェイスと操作性が備えられています。

  • [ホーム] タブには、テキストの書式を設定したり、スペルをチェックするためのコマンドがあります。テキストにスタイルを適用して、ノートを書式設定されたドキュメントのように見せることができます。

  • 新しいセクションとページ、表、画像、またはクリップ アートを追加するには、[挿入] タブを使用します。

    オンラインでクリップ アートや画像を検索する場合は、Bing にリダイレクトされます。ユーザーの責任において著作権を遵守してください。また、使用する画像を選ぶときに、Bing のライセンス フィルターが役立ちます。

  • [表示] タブを使用して、表示モードに切り替え、現在のページを変更したユーザーを表示したり ([作成者の表示] コマンド)、現在のページの前のバージョンを表示したりできます。ページの前のバージョンに戻ることで、変更を破棄することもできます。

  • OneNote Web App では、作業は自動的に保存されるため、変更を破棄する場合は [元に戻す] を使用します。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×