スキップしてメイン コンテンツへ
Office

はじめに: ビジネス インテリジェンス センターの概要

組織にデータがあり、多くのデータが含まれており、データベース、電子メールメッセージ、スプレッドシートファイルなど、さまざまな形式でデータが保存されている可能性があります。 ビジネスインテリジェンスセンターサイトとそのツールを使うと、データを効果的に整理し、そのデータを意味のある情報として表示することができます。

ビジネスインテリジェンスセンターは、ビジネスインテリジェンス (BI) レポートの作業要素 (スコアカード、ダッシュボード、データ接続、ステータスリスト、ステータスインジケーターなど) を管理するために最適化された、既成の Web サイトまたはサイトテンプレートです。 ビジネスインテリジェンスセンターサイトは、好きなだけカスタマイズできます。または、最初に組み込みのツールを使用して開始することもできます。

ビジネスインテリジェンスセンターは、開始するのに最適な場所です。 分析、グラフ、さまざまな種類のダッシュボード用の Excel Services ブックなどの主要な BI 要素の例を確認できます。 また、その他の例については、こちらの記事にリンクされている便利なリンクをクリックすると、さらに詳しい情報が表示されます。 さらに、特殊用途のライブラリを使用して、データ接続の作成、PerformancePoint Services または SharePoint BI のコンテンツの管理、完成したダッシュボードの保存を行うことができます。

ビジネス インテリジェンス センターは BI 要素を保存するように最適化されている

ビジネスインテリジェンスホームページには、中央パネルの情報リソースと、画面左側のサイドリンクバーパネルにある既成ライブラリへのリンクの2つのメインパネルがあります。

この記事の内容

中央パネル-例と役立つ情報へのリンク

ダッシュボードライブラリ

データ接続ライブラリ

ドキュメント ライブラリ

PerformancePoint コンテンツリスト

新しいビジネスインテリジェンスサイトを作成する

次のステップ

中央パネル-例と役立つ情報へのリンク

ビジネスインテリジェンスセンターのホームページの中央パネルでは、特殊な機能の概要を簡単に説明します。 一般的に、情報パネルには、ステータスインジケーター、分析ツール、スプレッドシート、ダッシュボードなどの BI ツールの例が用意されています。 エンタープライズライセンスを使用して、すべての SharePoint インストールに含まれているシンプルで、強力なツールに関する情報を見つけることができます。 さらに、これらの情報パネルには、PerformancePoint Services に関する情報へのリンクが含まれています。これにより、パフォーマンスの監視と分析に非常に強力で高度なツールが提供されます。

セクション

説明

主要なパフォーマンスを監視する

[モニターの主要業績] パネルでは、PerformancePoint Services のパフォーマンス、SharePoint ステータスリスト、スコアカードのさまざまな方法に関する情報へのリンクを確認できます。

  • SharePoint のステータスリストはすばやく簡単に作成できる

  • PerformancePoint スコアカードは、高度な階層を提供し、特別な分析レポートに接続します。

レポートを作成して共有する

[レポートのビルドと共有] パネルでは、Excel Services に関する情報へのリンク、および PerformancePoint services の対話的な視覚エフェクトツールについてのリンクを確認できます。

  • Excel Services を使用すると、世界中の最も普及している BI ツールである Excel で問題解決策を設計することができます。 スプレッドシート、ピボットテーブル、グラフを作成して、それらのレポートを SharePoint に発行することができます。

  • PerformancePoint Services のデータビジュアライゼーションツールには、指定した主要業績評価指標、戦略マップ、リンクされた地理的マップ、その他多くのオプションにリンクされたグラフとグラフが含まれています。

ダッシュボードを作成する

[ダッシュボードの作成] パネルでは、SharePoint のツールを使用するか、PerformancePoint Services のツールを使用して、ダッシュボードを作成する方法に関する情報へのリンクを見つけることができます。

このパネルのリンクには、performancepoint services の使い方が含まれいます。これにより、performancepoint services のホームページが開きます。

すぐに開始するには、[ ' ダッシュボードデザイナーの実行] をクリックするか、スコアカード、分解ツリー、ダッシュボード、分析グラフ、および分析グリッドを作成するのに役立つリンクを使用できます。

ページの先頭へ

ダッシュボードライブラリ

ダッシュボードは、最も基本的なレベルとして、インジケーター、データ、またはグラフィックのコレクションを含む Web パーツページだけです。 このため、[ダッシュボード] ライブラリは、Web パーツページの保存と作成に最適化されたライブラリです。 これには、SharePoint ステータスインジケーターのステータスリストが表示された PerformancePoint ダッシュボードと Web パーツページが含まれます。

ダッシュボードデザイナーを使用してダッシュボードを作成すると、PerformancePoint Services によってダッシュボードがダッシュボードライブラリに自動的に保存されます。 PerformancePoint Services を使用して作成されたダッシュボードをインポートしたり、[ダッシュボード] リストページのリボンコマンドを使用して、Web パーツページから新しいダッシュボードを作成したりすることができます。 PerformancePoint Services でダッシュボードまたはその他の BI 機能を作成する方法については、「概要: Performancepoint ダッシュボードデザイナー」を参照してください。

また、[ダッシュボードリスト] ページのリボンコマンドを使用して、SharePoint ステータスインジケーターを表示するためのステータスリストを含む Web パーツページを作成し、必要に応じてグラフ、フィルター、その他のコンテンツの web パーツを追加することもできます。 ステータスリストを使用して Web パーツページを作成する方法の詳細については、「 SharePoint のステータスインジケーターの概要」を参照してください。

ページの先頭へ

データ接続ライブラリ

データ接続ライブラリでは、データソース接続を1回指定してから、サイトの任意の Web パーツで再利用することができます。 データ接続ライブラリでは、PerformancePoint データソース、Office データ接続 (.odc) ファイル、ユニバーサルデータ接続 (UDC) ファイルがサポートされています。

Office データ接続ファイルの作成については、「データのインポートとエクスポートの概要」を参照してください。

PerformancePoint Services でデータソースやその他の BI 機能を作成する方法については、「概要: Performancepoint ダッシュボードデザイナー」を参照してください。

ページの先頭へ

ドキュメント ライブラリ

ドキュメントライブラリは、スプレッドシート、SharePoint リスト、テキストドキュメントなどの中央ライブラリとして機能します。 情報を見つけやすくするために、このライブラリ内にフォルダーを作成することができます。 たとえば、"Excel レポート-財務"、または "追跡用の進捗リスト" 用のフォルダーを作成することができます。

カスタムライブラリを作成することもできます。 詳細については、「ライブラリの概要」を参照してください。

ページの先頭へ

PerformancePoint コンテンツリスト

PerformancePoint コンテンツリストは、ダッシュボードデザイナーを使用して作成された PerformancePoint Services スコアカードとレポート要素を保存するように設計されています。 たとえば、次の図は、主要業績評価指標 (Kpi)、スコアカード、レポートを含む PerformancePoint コンテンツライブラリを示しています。

PerformancePoint コンテンツ ライブラリがスコアカード、KPI、レポート用に最適化されます。

ページの先頭へ

新しいビジネスインテリジェンスサイトを作成する

SharePoint サイトの所有者は、[新しいサイト] ダイアログボックスでビジネスインテリジェンスセンターサイトテンプレートを選択することによって、いつでもビジネスインテリジェンスセンターを作成できます。

[サイトの作成] ギャラリーにより、多くの作成済みサイト テンプレートが提供されます。

どのデータを表示できるかをカスタマイズするには、さまざまなフィルター Web パーツをダッシュボードページ上の既存の Web パーツに接続して、データの表示を変更します。 たとえば、1つの地域の営業課長は、別の地域の営業課長のビューとは異なる売上高のビューで表示することができます。

ページの先頭へ

次のステップ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×