スキップしてメイン コンテンツへ

こぼれた範囲の演算子

シーケンスなどの、こぼれていない配列関数を処理している場合は、範囲の後にこぼれた範囲演算子 (#) を指定して、スピル範囲全体を参照することができます。 次の例では、セル A2 で= SEQUENCE (10)が使用されています。これは A2: A11 になります。 セル C2 には、数式= sum (a2 #)が含まれています。 A2: A11 は a2 の数式のスピル範囲です。 A2: A11 は A2: a11 に相当します。 この関数は55を返します。この場合は、こぼれた配列範囲に含まれるすべての値の合計が返されます。

たとえば、A2 から = SEQUENCE (20) の数式を変更することによって、スピル範囲が拡大または縮小する場合、SUM 数式に自動的に反映されます。 通常の範囲の場合は、= SUM (A2: A11) を入力し、スピル範囲が変更された場合は手動で更新する必要があります。 場合によっては、範囲が変更された場合に認識されないことがあるため、これによって推測の多くの機能が削除される可能性があります。

"= SUM (A2 #)" を使用して、こぼれた配列範囲全体を参照するための、こぼれた範囲の演算子。

ここでは、次の例では、名前のリストから一意のリストを作成し、リストを並べ替え、3文字を超える名前をフィルター処理して、いくつかの数式で、空のセル範囲演算子を使用する例を示します。 セル E2 には= SORT (c2 #)があり、セル G2 では= FILTER (C2 #, LEN (C2 #) >3)が使用されています。

「= FILTER (C2 #, LEN (C2 #) >3) を使って、こぼれている配列範囲全体を参照するには、"=" 演算子 (#) を使用します。

注: 2018年9月24日: 動的配列関数は現在、ベータ版の機能であり、 Office insiderの一部のみが利用できます。 今後数か月にわたり、これらの機能の最適化を行う予定です。 準備が整ったら、すべての Office Insider および Office 365 サブスクリプションをお持ちの方に向けてリリースします。

既知の制限

こぼれ range 演算子は、閉じられたブックへの参照をサポートしていません。 代わりに #REF を返します。 が返されます。 参照されているブックを開くと、問題が解決することがあります。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

関連項目

FILTER 関数

RANDARRAY 関数

SEQUENCE 関数

SORT 関数

SORTBY 関数

UNIQUE 関数

Excel での #SPILL! エラー

動的配列とスピル配列の動作

暗黙的なインターセクション演算子:@

注:  このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。 私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。 情報が役に立ったかどうか、ご意見をお寄せください。 参考までに、こちらから英語の記事をお読みいただけます。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×