スキップしてメイン コンテンツへ
モバイル

概要

どこからでも作業-概要

席から離れている場合は、 ノートパソコンのバッテリーは不要ですか? 心配はいりません。 スマートフォンやタブレットで Office を使用して、どこからでも作業を処理できます。

Pro ヒント: 個人用デバイスでの作業アプリの通知をオフにすることで、作業の生命残高を確認します。

次の4つのヒントを使用して、どこにいても作業できます。

インフォグラフィックをダウンロードすると、どこからでも作業するためのヒントを得ることができます。

どこからでも仕事をするためのインフォグラフィックの一部

PDFまたはPowerPointでダウンロードする

自宅での作業を定期的に行うことを検討していますか?

このテンプレートを使用して、お客様の行動を分析し、ホームオフィスに移行するための計画を作成します。 教材と備品を集めて、スペースを最適化し、効率的に作業を行います。

自宅での使用が適しているかどうかを判断するのに役立つチェックリストテンプレート

テンプレートhttps://templates.office.com/EN-US/work-from-home-checklist-TM77989015をダウンロードする

Outlook をインストールして連絡を取る

携帯電話の Outlook を使って、メールや予定を常に最新の状態に保つことができます。 アプリをダウンロードして起動し、サインインして、アカウントをセットアップします。

Outlook を携帯電話にインストールする方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

ファイルをクラウドに保存する

ビジネスファイルを Microsoft_Teams または SharePoint_genericに保存します。 これにより、自分と会社の他のユーザーが、office を使っていないときでもアクセスできます。

SharePoint_generic と Microsoft_Teams モバイルアプリをセットアップする

OneDrive に個人用のファイルを保存して、携帯電話から同期することができます。

ファイルを OneDriveと同期する

  1. OneDrive を開き、サインインします。

  2. 指示に従ってセットアップを完了し、同期を開始します。

ちょっとしたヘルプが必要ですか? ファイルを保存する場所OneDrive モバイルアプリの使用方法、ファイルとフォルダーの同期方法についてのアドバイスをご覧ください。

任意のデバイスからファイルを開いて編集する

携帯電話やタブレットに Office アプリをインストールして、どこにいても作業できるようにします。 アプリをダウンロードして起動し、サインインして、アカウントをセットアップします。

携帯電話やタブレットで何ができるかわからない場合 Office アプリの使用方法については、こちらを参照してください。

ブラウザーから直接、ドキュメントを作成して編集することもできます。 Word_generic、 Excel_generic、 PowerPoint_genericでファイルを開き、テキストを編集し、書式を調整し、画像を追加し、グラフを作成します。 ファイルを共有しているときに、同僚や顧客と同時に文書で作業することもできます。

  1. Office365 アカウントでOffice.comにサインインします。

  2. 作業を開始するには、 Office アプリを起動します。

オンライン会議にリモートで参加する

ノート pc から

  • Microsoft_Teamsで、アプリの左側にある [会議[会議] ボタン ] をクリックすると、その週のすべての会議の一覧が表示されます。 目的の会議を見つけて、[参加] をクリックします。

電話から

  • 会議の前と会議中に、会議の通知がチャットリストまたは Microsoft_Teamsのチャネルの会話に表示されます。

    その会議の通知または会議 [会議] ボタン の予定表から参加することができます。

関連リソース

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×