どのような Office 365 ハイブリッドは共通のですか。

ハイブリッド - Microsoft Cloud のリソースを追加するのに分岐、オンプレミス インフラストラクチャ アイデア--の概念は、多くの Microsoft 製品に存在します。ハイブリッドがExchange Online、 Skype for Business Online、 SharePoint Onlineなどの作業負荷の理由により、Office 365 に存在します。作業負荷を"ミラー イメージ"、または「2 つの内部設置型すべてのあるたとえばSkype for Business Onlineを内部設置型に 2 つ、 Skype for Business Server 2015、ありSharePoint OnlineSharePoint Server 2016です。

この記事の一環でOffice 365ハイブリッドに関するについて、話の共同作業ができるように、それらの双発機を接続します。ようにビジネス ハイブリッド-- Office 365や社内--ここにまたがる点の SharePoint ハイブリッド、Exchange ハイブリッド、および Skype ことについて説明します。目標を明確にする技術的な一般的なゼロに存在するには、これらのすべての Office 365 ハイブリッドにします。つまり、 Office 365ハイブリッドの構成要素が表示されます。

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

ハイブリッド

ハイブリッド、音声とはどういう意味テクノロジを連携を所有して、Microsoft のクラウドで管理しているの業務を管理するには、そのパートナー アプリケーションします。

この定義はだけでなく Azure、ほとんどの作業負荷を Office 365 の間で動作します。不明な場合は、どのような作業負荷が、これは、Office 365 のクラウド プラットフォーム: Skype for Business Online、Exchange Online、SharePoint Online で実行されているアプリケーションと例があります。'ワークロード' は、常に異なる、内部設置型の対応するページを作成する場合に適しています、会話中に混乱を取得する方法です。

ハイブリッド衣装住んでいる場所に関係なく、すべてのリソースを使用します。

ヒント: ハイブリッド Microsoft では、多くトリミング新たな可能性のある、これまでに発展テクノロジであり、他のユーザーより高度なハイブリッド構成の一部です。ハイブリッド構成の機能は、拡大し、ここから変更する可能性があります。

共通のオンプレミス ハードウェア リソース

ここで説明するすべてのハイブリッドでは、Office 365 (と Office 365 のディレクトリとして機能するためのバック グラウンドで Azure Active Directory – AAD –) をインターネット経由でお客様の環境を接続します。インフラストラクチャは困難を構成するサウンド可能性があります。どのような聞いたことがあってもそれほどかかりません程度 'ology の何も' にします。実際には、多くのハイブリッドは、同じのハードウェア要件 (ほとんどの場合) と同じように操作します。

2016 におけるすべてハイブリッドに必要な要素を紹介します。省略可能なは、項目、場所が記載されています。

すべてのハイブリッドには、以下の要素のオンプレミス サーバー製品、AAD 接続サーバー、オンプレミスの Active Directory、省略可能な ADFS およびリバース プロキシが必要があります。

すべての Office 365 ハイブリッド ワークロードでは、適切な点があります。

  1. (SharePoint ファームや Skype for Business の環境では) などの一部のオンプレミス サーバー

  2. アクティブなディレクトリをオンプレミスのユーザーが live または (S4B 用語) を"ホーム' とします。

  3. Azure Active Directory (AAD 接続) サーバーへの接続 (独自になる場合がありますまたは垣キーを押しながら P キーを押すなどの別のサーバーと組み合わせて使用)。AAD 接続を使用して、内部設置型からハイブリッドでクラウドのアカウントを同期するために 'Sync' のアイコンによって表されます。

  4. [オプション]リバース プロキシ サーバーを [すべての例では、Web アプリケーション プロキシ (垣 P) サーバーします。

  5. [オプション]Active Directory フェデレーション サーバー (ADFS) を使用することもできます。

注: ADFS を使用する必要はありません。AAD 接続は、ユーザー id を複製すると共に、クラウドにパスワード同期にできます。実際には、インターネット経由でパスワードを送信します。戻せないハッシュ TLS 間で、パスワード保護の接続を送信します。

また、ハイブリッド ウィザード組み込まれたために、各ワークロード (住んでいる場所) に関係なく、自由に使用できるすべてのツールを使用できるように、クラウド パートナーをします。

ADFS を持っていない場合に、必要なより複雑にしたくないと、使用しないコンプライアンスあるなし。AAD 接続作業を行うために設計されています (およびレプリケーションの間隔がダウン約 3 時間から 30 分にすると便利なポイントの向上)。

多くの大企業の場所では一部のサーバーがあります。多く Active Directory ドメイン コント ローラー、または ADFS サーバー場合があります。ハイブリッド セットアップする方法について、場合は、内部設置型のリソースは既にか所で確認するには、他の管理者に確認します。既存のインフラストラクチャを使用するかどうかを決定するため、または新規作成します。

これらのサーバーのいるか。

これらのサーバーの行動が既にわかっている場合は、このセクションをスキップします。

ほとんどのユーザーとは、ホーム ベースの Microsoft クラウドに複製するユーザーは、ハイブリッドの場合との Active Directory (AD) - 操作に慣れてどのようにユーザーを列挙およびドメインまたは (特に) - フォレスト内のオブジェクトです。同期 (AAD 接続])、ADFS、垣-p (この例でリバース プロキシ) のジョブは少し新しいしてみましょうハイブリッド HTTPS 要求と id を処理するための他の中央で説明します。

ADFS

Active Directory フェデレーション サービスのジョブは認識、ハイブリッドの両側のために、確認するにとでは意味をよく知っていて信頼、ADFS に移動すると、Office 365 (または ADFS クラスター) に属していることを確認した一般向けのドメイン名をします。これにより、シングル サインオンできます。とき、関連付けられている UPN を持つユーザーはオンライン リソースに対して認証するために表示] に、Office 365 を UPN を知ることを意味して、どのような特定の ADFS サーバー認証のためにユーザーに送信します。Heidi@contoso.com は、Exchange Online のログインのプロセスが、Office 365 が認証で ADFS に対処できますやを確認するか、ユーザーには、請求、または自分を拒否すること、内部設置、出席依頼を送信しようとします。これは、場合に発生すばやくネットワークと構成で許可されています。ADFS を使用すると、シングル サインオンを活用する場合: ユーザーが、ADFS セッションにログインして、ADFS サーバーを自動的に他のすべての認証ダイアログ ボックス (たとえば、ワークロードを切り替える場合)、傍受と Office を忘れないようにしている 365 はまだできるユーザーお答えします。コンプライアンスまたはパスワード維持、社内で必要な情報のセキュリティ設定に、一部の IT 部門があるものがないので、ADFS はオプションです。

注: ハイブリッドの作業負荷に関係なくのシングル サインオン、必要がある場合、またはエッジ ファイアウォールの会社の外部でのディレクトリに、標準または移動パスワード ハッシュ インターネット経由でお客様のニーズに準拠した場合のみ、ADFS が使用されます。パスワード同期が有効になっている AAD 接続ウィザードで、既定で Exchange ハイブリッドに重要です。[ユーザー ディレクトリ AD ADFS 応答または ADAM (Active Directory アプリケーション モード)。

リバース プロキシ

Web の Access Proxy は、Windows Server オペレーティング システムに構築された 2012 R2 リリース以降リバース プロキシ (RP) です。動作は、ファームの代わりに出口ポイント リバース プロキシを意味します。インターネットに直面し、Office 365 のハイブリッド パブリック ドメイン名がわかっている '側' と、イントラネット、または境界ネットワークの面を内部リソース (、SharePoint サイトの URL など) のようなドメイン名を知っている '側"があります。ビジネスに送信されるすべての要求を受信し、ポートをブロックする、インターネットから受信して、ネットワーク外部からの内部アドレスと Url を非表示にします、トラフィックを絞り込むことができます。RPs はすべてなどの内部サーバー、ネットワークのプロキシたびに、ネットワークの外部ユーザーが、リソースにアクセスしようとしています。

SharePoint 2013 のハイブリッド垣キーを押しながら P キーを押すなどのリバース プロキシ intercept (内のユーザーから SPO 検索フェデレーションの場合は、オンプレミスの検索インデックスに対するクエリを実行する)、着信トラフィックは SharePoint 2016 クラウドのでハイブリッドには、クラウドにインデックス全体を設定します。世代なったでは、いずれかの (これは、目的のオプションが判断の図にその理由) 必要があります。しかし、SharePoint 2013 部分だけが、インターネットから不要なトラフィックを受信するために使用するリバース プロキシが表示されます。Skype for Business 2016 を使用して、端の構成] のいずれかを Exchange 2016 を使っても端に 1 つのします。いくつかのような状況では、その必要があるために、垣キーを押しながら P キーを押すはオプションです。

注: 

  • ワシントン P が SharePoint ハイブリッドで使用される、会社の端から、SharePoint の端点を発行する (2013 フェデレーション ハイブリッド)。ワシントン キーを押しながら P キーを押す SPO の BCS で SAP の電源が一覧に表示するには、検索結果、またはアイテムに表示する文書の呼び出しを受け取ります。クラウド ハイブリッドの検索] で (端を通じて Office Web Apps サーバーの両端のシートを発行する必要が) 検索結果のプレビューを検索したい場合のみ、垣 P が必要です。Skype for Business で、垣キーを押しながら P キーを押すを使って intercept の会社の外部で IM および会議トラフィックとビジネス エッジをさらに処理するための Skype にリダイレクトします。

  • Exchange ハイブリッドの AAD 接続を使用して使用すると自動的にインストールして、ハイブリッドを設定するときに直面することが複雑さの低減、Exchange ハイブリッド使用 ADFS と垣 P を構成するオプションを顧客に提供するには、そのハイブリッド ウィザードにします。セットアップと構成も ADFS 証明書の登録が、その他のハイブリッド作業負荷を自動します。

同期

グラフィックの使用は、Azure Active Directory の接続の 'Sync' を示しています。実際には、AAD に接続して完了同期には、ユーザーや社内とユーザー情報をクラウドの進行中の移動が含まれます。次の 2 つが実行できる AAD 接続: (レプリケーション) での Office 365 にユーザー アカウントを複製して、Office 365 (実際にその同期されていない、パスワードが、パスワードの同期を表す戻せないハッシュ) にパスワード情報を同期できます。パスワードを同期する' 必要はありません] が常に同期 (レプリケート)、ユーザー アカウントから Active Directory (または、社内ユーザー ディレクトリのいくつかのフィルターが適用されたバージョン) です。

AAD 接続は、正常なドメイン コント ローラーを許可 '同じサインオン' ADFS の 'シングル サインオン' ではなく Active Directory ドメインで動作します。同じサインオンつまり、1 回サインインするのではなくと ADFS、セッションのすべてのプロンプトの調整を持つ、するサインイン同じパスワードを使って prem に (や、多くの場合、するプロンプトを保つためのオプションのログインの数を減らす] を選びます結果から複数のワークロードを移動する)。同期接続 AAD はオプションではありません。

注: 

  • ハイブリッドの作業負荷に関係なく、AAD の接続をすべて必要です。すべてのケースでレプリケーションのオプションのパスワード ユーザーが Office 365 の同期 (とその後ろに Azure AD) が必要です。

  • 他の類似点は、パスワードの同期 (同じサインインに使用できます) も必要である同期されている Active Directory ドメインに複製ディレクトリを変更し、ディレクトリの変更のすべての複製を設定する – オンプレミス アカウントこの操作を実行します。AAD が接続で使用され、垣キーを押しながら P キーを押すが社内 ADFS サーバーのアドレスを解決できるように SSO に使用される AAAA または DNS ホストのエントリを ADFS サーバーのフェデレーション サービス名を指定する必要があること。

一般的なインターネット] と [インターネットから使用できるハイブリッド パーツ

オンプレミスのサーバー、O365 ハイブリッドでは、インターネット経由で反対側にある場所: Office 365 ワークロード – に関係なくされますテクノロジを使用するいくつか使い慣れた Microsoft クラウドです。これらは:

  • 一般向けの DNS レコード

  • 一般向けの証明機関

  • Azure Active Directory (AAD)

  • Office 365 (ライセンス/サブ) と Office 365 ハイブリッド ウィザード

  • サーバー間 (S2S) のセキュリティ

  • 高速ルーティングやインターネット トラフィック

  • PowerShell モジュール

GoDaddy などの一般向けの DNS レジストラーを管理して、ドメイン名の登録を許可します。ハイブリッドを使用する場合は、一般向けの DNS (が既にこれが大企業で) にドメイン名を登録する必要があります。このドメイン名を追加するパブリック ドメイン名を所有していることを確認もされる Office 365 に追加されます。

従来、このパブリック ドメイン名は、同じ Active Directory UPN でハイブリッドのユーザーに、社内で接続されているでこの情報発見しません。PowerShell で 'onpremisessecurityidentifier' 属性の出現により、ユーザーをマップする、内部設置型に登録されているドメインでユーザー オンプレミスの UPN で O365 と一致する SID はクリティカルとして設定されていた 1 回できなくします。これはことに重要なされます必要があることを証明するを一般向けのドメイン名を所有して、このパブリック ドメイン名が Office 365 では、登録して、ハイブリッド接続の両側で、Office 365 のプレゼンスは、します。

一般向けの証明機関では、ネットワーク トラフィックを暗号化するのには、信頼の SSL/TLS 証明書を提供します。すべての作業負荷のハイブリッドの通信は暗号化された接続経由で行われます。インターネット上で一般向けの証明機関から証明書を必要があります。証明書を取得、SSL/TLS 一般的な方法は、この作業を容易に大企業では、通常の一般向けの証明書のプロセスがあります。小規模企業では、IT 担当者や Office 365 ドキュメントでは、ISP に相談する必要があります。

注: パブリック証明書を手動で適用する必要がありますされません。Exchange 展開アシスタント (EDA) Exchange ハイブリッドのでは、このプロセスを想定して (を使用する ADFS) 証明書を ADFS サーバーの登録の Azure AD 接続を活用します。[EDA は、ハイブリッドの進行中のプロセスを合理化ように設計されています。

Azure Active Directory、または Azure AD、バック グラウンドでは同期/社内にから (クラウド設置型の) Office 365 サブスクリプションにユーザーを複製するときにします。 正確な Active Directory と同じ幅 Azure で使用することをお勧めします。強力なとシームレスには、Office 365 に同化します。自分のユーザー、およびこのディレクトリ内のユーザーのライセンスを管理するされます。Office 365 のライセンスの管理は、任意のハイブリッド ウィザードによって自動的に実行されていません。ライセンスのコストのお客様とユーザーのライセンスを取得する数の意思決定が自動的に行われないようにします。

Office 365 には、ハイブリッドの半分に完全には作業負荷あたり online のハイブリッド ウィザードがあります。これは非常に効率的に使用ありませんが、これは、ハイブリッドの動作方法 2016年における (または、つまり、SharePoint Server 2016、Exchange Server 2016 では、Skype for Business Server 2015、内部設置型のリリース) します。ハイブリッドですべての要素を構成する最も簡単な方法ではありません。ハイブリッド、プロセスの作業負荷をあたりリハーサルとテクノロジをかレポート ハイブリッド コマンド センター: O365 管理ダッシュ ボードを – にするには、どのワークロードの選択を可能にする 1 つのハイブリッド ウィザードで使用されています。すべてハイブリッド正常や、既にインプレースがまだ存在しません。

これはどういうことでしょうか。すべてのウィザードでは、同じ手順で、複数回多くの場合を意味します。各ウィザードでは、(話し OAuth 以降) の例の OAuth (S2S 信頼) をアクティブにします。SharePoint Online の作業負荷のハイブリッド ピッカーをインストールする] ボタンの内容に関係なく OAuth] をクリックして (すべて選択) などの一部のウィザード OAuth は、ハイブリッド シナリオに必要かどうか。Exchange ハイブリッド ウィザードなど、他のウィザードでは、背景、および、1 回だけで OAuth を設定します。

S2S、セキュリティがインターネットを通過する必要はありませんが、ハイブリッドの場合は、この信頼が必要です。ドメインまたはフォレストの信頼のような S2S がありません。多数のポートを開くには、およびアクティブ ディレクトリ間で作成するのにはない高度な統合はありません。S2S は、オンプレミスの SharePoint ファームとアクセス制御サービスまたは ACS (承認サーバー) と呼ばれる Office 365 クラウドの間の信頼された接続を作成します。信頼に基づいて、ユーザーの代わりに発行されたトークンに署名する SSL/TLS 証明書を社内にし、両方の合意 O365 の ACS が信頼できること: 高 5 オンプレミスの SharePoint (とその ACS プロキシ サービス) のように考えてと Azure の ACS すべて有効ユーザーがサービスにアクセスします。ユーザー id (この信頼の理由) についてのコミュニケーションは、HTTP/443 経由で行われます。

注: ような Azure AD は、Office 365 を持つ Azure の ACS を信頼します。

組み合わせたものでは、ここ自己署名または一般向けの証明書を使用できます。多くの大企業は、ため間の信頼されている、セグメント、インターネット トラフィック通過する/月の InfoSec 基準 – が原因で一般向けの証明書を選択します。SharePoint ハイブリッド、この証明書の自己署名証明書の新規または 1 つの SP STS トークン署名証明書の内部設置型から抽出したできます。(で使用した場合、新しい証明書 (パブリックまたは自己署名入り) SharePoint ハイブリッド SharePoint ファーム内のすべてノード SP STS トークン署名証明書を置換する必要があります。)

ハイブリッドでトラフィック クライアント会社/組織を離れるには、インターネット交差および Microsoft 組織/Microsoft Office 365 クラウドを入力します。この信頼されていると、非制御セグメントを回避することをサードパーティ プロバイダーを使用して基に Express ルーティングから会社または組織が Office 365 クラウドにする.ルーティング バイパス インターネットを表現するには、Microsoft のクラウドにプライベート WAN 接続を提供します。ただし、WAN が失敗を低下する場合、予備がまだインターネットことに注意がします。

すべてのハイブリッドの PowerShell を使用していることを管理または構成のいずれかの部分のモジュールします。必要がありますが、ほとんどのモジュールは、 Microsoft Online Services サインイン アシスタントAzure Active Directory の Windows PowerShell モジュールの可能性が高いが含まれます。構成のサーバーを準備して、先によくこれらをインストールして、ハイブリッドの管理 PowerShell モジュールの使用します。

ポートおよびプロトコルに共通

ハイブリッドは ½、オンプレミスと ½ Office 365 (Azure SaaS または PaaS ハイブリッドは、このドキュメントでの説明です)。ほとんどの両方の部分を実行 HTTPs には、少なくとも TLS の証明書、および標準のポート 443 上で実行されるつまりによって https/暗号化 100% 半分は、「Office 365 では、します。出口ポイントからも送信トラフィックを一般向けの証明書が関連付けられていることを確認する必要があります。つまり、ネットワークの端で話すコンピューターに証明書をインストールする必要があります。: このトラフィックを 443 が実行されますを暗号化します。

注: ADFS を使用して場合、は、次の 3 つの証明書] の 1 つ公開発行され、自己署名証明書の ADFS をインストールするときに行われたものの 2 つになります (に入れる垣キーを押しながら P キーを押すプロキシ上で ADFS を使用する場合)、サービスの通信に使用されるを実際に必要があります。、、自動更新の対象し、のトークン署名とトークン暗号化証明書を ADFS を使用すると、すべてのトークン署名に使用します。オプションの ad FS で必要な証明書とすべてのハイブリッドが (S2S ACS セキュリティ証明書、名が長すぎるとも呼ばれます) にある S2S 証明書がある必要しますが、あります。

すべてのハイブリッドを使って 443 (HTTPS) および 53 (DNS) は、既定では、ハイブリッド トラフィックに対するします。ポートを 25 (SMTP) のようないくつか追加のポートが使用されます。ポートのハイブリッド ワークロードの複雑な場合は、Skype for Business です。ポートは、記載されています。

(ベンチマーク DNS 参照、HTTPS トラフィック、SMTP、およびその他の標準に使用)、それ以外のすべてのハイブリッドで使用されているスタンド アウト プロトコルとは、Active Directory Authentication Library で使用されるも OAuth (未処理の認証) です。接続の一側のサーバー リソースが実際に動作が、クラウドで多くの場合、別のサーバー リソースにアクセスするユーザーの代わりに使用されます。認証済みのユーザーに対して、ファイルまたはリソースへのユーザー アクセスのレベルを適用できます手段です。これとも呼ばれる ' モダンな認証 (ただし、OAuth は、承認を参照)。

すべてのワークロード OAuth/S2S ハイブリッドを使用する (ただし、すべてのハイブリッド機能)。ハイブリッド ウィザードが一般にこの役に立つプロトコルを自動的に設定します。ただしはこの残存作業時間の統一報告なし OAuth 状態のお客様、および 2016年におけるどこからでもこのリソースを管理する一元的な方法はありません、ワークロードにします。

場合によっては、ハイブリッド ウィザードを有効にする OAuth のに必要ない場合のようなときに SharePoint ハイブリッド ピッカーこれが有効になります OneDrive for Business のリダイレクトをクラウドで)、または [すべて選択ウィザード (SharePoint ハイブリッド ピッカーを参照、もう一度) でハイブリッド オプションの、またはクラウド ハイブリッド検索などのカスタム セットアップ スクリプトでハイブリッド ピッカーの外部で場合もします。

注: オンプレミスとクラウドとの間のサーバー間 (S2S) 信頼するハイブリッドの lynchpin を検討することができます。S2S は OAuth の実装の Microsoft の名前が役立ちます。S2S/OAuth ですべてのワークロードの基になるクレーム認証を使用する、認証と id レイヤーが含まれています。

Office 365 ハイブリッドの共通の要素の表

これで次のような一般的な要素の一覧があります。

共通のハイブリッド ワークロードのものがあります。

オンプレミスのハードウェア

Office 365 (Exchange Online への Exchange Server など) での作業負荷と協力して、内部設置型のアプリケーション

AAD Connect

必要に応じて、リバース プロキシ

ADFS (オプション)

インターネット事項

一般向けの DNS レコード

一般向けの証明機関

Azure Active Directory (AAD は、Office 365 でユーザーのディレクトリです)

Office 365 (E1、E3、E5 サブスクリプション)

Office 365 ハイブリッド ウィザード

サーバー間 (S2S) のセキュリティ

ポートとプロトコル

HTTPS

DNS

S2S/OAuth

最終的には、すべてのワークロードにわたって目標は、ハイブリッドの最も重要な関数の 2 つお簡素化されるようにまたがってと同じにするユーザーを取得する –、ユーザーの id、およびどのような情報が表示できるユーザーを彼女が許可について理解します。

'Optional' に関するメモ

これらの要素が 'オプション' に設定が判断する方法、必要なかどうかですか。O365 ハイブリッドで一部の要素がボード全体で実際にオプションまたはオプションではなくです。

任意のすべての Office 365 ハイブリッド

省略可能な/すべての Office 365 ハイブリッドに必要ながありません。

ADFS

AAD Connect

作業ハイブリッド内、灰色の領域にあるその他の機能があります。おそらく最も重要なが S2S 信頼/OAuth します。Microsoft、内に作成したすべてのハイブリッド ウィザードでこのセキュリティが組み込まれているしは必須ではない ' 将来の「ハイブリッドのために場合でも既定セキュリティが組み込まれていますします。ウィザードを使用してハイブリッドを移動すると、この機能になります。すべてのケースで現在使用されていないこと (前述)。

未承認の要求がある顧客の組織のデータや情報を受信したときにいつでもリバース プロキシ (この例では垣 P) が必要な (ときなどドキュメント プレビューを表示する検索で Office Web Apps または Office Online サーバーに発行する場合は、ハイブリッド、BCS を使用します。結果)。両端のシートを (つまり、Exchange ハイブリッドで ADFS を使用している場合は「東京都キーを押しながら P キーを押す必要があります) Exchange で垣キーを押しながら P キーを押す ad FS プロキシとして使用する場合組織 DMZ に発行するときにも必要がします。

Skype for Business、進行中のチャットの一貫性のある通信チャネルを維持するために必要な端、Exchange ハイブリッドの境界からネットワークに SMTP トラフィックをルーティングするために使用するとします。ADFS はために使われる前述のように、シングル サインオンします。

リバース プロキシを使用する必要があります。

(省略可能) リバース プロキシを使用できます。

リバース プロキシの必要はありません。

SharePoint ハイブリッド受信検索

SharePoint ハイブリッド BCS

Skype for Business のハイブリッド

クラウドの SharePoint ハイブリッド (クラウド SSA)

Sso で ADFS を使用して Exchange ハイブリッド

OneDrive for Business のリダイレクト

SharePoint ハイブリッド サイトの機能

SharePoint ハイブリッド プロファイルをリダイレクトします。

ハイブリッド エクストラネットのリダイレクト

ハイブリッド構成の SharePoint サーバーの次の表などのような S2S、テーブルがあります。次のようなテーブルを作成するときは、クラウド内の別のサーバー リソースにアクセスするユーザーの代理として機能するハイブリッド接続の一側のサーバー リソースがある場合に使用される S2S プロトコルのロジックを使用することができます。

OAuth を使用する必要がある SharePoint ハイブリッド機能

SharePoint ハイブリッド機能 OAuth を使用していません。

ハイブリッド検索 (発信と受信)

検索のプレビューを使用すると、クラウド ハイブリッド検索 (クラウド SSA)

ハイブリッド Business Connectivity Service (BCS)

ハイブリッド サイトの機能

ハイブリッド プロファイル

ハイブリッド メタデータを管理します。

OneDrive for Business のリダイレクト *

ハイブリッド エクストラネット *

ハイブリッド プロファイル *

検索のプレビューを使用せずにクラウド ハイブリッド検索 (クラウド SSA)

* これは、将来のハイブリッド構成のためには SharePoint ハイブリッド ピッカーを有効に OAuth はまだします。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×