すべてのメッセージに自動的に署名を追加する

すべてのメッセージに自動的に署名を追加する

すべてのメールの終わりに自分の連絡先情報を入力するのは、面倒ではありませんか? Outlook では、送信するすべてのメッセージに自分の署名が自動的に挿入されます。必要なのは、事前に署名を作成して、それを既定として設定することだけです。

注: メッセージの返信や転送に既定の署名を使いたくない場合は、既定の署名を作成せずに、新しいメッセージを作成するたびに署名を挿入します。 詳細については、「メッセージに署名を挿入する」を参照してください。

  1. [Outlook] メニューで [ユーザー設定] をクリックします。

  2. [電子メール] で、[署名] [署名] の [初期設定] ボタン をクリックします。

  3. [追加] 追加 をクリックします。

    [署名の名前] の下に、新しい [無題] の署名が表示されます。

  4. [無題] をダブルクリックして、署名の名前を入力します。 この名前は、参照用であり、メッセージ内の署名には表示されません。

  5. 右側のウィンドウで、署名に含めるテキストを入力します。

    ヒント: 名前は自動的に挿入されます。

  6. [署名] ダイアログ ボックスを閉じます。

  7. [Outlook] メニューで [ユーザー設定] をクリックします。

  8. [電子メール] で、[署名] [署名] の [初期設定] ボタン をクリックします。

  9. [既定の署名] をクリックします。

  10. [アカウント] で、既定の署名を設定するアカウントを選びます。

  11. [既定の署名] で選んだ行のポップアップ メニューをクリックし、署名の名前をクリックします。

関連項目

署名を変更または更新する

工夫をこらしたロゴ付き署名を作成する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×