さまざまなバージョンの Visio 間の互換性

Visio の旧バージョン、または新しいバージョンで作成された図形を Visio で開くと、図形の外観と動作に問題があることがあります。互換モードにより解決できる問題もありますが、解決できない場合は旧バージョンの形式で図形を保存することができます。

互換モード

以前のファイル形式で作成されたドキュメントを開くと、そのドキュメントは互換モードで開きます。互換モードを使用すると、以前のバージョンで問題を起こしていた Visio の機能が無効になり、以前のバージョンの図形を開き、編集して保存することができます。

互換モードを開始する方法

  • 以前のファイル形式のドキュメントを開きます。ドキュメントが互換モードで開きます。

  • ドキュメントを以前のファイル形式で保存します。保存すると、そのドキュメントは互換モードになります。

互換モードの実行を終了する方法

  • ドキュメントを新しいファイル形式の 1 つで保存します。

  • [ファイル]、[情報]、[変換] の順にクリックして、ドキュメントを新しいファイル形式に変換します。このコマンドは、以前のファイル形式のドキュメントが開いているときだけ使用できます。

ドキュメントを保存して、以前のバージョンの Visio で開くことができるようにする

  1. [ファイル]、[名前を付けて保存] の順にクリックして、場所を選択します。

  2. [名前を付けて保存] ダイアログ ボックスの [ファイルの種類] ボックスの一覧で、[Visio 2003-2010 ドキュメント] をクリックします。

ヒント:  以前のバージョンのファイル形式の方がすべての図形を保存しやすい場合は、そのような保存を自動的に行うように Visio を設定します。[ファイル]、[オプション]、[保存] の順にクリックし、[標準のファイル保存形式] の横にある一覧で、[Visio 2003-2010 ドキュメント] を選択します。

図面に以前のバージョンの Visio で使用できない機能が含まれている場合は、互換性チェックが表示され、潜在的な問題の一覧が示されます。互換性チェックは、ドキュメントを以前のファイル形式で保存したときに実行されます。また、[ファイル]、[情報]、[互換性チェック] の順にクリックすると、互換性チェックをいつでも実行できます。

注記: 

  • 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

  • この記事の英語版を参照するには、ここ をクリックしてください。Microsoft コミュニティの他のメンバーと一緒に、Community Translation Framework (CTF) を使ったこの記事の改善にご協力ください。記事内の文章にマウス ポインターを合わせて、CTF ウィジェットの [翻訳を改善します] をクリックしてください。CTF の詳細については、ここ をクリックしてください。CTF を使用すると弊社の サービス利用規約 に同意したことになります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×