はじめに: ビジネス インテリジェンス センターの概要

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

組織では、データ、さまざまなデータが含まれてし、さまざまなデータベースなどの形式のデータの電子メール メッセージ、およびスプレッドシート ファイルを格納します。ビジネス インテリジェンス センターサイトとそのツールを使用する便利な方法でデータを整理して、意味のある情報としてデータを表示します。

ビジネス インテリジェンス センターは、作成済みの Web サイトまたはサイト テンプレートをビジネス インテリジェンス (BI) のレポートの作業の要素を管理するために最適化された:、スコアカード、ダッシュ ボード、データ接続、ステータス リスト、ステータス インジケーターなどなど。か、または組み込みのツールを使用して開始することができ、同様、ビジネス インテリジェンス センター サイトをカスタマイズできます。

ビジネス インテリジェンス センターは、開始する優れた場所です。分析、グラフ、およびダッシュ ボードのさまざまな種類の Excel Services のブックをなど、主要な BI 要素の例を表示できます。詳細な記事への接続を簡単に配置されているリンクをクリックする任意の例の詳細については、します。また、特殊な目的のライブラリを使用してデータ接続を作成する、PerformancePoint Services または、SharePoint の BI コンテンツを管理および完成したダッシュ ボードを格納する準備ができました。

ビジネス インテリジェンス センターは BI 要素を保存するように最適化されている

ビジネス インテリジェンスのホーム ページが 2 つのメイン パネル: 情報のリソース センター パネル] で、画面の左側にあるサイド リンク バー パネルの [作成済みのライブラリへのリンクです。

この記事の内容

中央のパネル: 例と役に立つ情報へのリンク

ダッシュ ボード ライブラリ

データ接続ライブラリ

ドキュメント ライブラリ

PerformancePoint コンテンツ リスト

新しいビジネス インテリジェンス サイトを作成します。

次のステップ

中央のパネル: 例と役に立つ情報へのリンク

ビジネス インテリジェンス センターのホーム ページの中央のパネルでは、その特殊な機能について簡単に説明します。一般に、情報パネルでは、ステータス インジケーターなどの BI ツール、分析ツールとスプレッドシート、およびダッシュ ボードの例を紹介します。[単純ですが、強力なツールのすべての SharePoint インストール Enterprise ライセンスに含まれる情報が表示されます。また、これらの情報パネルには、PerformancePoint Services は、パフォーマンスの監視および分析用非常に強力な高度なツールを提供するに関する情報へのリンクが含まれています。

セクション

説明

重要なパフォーマンスを監視します。

キーのパフォーマンスを監視パネルで、パフォーマンス、SharePoint ステータス リストおよび PerformancePoint Services のスコアカードを監視するさまざまな方法についての情報へのリンクが表示されます。

  • 迅速かつ簡単に作成するのには、ステータス リスト

  • PerformancePoint スコアカードは、高度な階層や特別な分析レポートへの接続を提供します。

作成して、レポートの共有

ビルドとレポートを共有するパネルで、Excel Services および PerformancePoint Services の視覚エフェクトの対話的なツールに関する情報へのリンクが表示されます。

  • Excel Services を使用すると、Excel では、世界中で最も人気のある BI ツールの問題のソリューションを設計できます。スプレッドシート、ピボット テーブル、グラフを作成し、[これらのレポートを SharePoint に発行できます。

  • PerformancePoint Services でデータの視覚エフェクトのツールには、指定の主要業績評価指標、戦略マップ、地図のリンクおよびその他の多くのオプションにリンクされているグラフをグラフが含まれます。

ダッシュ ボードを作成します。

パネルで、ダッシュ ボードを作成するには、PerformancePoint Services のツールを使用して、または単独でも、SharePoint のツールを使用してダッシュ ボードを作成する方法の詳細情報へのリンクがあります。

PerformancePoint Services の使用を開始、PerformancePoint Services のホーム ページの [このパネル内のリンクが含まれます。

今すぐ開始] をクリックすることができます実行 ' ダッシュ ボード デザイナーを開始する記事スコアカード、分解ツリー、ダッシュ ボード、および分析グラフと分析グリッドを作成するために、リンクをたどることができますか。

ページの先頭へ

ダッシュ ボード ライブラリ

基本的なレベルでは、ダッシュ ボードは、[状況説明マーク、データ、または画像のコレクションを含むだけで Web パーツ ページです。したがって、ダッシュ ボード] ライブラリは、ライブラリに保存し、[Web パーツ ページの作成に最適化されたです。これは、PerformancePoint ダッシュ ボードと Web パーツ ページは、SharePoint ステータス インジケーターをステータス リストに含まれます。

ダッシュ ボード デザイナーを使用してダッシュ ボードを作成すると PerformancePoint Services は自動的に、ダッシュ ボードをダッシュ ボード] ライブラリに格納されます。PerformancePoint Services を使用して、以前に作成されたダッシュ ボードをインポートしたり、[ダッシュ ボードの [リスト] ページで Web パーツ ページから新しいダッシュ ボードを作成するのには、リボン コマンドを使用できます。PerformancePoint Services でのダッシュ ボードまたはその他の BI 機能を作成する方法については、次を参照してください。はじめに: PerformancePoint ダッシュ ボード デザイナーします。

[ダッシュ ボードの [リスト] ページでリボン コマンドを使用しても、SharePoint ステータス インジケーターを表示する状態のリストを使って Web パーツ ページを作成するし、グラフ、フィルター、および必要に応じてその他のコンテンツの web パーツを追加できます。ステータス リストを使って Web パーツ ページを作成する方法の詳細については、 SharePoint ステータス インジケーターの概要を参照してください。

ページの先頭へ

データ接続ライブラリ

データ接続ライブラリを使用すると、1 回、データ ソースへの接続を指定し、[サイトの任意の Web パーツで再利用できます。データ接続ライブラリは、PerformancePoint のデータ ソース、Office データ接続 (.odc) ファイル、およびユニバーサル データ接続 (UDC) ファイルをサポートしています。

Office データ接続ファイルを作成する方法の詳細については、1 つ以上の次の記事を参照してください。

PerformancePoint Services でデータ ソースまたはその他の BI 機能を作成する方法については、次を参照してください。はじめに: PerformancePoint ダッシュ ボード デザイナーします。

ページの先頭へ

[ドキュメント] ライブラリ

[ドキュメント] ライブラリは、スプレッドシート、SharePoint リスト、テキスト ドキュメントなどのライブラリ全体として機能します。情報を見つけやすくために、このライブラリ内のフォルダーを作成することができます。「Excel レポートの財務」、用のフォルダーまたは「追跡のステータス リスト」を作成する例

ユーザー設定のライブラリを作成することもできます。詳細については、ライブラリの概要を参照してください。

ページの先頭へ

PerformancePoint コンテンツ リスト

PerformancePoint コンテンツ リストは、ダッシュ ボード デザイナーを使用してアナリストを作成する PerformancePoint Services のスコアカードとレポートの要素の保存に設計されています。 たとえば、次の図では、主要業績評価指標 (Kpi)、スコアカード、およびレポートを含む PerformancePoint コンテンツ ライブラリが表示されます。

PerformancePoint コンテンツ ライブラリがスコアカード、KPI、レポート用に最適化されます。

ページの先頭へ

新しいビジネス インテリジェンス サイトを作成します。

SharePoint サイトの所有者は、[新しいサイト] ダイアログ ボックスで、ビジネス インテリジェンス センター サイト テンプレートを選択して、いつでもビジネス インテリジェンス センターを作成できます。

[サイトの作成] ギャラリーにより、多くの作成済みサイト テンプレートが提供されます。

その人たちがどのようなデータを参照できるをカスタマイズするのには、さまざまなフィルター Web パーツをデータの表示を変更するのには、ダッシュ ボード ページ上の既存の Web パーツに接続できます。たとえば、1 つの地域の販売部長は、別の地域の販売マネージャーのビューから別の売り上げ高のビューで表示できます。

ページの先頭へ

次のステップ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×